【VR目線】VRのAVで波多野結衣ちゃをん見まわして思った事

ニックネーム なめ太郎
性別 男性
現在の年齢 30歳
いつの話? 2カ月前
見た作品名 【VR】波多野結衣 いちゃいちゃ中出しSEX

波多野結衣ちゃんのVRのAVを体験

VR元年といわれた2016年。さまざまなメディアでVRが取り上げられるなか、この技術はエロの方向にも生かせるのでは?と思っていたのは私だけではないはず。

そしてそこは流石エロ大国日本。当然のようにアダルトメーカーも早々にVR技術ををAVにとりいれたという情報を入手し、いてもたってもいられなくなった私はVRとはどのようなものか、まずは一度体験してみたいと思い、ついにその一歩を踏み出したのです。

スマホ取り付け型の簡易ヘッドセットを購入し、ダウンロード購入したソフトは大好きな女優でもある波多野結衣ちゃんの「波多野結衣 いちゃいちゃ中出しSEX」です。

首を動かすと景色が変わる!当たり前だが感動

先立つ気持ちを抑えつつ、さっそくソフトを起動すると目の広がるのは高級ソープ店よろしく広いタイル張りの浴室と波多野結衣さん。

VR初体験だと誰しもがやってしまうであろう事ですが、まず首を左右に振り周りの景色を確かめます。首の動きに合わせて画面が移動する事にまずはそこで一感動。(これはエロ要素に、というよりはVR技術に感動といった所ですが)

そして気持ちを切り替えエロモードへ。まずは結衣さんの脚から舐め回すように視線をオッパイへ、そしてさらに顔へと移動させます。

好きなときに好きな場所を見られる。これこそまさにVRの醍醐味ではないでしょうか!

「VRのAV」で気になった所!鮮明さがなくズームができない

鮮明さ

まず最初に気になった所は画像の鮮明さについてです。

画像自体が荒いというわけではないのですが、例えるなら、眼鏡を外して回りを見た時のような少しピントの合わない不鮮明さがあります。(これについてはVR慣れをすると多少は改善されるのかもしれませんんが)

初期の3Dゲームのような画像自体がカクカクとしたような画像の荒さというわけではありません。

視点移動はできるが、ズームはできない

最も気になった点は、視点が単調がになってしまうという事です。これはVR用AV撮影の定めなのかもしれませんが、結衣さんに騎乗位をされているとずっとその視点だという事です。

もちろん脚を見たり顔を見たりという視点移動はできるのですが、結衣ちゃんのオッパイを近くで見たいと思っても、ズームをする事はできません。

通常のAVソフトであれば騎乗位中であっても結衣さんの顔をアップで映してみたり、オッパイをアップで映してみたりとアングルや撮影距離が多様に変更されるのですが、今回のソフトではそれが見られませんでした。

これは恐らくVR用の撮影方法にも起因するのだと思われます。

「VRのAV」の良かった所!映像だと言う事を忘れて、本当に自分がエッチな事をされているみたい

ただ、VRは悪い所ばかりではありません、これはたまたまラッキーだったのですが、男優さんの体(今回見たAVは男優さんの首より下が、常に写っている状態でした)が現実の私にそっくりなのです(笑)ボテ腹に細い腕。

そしてそこにVR技術が合わされば、没入感といった意味では驚嘆の一言につきます。

腕を動かしているのに、目に映る腕が動かない事に違和感を覚える程です。目の前に見えている結衣さんのオッパイに触れたいのに触れられないという、もどかしささえ覚えました。

それくらい自分と勘違いしてしまう程の体験ができます。

VRのAVと通常のAVの違い

今回VRのAVを体験して感じたことは、やはり「VRのAV」と「通常のAV」は用途に分けて使い分けが大事であるという事です。

近年のAVであれば、どれもハイビジョン画質なので、それこそ毛穴まで見れれるような鮮明さで、女優さんの体の隅々見渡すことができますが、VRではそこまでの画質はありません。

ただ、通常のAVとVR。どちらがより実際にSEXをしている感じが近いかと言われると、そこはもちろんVRに軍配があがります。

個人の趣向によりますが、感じている時の女優さんの顔をだけ見ていたい!揺れるオッパイだけを見ていたい!という方には是非おすすめです!

VR技術についてはまだまだ発展の余地があると思われます。撮影技術が進歩すればするほど様々なフェチの方たちのニーズ応えるAVが排出されるのではないかと期待をしています。

まとめ

VRのAV
・画像が不鮮明
・超、臨場感がある

通常のAV
・画像が鮮明
・やっぱり画面をみている感じ

セックスしている感じを味わいたいならVRのAV。色んな角度から女優をみたいなら通常のAVという風にすると興奮度も高まるんじゃないでしょうか。

アダルトVRを観るなら、複数プレイを観るのがオススメ!

