長野県山形村の体験談!夜に出会い系のギャルと即会いカーセックス

はじめまして。Naoです。

私が今回お話する体験は、出会い系サイト(ワクワクメール)の体験です。出会いは夏の熱い夜でした。

田舎の夜を想像できない人もいるかもしれませんが、今回の話の舞台である、長野県塩尻市や山形村の夜はとても静かです。そんな静かな住宅街を車で走り、少し遠くても話すためだけに会いに行くといった出会いでした。

でも実際会ってみると、男と女。カーセックスをしてそのままセフレとなった体験です。

これはワクワクメールで体験した一つの出会いに過ぎないのですが、とても印象深い体験だったので是非とも共有したいと思って投稿させて貰いました。

プロフィール
ニックネーム Nao
性別 男性
現在の年齢 29歳
いつの話? 25歳(4年前の夏)歳
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 私は当時25歳の自営業で、容姿は普通。身長は170前半で体重は45kgの痩せ型。大人しめ系。彼女なし。

えみさんは当時フリーターでアパレルShop店員。20代前半(性格には知らない)キツネ目の美人でギャル。身長は150半ば、スレンダーで出る所は出ている。活発系。彼氏と別れたばかり。

今回の出会いの戦略 深夜遅い時間の書き込みは一気に出会いやすい、また初心者マークも狙い目。
相手と会うまでに掛かった費用 サイト内ポイント500円程度、ジュース代240円、ガス代500円程度

寝付けない時は、出会い系サイトの掲示板を見るのが日課

私が住んでいたのは長野県塩尻市です。長野県には松本市と長野市の二つが大きく栄えた町として知られている県なのですが、その松本市に通勤する人が多いベッドタウンと呼ばれているのが塩尻市です。

夜になると車の通る音がするくらいで静かな町なのですが、そこから数キロ離れた山形村という所で出会い系サイトの中で知り合った女性と出会いました。

私は当時25歳で、毎日自営の仕事をこなしている毎日でしたが、夜になると暑苦しくて眠ることが出来ません、そんな時に夜な夜な出会い系サイトの掲示板を見ているのが日課でした。

色々な人が色々な募集をしています、ピュアな関係募集で友達や恋人を募集したり、アダルト関係募集で割り切りの募集をしている女性や不倫関係を望む女性等もいました。

私が会うことになったのはその中でも特に目を引いた掲示板内容で題名は「だれかー」内容は「寂しい」という端的な文章でピュア掲示板にかかれていた投稿でした。ピュア掲示板の「今から遊ぼ」掲示板です。

夜中の1時すぎ。メッセージを送る

時刻は大体午前1時頃を回った頃でしょうか、道路のアスファルトが少しずつ冷え始めて来ている頃でしたが部屋の中と外の気温は高いままの状態で、寝るに至るには冷房をつけなければいけない様な環境でした。

私はワクワクメールの購入してあったポイントを使い女性へメールすることにしました。

[blockquote]「今日は暑いよね、眠れないの?もし良かったら話しません?」[/blockquote]

短文の書き込みだったので私も長ったらしく書くことはやめて短いメッセージを送りました。すぐさま返事か返ってきて、そこから何度かだけメッセージをやり取りしました。

「眠れなかったよー」
「そっかそっか、何かしたいこととかある?」

「んー、特に無いけど」
「ありゃ、そっか、まだ寝ないなら電話しよーよ」

「別にいいよー」
「じゃあLINE交換しとこっか、無料だしw」

「IDちょーだい!」
「◯◯だよー」

サイト内での連絡で完結しなければいけないのは基本的なルールですが、実際それを守っているとドタキャン等で待ちぼうけを食らったりするので私は電話番号の交換かLINEの交換をお願いするようにしています。

初心者の女性は落としやすい

また、メッセージのやり取りの中で女性のプロフィールの記載を見て、どんな人なのだろうかと想像するようにしています。

やりとりしていた女性のサイト内ニックネームは「えみさん」でプロフィールには特に記載がなく、変わりに新人マークがついていました。

新人マークがついている女性は出会い系サイトに登録して間もない女性という事で、メッセージを急にやめたりする様な事が少ないという印象を受けています。

とりあえずやってみる。そんな女性が多いのではないでしょうか。という事で、LINE通話も簡単に出来ました。

簡単に会う事になった

「LINEこっちであってるー?」
「お、有難う。届いてるよ!えみさんだよね?」

「うん、もうかける?」
「おっけー、んじゃかけるよー」

電話で話した内容も余り中身のある話ではありません、今日は「暑かったねー、寂しかったから誰かと話したくて、まだ眠れないんだよね。」

そんな話から少しずつ興味をお互いに持てるような会話を見つけて、「ドライブでもしながら話さない?」と誘ったのです。えみさんは「暇だから良いよー」、と快くOKしてくれたので待ち合わせ場所へ向かいました。