ニックネーム かうじまん
性別 男性
現在の年齢 38歳
いつの話? 5か月前
見た作品名 【VR】全身舐め回し唾液ベチョベチョ接吻ハーレムエステ

アダルトVRを観たい!でも観れない

VRという技術の存在を初めて知ったとき、私はそれがいつかアダルトに活用されることを確信し、その日が訪れるのをずっと待っていました。

普通のアダルトビデオも大好きではありますが、マンネリと言うか、新しい刺激が欲しい…そう思って、期待する日々を過ごしていました。

そしてついにアダルトVRがこの世に誕生!そのとき私がガッツポーズをしたのは言うまでもありません。ですが…その喜びはすぐに悲しみに変わりました。

既婚者はアダルトVRを観るのが大変

なぜなら、私は既婚者であり、VRが観れる道具を仮に購入したところで、狭い家の中では観れる場所も機会もありません。

妻が出掛けているスキを狙って、こっそり観る、なんていう夢も抱きましたが、必要な機器を隠しておく場所もありませんし、万が一それが見つかろうものなら、言い訳することもできません。

機械も決して安くはありませんし、そんなリスクを犯してまで観ることはできないと、泣く泣くあきらめておりました。そんな時です。

夢が叶う!アダルトVRを観た感想は、圧巻の一言

私が、ある個室DVD鑑賞ボックスで、アダルトVRが観れる、ということを知ったのは!それを知った瞬間、私がすぐにそのお店にダッシュしたことは言うまでもありません。

料金は1時間で1500円くらいと、非常にリーズナブルです。私はついに夢が叶うんだと、はやる気持ちを抑えながら、VRのゴーグルを装着しました。

そして、初めてVRを観た感想は…圧巻の一言です!目の前に本当に女の子がいるように見え、思わず手を伸ばしてしまったくらいです。

女の子が顔を近づけてくるシーンは興奮モノ

特にキスの時はかなり興奮しました。女の子が顔を近付けてきた時は、本気でドキドキし、吐息すら近くで感じられそうな雰囲気でした。

思わずそれだけで果ててしまいそうになりましたが、せっかく個室DVD鑑賞ボックスに来たんですから、ここで終わりにしてしまってはもったいないのは間違いありません。

そこで私は、たくさんあるVR作品を次々と観て行きました。まずはお気に入りの女優から始まり、好みのタイプの女の子に移り、それから…と言った具合で、様々な作品を観て行ったのですが、ここで私はあることに気付きました。

アダルトVRを観るなら複数プレイ

アダルトVRを観る時は、複数プレイがいいぞ!と!なにしろ右を向いてもおっぱい!前を向いてもおっぱい!左を向いてもおっぱい!まさに酒池肉林の世界です。

複数プレイの場合は、女の子が次から次へと代わる代わる奉仕してくれるので、飽きる暇がありません。

アダルトVRの欠点としては、少し動きが単調と言うか、あまり激しい動きが今の技術では難しい感じなので、女優と一対一のプレイだと、若干物足りない部分もあると思うのですが…

複数プレイはそういった欠点を補ってあまりあるほど、エロすぎて大興奮できる仕様となっていると思います。

アダルトVRは、普通のアダルトビデオとはひと味違う、刺激的な快感が得られる素晴らしい技術である…私はそう確信しました。

VRの欠点は観続けていると酔ってしまう

ただ一点、VRの悪いところは、ずっとそれを観続けていると、少し酔ってしまうというところです。作品にあまり入り込み過ぎてしまうと、気持ちが悪くなってしまい、集中力を失ってしまいます。

なので、これからVRを観ようと思っている人には、適宜休憩を取りながら観ることをオススメします。そういった点をのぞけば、かなり刺激的で興奮できますし、一度体験してみる価値はあると思います。

アダルトVRは風俗に来てるような感覚

何と言っても最高に良いのは、これを体験しても、浮気にはならないことです。これなら奥さんに罪悪感を感じることなく、まるで風俗に来ているような感覚を味わえますし、妻帯者にとってはまさに最高のサービスだと思います。

浮気はしたくないけどエロい体験をしたい…そんな方にはアダルトVRはオススメ!私のように個室DVD鑑賞ボックスで観れば、財布にも優しいですし、奥さんに気を遣う心配もないので、本当にオススメですよ!

アダルトVRでオナニーは天国か?地獄か?