山形村のコンビニで待ち合わせ

長野県の待ち合わせ場所は基本的に分かりやすい場所というよりも近くにあるお店等になります。

というのも、田舎の方は建物や目印になる場所は少ないのです、山形村は広い場所ですが目印になる場所が少ないので最寄りのコンビニまで歩いてもらうことになりました。

家の近くまで迎えに行くとは言ってみても、実際にそこで出会う事は殆どありません、認識の殆ど無い人に家を知られるのは誰でも怖いと思います。

山形村の最寄りのコンビニ(ファミリーマート新山形グリーンロード店)で待ち合わせです。元々はセブンイレブンでしたが、今は店舗が変わっておりファミリーマートが入っている様な入れ替わりが少しあるような場所です。

山形村の夜景を見るために山へドライブ

合流してお会いしたのは少し派手な服装のギャルっぽい女の子でした。年齢は恐らく20代前半で肌は白く髪は白に近い金のような色で脱色しているのかな、という感じです。

「なおさんですか?」
「あ、はい、そうです。えみさんですよね?何か買ってから話しますか。」

コンビニ前での待ち合わせだったので、そのまま店内で飲み物を買い、車を走らせながら近況を話し合いました。私はコーヒー、えみさんはコンポタだったと思います。

山形村から山がすぐ近くにあるので、夜景でも観ながら話しますか、となって山に向かいながら何故そんなに寂しいのかを話しました。地元では農道と呼ばれる「長野県道449号上竹田波田線」や名もないたんぼ道を通り向かいました。

後部座席でカーセックス

山道の端に車を停めて夜景を観ながら会話します。その場所は地図に載るような場所ではなく、絶対人目のつかない様なところです。清水展望台など名称の付くような場所はたまにパトロールが来るのでセックスの場所に適しません。

話の内容が、「最近彼氏と別れて寂しい」「尽くしていたつもりなのに重いと突き放されてしまった」「仕事も辛くなって毎日楽しくない」そんな話が出てきたので、相槌を入れながら「頑張ったね」と頭をなでてあげたり「夜景を見てぼーっとしてみよ」と話してあげました。

話すことが無くなった頃、まだ午前4時位でしたが良い雰囲気になったのでえみさんとイチャイチャすることになり、そのまま後ろの席で隠れてSEXすることに。

狭い車内で、外は暑い状態でしたが車内冷房をつけていたので暑さは殆ど気になりませんでしたね。座位の状態で私は殆ど動くことが無かったのですが、えみさんがとても献身的な女性で私は奉仕を受けるだけで良かったですね。

腕の部分に元彼?の入れ墨が彫ってあったのが印象的で、動く度にえみさんの胸が私の体にこすれるのが心地良かったのをよく憶えています。

えみさんい彼氏が出来たが、セフレ関係を続ける

それからえみさんは暫くお付き合いしましたが、私よりも自分の時間に合わせることの出来る男性とお付き合いすることになってお別れしました。

といっても、ゲーセン行ったりして遊びに誘う事はあっても、私たちは明確に付き合ったりという感じではなかったのでなし崩しという感じだったと思います。

多分、遊び友達の延長でセフレというよりもセックスもする友達という関係になるんでしょうか。恋人というよりもセフレ関係の方がしっくりくる表現だと思います。

お互いそのような認識だったので、難しく考えずにお互いにまた寂しくなったら連絡し合おうという感じになりました。

こうしてワクワクメールで出会った女性とセフレとして関係を続けたのです。

【出会い系】ワクワクメールのキャッシュバッカーをセフレにした体験談


はじめまして。やまです。

出会い系のキャッシュバッカーでもセフレに出来る。それを証明した体験談をお話をします。

あれは26歳の秋だったと思います。当時、私には彼女がいましたが、マンネリ化に悩み出会い系で複数のセフレを作っていた時期があります。これからお話するのは、ワクワクメールで出会ったある人妻のことです。

美人で明るいお姉さん系の女性でした。美人ですがクールな感じは無く、表情豊かで背も小さかったので大人の可愛らしさも感じる素敵な女性です。

その人妻はキャッシュバッカーをやっていたのですが、粘り強く会話を続ける事で実際に会い、セックスする事が出来ました。さらにセフレにまでしました。簡単な流れは以下の手順です。

[box_h]1. 初回メール
2. 3日目(試す)
3. 3週間まで(悩み相談をしてくるようになる)
4. 3週間目(キャッシュバッカーを打ち明けた日)
5. 打ち明けた日から2日後(初回デート)(LINE交換)
6. 初回デートから2日後(2回目デート)(カラオケデート)
7. カラオケデートから3日後(3回目デート)(ホテルでセックス)
8. 3ヶ月間セフレ関係を続ける[/box_h]