ニックネーム ムラマサ
性別 男性
現在の年齢 38歳
いつの話? 半年前
利用した動画サイト DMM
利用した作品名 【VR】フェチ過ぎる大密着!VR美女の唾液!ワキ!足裏!
ゴーグルの種類 Urgod 3D VR ゴーグル

30年間オナニーを追及し続けてきた

私が初めてオナニーを知ったのは小学校4年生の時で、オナニー歴は約30年になります。

オナニーの快感を知ってしまった私は、それこそ猿のように毎日の日課となるくらいの中毒になってしまい、自他共に認めるスケベな私は、この30年間の歴史の中で快楽を求めて、さまざまなオナニーの方法を追求してきました。

定番のオナホやローションはもちろんのこと、ネットで調べてこれがいいとされる陰部を冷やしての射精や、カップラーメンを使ってのオナニーも試したことはあります。

しかし、エロへの探究心の強い私は、どんなに新しい快感オナニーを見つけても、何度か行なっている間に物足りなく感じてしまい、他にないかといろいろ模索する日々が続いていました

(陰部を冷やしての射精は心臓への負担が大きくて中年の私は命の危険があるので止めましたww)

VRのリアルさは知っていた!それがアダルトで体験できると知ってしまった

そんな時に出会ったのがアダルトVRなるものです。

私はゲーム好きで以前から友人が所有しているVRゴーグルを使用したゲームも遊んでいるので、どういった物かはよくわかっていたのですが、まさかそれがゲームだけでなく、AVにも活用できるとは夢にも思いませんでした。

それを発見した時に、あのVRのリアルさをエロで体験したら…と想像しただけで股間が膨らんで興奮が収まらなくなり、早速詳しい内容についてネットで調べ始めたのです。

VRゴーグルが思っていたより安い

とりあえず専用のVRゴーグルとスマホがあれば良いとのことで、私はスマホユーザーなので携帯は問題なし、後はゴーグルの購入をすれば良かったのですが、ここで問題となったのがゴーグルの種類が豊富で値段や性能がピンきりだったことでした。

もちろん高いほうが性能がいいだろうし、よりリアルな映像で楽しめるんだろうなぁとは思いつつも5万も10万も出して期待外れだったら意味がないしと悩んでいたら、ネットで値段も手頃で性能も良いおすすめのゴーグルがあるとの情報をキャッチして見つけたのが私が購入したUrgod 3D VR ゴーグルです。

この商品は通販でお馴染みのアマゾンで購入したのですが、何と価格が2000円もしなかったのに驚きました。さすがにこんなに安くてで大丈夫?と心配になりましたが、レビューでも高評価が多かったですし、何より自分が気に入ったのが眼鏡を掛けていても使用できる点です。

私は眼鏡なしでは生活ができないほど視力が悪いのでこれだけでも十分な購入の後押しになりました。少しでも早く試したかったこともあったので、お急ぎ便で注文したのは言うまでもありません。

興奮より驚き!リアルすぎて匂いが伝わってきそう

そして翌日には商品が届いたので早速作品探しの開始です。

この時点で既に股間は熱くなっていましたが、それをなだめるようにしながら、私が普段から利用しているDMMでアダルトVR作品を探して購入したのが『【VR】フェチ過ぎる大密着!VR美女の唾液!ワキ!足裏!』です。

なぜこの作品を選んだかというと、私は子供の時から女性の足が大好きな足フェチだからです。普段レンタルやネットの動画で閲覧するアダルトも足フェチ系の作品しか観ないほど重度な足フェチの私にとってこの作品はまさにピッタリでした。

そして購入しドキドキしながら作品を観たら、予想していた以上の迫力で興奮よりもまず先に驚きが来たほどです。ホントに女性の足が目の前に出されているかのようなリアルさで、それこそ匂いが伝わってくると言っても大げさじゃありません。

オナニー人生の中で、アダルトVRは最高の興奮を覚えた

最初の驚きも落ち着き徐々に興奮が高まってきた私は、普段のオナニーをする時に欠かせないオナホとパンストを用意しました。

私は女性とのセックスの経験も何度かありますが、さきほども説明したように重度の足フェチなので、性行為をする時も女性の足の匂いを嗅いだり舐めたりしながらしないと興奮できないのです。

そのため、普段のオナニーでも特別なルートで手に入れた、女性の足の匂いが染み付いたパンストの匂いを嗅いだり、口に咥えながらオナニーをして興奮を高めています。

VRで目の前に女性の足がある状態で、匂いの染み付いたパンストを使ったら、実際に女性の足の匂いを嗅いだり舐めたりしながらオナニーしているようで、それまでのオナニー人生の中で味わったことのない興奮が感じられました。

まさに天国。視覚と嗅覚が刺激されるオナニーの快感を知ってしまった以上、もう手放せません。

アダルトVRは作品数が少ないのが難点

しかし、難点を挙げるとすればまだVRアダルト自体一般的には普及されていないので作品の数が少ないことが残念です。今回私が選んだ作品も足だけに特化した作品ではなかったですし、フェチ系の作品はまだまだ選べるほどの本数はありません。