セックス出来たポイントとしては、キャッシュバッカーだと思ってもその事には触れずに会話を続け、さらに相手を持ち上げ良い気分にしてあげた事が大きなところだと思います。

当時セフレがいたので、心に余裕があったのも成功した要因だと思います。それでは、私が出会い系のワクワクメールでキャッシュバッカーの人妻とセックスするまでの体験談をご覧下さい。

プロフィール
ニックネーム やま
性別 男性
現在の年齢 31歳
いつの話? 26の秋頃
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 自分は製造会社勤務の26歳。フツメン。166cm、70kg。癒し系。彼女・セフレなし。

31歳の専業主婦。柴崎コウ似の美人。身長は150cm、体重不明だがスタイル良し。姉さん系

今回の出会いの戦略 手軽にセフレを作りたかったので、人妻を中心にプロフ検索からメールを送りました。
相手と会うまでに掛かった費用 サイト内でポイント7000円、ランチ3000円、カラオケ3000円、ホテル18000円

ワクワクメールにはキャッシュバッカーが多かった

私が当時使っていた出会い系サイトはワクワクメールとハッピーメールの2つでした。ワクワクメールには当時、キャッシュバッカーと呼ばれる人が多くいました。

キャッシュバッカーとは、出会い系に登録して男性とメールやチャットをしたり、投稿した画像の回覧件数に応じてポイントを獲得することを目的とした人です。

ポイントはお金や物と交換できるので、主婦や副業としてお小遣い稼ぎに登録をしている女性が多く、私がメールを送ったアユミもその一人でした。

【初回メール】セックスレスの人妻にメッセージを送る

まずはプロフィール検索をします。以下の条件で検索しました。

[box color=”black” title=””]体系:細目~ややぽっちゃり
年齢:20代後半~30代後半
目的:大人の関係[/box]

基本的に出会い系を使うときは、検索でヒットした中から業者やキャッシュバッカー回避の為、自己紹介に「会いたい」とか「セフレ欲しい」とか書いてないあまりやる気の無いあっさりした自己紹介の人を狙います。

アユミはプロフィール画像に顏を載せていましたが、目と鼻だけをアップで撮影しており、どんな顔かまでははっきりとわかりません。

ですが、目がキリっとしていてブルーのアイシャドーがとても色っぽく見える人妻でした。31歳の人妻であり、子供はいないと書いてありました。

求める相手には「大人の関係」と記載がしてあり、自己紹介には「最近、寂しくて・・・」とか「もう半年もセックスレスです」とかいかにも業者やキャッシュバッカーっぽいことが書いてありました。

人妻、大人の関係、男が食いつきそうな内容の自己紹介・・・・いかにも出会い系の罠といった感じですw

ですが、その日はムラムラしていたのか、プロフ画像の目がすごくタイプだったこともあり、キャッシュバッカーっぽい自己紹介をしていましたが、メッセージを送信してみたのでした。

[blockquote]「はじめまして!長岡市に住む26歳サラリーマンです。

年下ですが、大丈夫ですか??

ちなみに私は大人な女性が大好きで、31歳はドストライクゾーンです(笑)

アユミさんは見附に住んでいるんですね~、見附にはたまにプラント5に買い物にいきます!

良かったらメールしませんか?宜しくお願いします。」[/blockquote]

すると、3分くらいですぐ返信がきました。

[blockquote]「はじめまして!メールありがとうございます。

長岡市なんですね、プラント5は2,3日に1回は行きますよ~^^

わたしも年下好きだよ~!よろしくね^^」[/blockquote]

ローカルな話題にもついてきているのでとりあえず業者では無さそうです。ですが、キャッシュバッカーの線がまだ消えてません。男が好きそうなプロフ内容、異常に早い返信。

いままでの出会い系の経験上、限りなくキャッシュバッカーだと思われますが、とりあえずメールを何回かしてみようかと思いました。まぁ、ホントに会いたい人妻だったら儲けもんかな~・・・

キャッシュバッカーの疑惑があるが、セフレがいたので心には余裕があった

当時私はとりあえずセフレ1人確保済みで、もう少しで会えそうな子も1人いました。その他にも2~3人メールを同時進行していたので、アユミがホントにキャッシュバッカーだったらすぐに切ればいいか、そんな軽い気持ちで考えていました。

とりあえず、自己紹介や世間話を兼ねて、メールをし続けます。

「週に2~3回プラントいってるんですか!もしかしたらお店の中で会ってるかもしれませんねえ。僕は長岡市に住んでるんですが、プラントの品ぞろえが好きで毎月1~2回はいってます。中でもツブ貝入りの鳥つくねオススメですよ(笑)」