アダルトVRは足などのパーツに特化した作品こそ高い性能を発揮すると思うので、今後もっと作品が増えてくれることを期待しています。

アダルトVRは自分が主人公!美人AV女優の奉仕をリアルに受けた体験談

ニックネーム まっくす
性別 男性
現在の年齢 25歳
アダルトVRを見たのは? 1ヶ月前
見た作品名 武藤つぐみがメイドでご奉仕

妻の妊娠がきっかけでアダルトVRを見る

25歳、既婚者です。アダルトVRを体験したきっかけは、半年前から妻が妊娠し、セックスレスになってしまい新しい刺激を得たくなった、というところでしょうか。

妻が妊娠してからというもの、一日中妻が家に家にいるので自分で抜くこともあまりできず、こっそり個室ビデオショップやネットカフェでアダルト動画を見て、性欲を解消する日々を送っていました。

とはいえ、半年間アダルトビデオを見ていると流石に飽きが来てしまうものです。そこについ先日、通勤途中にあるネットカフェで「VRブース設置」というのぼりが立っているのを見つけ、土日の休みの日に行ってみることにしました。

私はそれまで一度もVRゴーグルを使ってみたことが無く、どうせ大した事ないんだろう、雑誌の付録のような赤青の眼鏡で飛び出してくるように見えるだけだろうとタカを括ってましたが、VRは想像を遥かに超えており、それはもう、現実としか言えませんでした。

AVにありがちな、女優に質問する部分で既にヌケる(笑)

私はネットカフェのアダルトVRブースで、サムスンのGear VRを借りてアダルトVRを試しましたが、そこではDMMアダルトの作品を幾つか(10種類程度)見ることが出来、とりあえず昔から好きなメイドもののエロ奉仕作品を見ることにしました。

まず、導入から驚きでした。普通のAVのイントロ部分は、正直マンネリ化しているというか、女優がいて、質問をして、行為をするような一つの流れになっていて、私はこの部分好きですが、直接ここで性欲に訴えかけてくる部分は少ないイメージです。

しかし、VRはその部分からもう没入感がすごい。

まず、普通のAVでは自分の立ち位置は第三者ですが、アダルトVRというジャンルでは、主役は自分です。セックスも、自分が主体になることが出来ます。まず自己紹介からもう女優が可愛いことこの上なく、最高でした。

また、目線がすごいです。イントロの話をする部分から、女優と目が合います。これからこの女をどうやって犯してやろう、という男の汚い欲求を丸出しに出来ますね。

最高にエロい経験です。正直、女優が脱いで無くてももうこれだけで抜けます。

アダルトVRはフェラチオで目が合う

アダルトVRを見た感想として、特筆すべきは、フェラチオと騎乗位でしょう。特にフェラチオは、前述したとおり女性と目が合いますし、またVRの中にいる男優と姿勢を合わせることによって、本当にフェラされているような錯覚に陥ります。

特に、視野が通常のアダルト動画よりも広いため、女優を跪かせてフェラをしている場合、下を向いて、上目づかいの女優と目が合います。

一度も体験していない人は、本当にもったいないです。これはもう、現実世界でのプレイとなんら変わりがありません。音響もVR空間に合うようにシミュレートされていますので、その場にいるような没入感が得られること間違いないでしょう。

見上げる視点の騎乗位で臨場感バツグン

また、騎乗位も特筆すべき点でしょう。元より普通のアダルト動画でも、主観視点のプレイとして男優目線で描かれることが多い騎乗位ですが、VRだと臨場感が段違いです。

結合部が自分の目の前にあり、上を向けば女優の顔があり、普段なかなか見られない「女の子を見上げる角度」で見つめることが出来、その場にいるかのような体感が出来ます。

私はネカフェで体感したので、オナホール等道具は使えませんでしたが、例えば自動で動くオナホールのようなものを用いてアダルトVRの騎乗位を体感すれば、もう現実世界でのセックスは、極論しなくてもよくなるかもしれません。

それくらい、気持ちいいです。

アダルトVRは自分が主人公

VR体験を通じて、良かったところは何より没入感でしょう。これは、どんなアダルト動画でも再現しえないものだと思います。首を動かせば、視界が動く。女優は自分を見てくれる。

普通のアダルトビデオと決定的に違う点は、この主人公感。アダルトビデオの世界に全身浸ることが出来ているという没入感でしょう。

また、ちょっと困った点もあります。没入するので、周りの目が全く見えなくなります。ヘッドフォン着用だと音も聞こえなくなります。つまり無防備です。オナニーしている時に無防備ってちょっと怖いですよね。

なんで、例えば一人暮らしで、自分に周りが干渉してくる可能性がゼロの方には特にお勧めできます。家族が周りにいるお父さんとかは、少し怖いかもしれませんね。

何にせよ、最高の体験でした。まだ体験したことない人は、人生の半分を損してます。絶対やりましょう。