「会ってるかもー(笑)てかツブ貝入りの鳥つくねとかマニアックじゃない?どこのコーナーにあるのそれー(笑)」

「いやいや俺も最初はないわーとか思ったんですけど、鍋とかに入れると本当美味しいんですよ!しかも激安だから一回買った方がいいっすよ」

「えーなんか貝入ってて激安とかやばそ~、おなか大丈夫?笑」

そんな他愛もないメールを何通も繰り返しました。ワクワクメールでは一通ごとに50円かかるのですが、アユミとのメールは楽しくて大して気にせずにどんどんメールしてしまいます。

【3日目】下ネタが出てこないので試す!キャッシュバッカーと認識

そんな感じで出会い系サイト内で3日ほどメールをしていましたが、プロフだとセフレ募集っぽい内容でしたが、未だにそんな雰囲気も、下ネタすらも出してきません。やっぱりキャッシュバッカーなのか・・・

その日、私は彼女を試してみることにしました。

「そういえばダンナさんとセックスレスなんですよね?ワクワクメールを始めたのはそれがきっかけなんですか?」

これでどんな答えが返ってくるか、もし肯定して会いたい感が出ていれば「会える女」、もし否定して曖昧な回答ではぐらかしてきたらキャッシュバッカーの「会えない女」、そんなことを考えながらメールを待ちます。

いつもならすぐメールが返ってくるのに、そのメールには返信がありませんでした。そして3時間ほどたって、ようやくメールが来ました。

「うーん、旦那とはあまりうまくいってないかな・・・でもとりあえず沢山お話できる人と知り合いになりたくて登録したの。○○君とはメールしてて本当楽しいよ!これからもよろしくね^^」

私は少しショックを受けました。この女は間違いなくキャッシュバッカーだ、そう思いました。

特に会いたいと希望を出さなかったり、連絡先の交換を求めてこない私なら、この後もひっぱれると思ったのでしょう。あえて会うよりも、メル友探しを目的にしているという、プロフとは全く違う回答をしてきました。

LINE交換を提示するという意地悪をする

正直、なめられたもんだなあと感じましたが、メールしてて楽しいのは事実です。ちょっと意地悪してみようと思い、メールをしました。

「そうだったんだ!まぁ出会い系っていってもやっぱり知らない人と会うのって少し怖いですよね。僕もアユミさんとメールしててすごく楽しいよ、いつもメール楽しみにしてるし(笑)よかったらワクワクメールじゃなくて、ライン交換しませんか??」

このメールにもなかなか返信が来ません。ここにきて、急に会いたい感、連絡先交換したい感を出してきている私に少し戸惑っているのでしょう。2時間程してメールが来ました。

「本当に!?ありがとー^^わたしも本当に○○君とLINEしたいんだけど、やっぱり旦那にばれるとまずいから、サイト内でメールしたいと思ってるの・・・本当にごめんなさい。良かったらこのままメールして欲しいな・・・」

出会い系サイト内でメール、、いやこりゃあ真っ黒じゃないっすか!!などと自分にツッコミを入れつつ、このメールにどう返信しようか迷います。

キャッシュバッカーだがメールを続ける!楽しいのは事実

正直会える見込みの無い人妻の為に、メールし続けるのも勿体ない話です。だけど、さっき送ったメールの文章の「いつもメール楽しみにしてるし」は、悔しいけど本心なのです。

ゆるくて明るい感じのメールには、いつも元気をもらっているのも事実でした。他にセフレもいるし、キャッシュバッカーだけど、たまには飽きるまでメールしてやってもいいかな・・・・

その時はそう考え、メールをしました。

「そっか、旦那さんいるからラインはさすがにまずいか~。わかった!!アユミさんの言う通りここでメール続けることにします!無理言ってごめんね」

冗談ぽくエロ写メを要求して距離が縮まる

アユミは少し驚いた様子でした。

「本当?○〇君って優しいね・・・ちょっとびっくりしちゃったよ。」
「えぇ、どうして??急にそんなこと言われると照れちゃいますよ(笑)」

「だって出会い系でメールしてると、みんな大体すぐ会いたいとか、ライン交換できないならもうメールしないって言われるもん。いいよって、言ってくれたの○○君がはじめてだよ」
「えぇ~?そうなんだ?でも確かに出会い系の男はみんな飢えてるからなぁ、俺もその男の人たちの気持ちは少しわかりますよ。飢えてるもん、俺(笑)」

「やだー(笑)飢えてるとかこわいよー食べられる~(笑)」
「あぁっ、もうダメだぁ飢えで倒れそう・・・・せめて、せめて何かオカズがあれば~」

「えー一体何して欲しいのよ~?(笑)」
「あ、どんなパンツ履いてるのか、それだけわかれば俺、大丈夫です(笑)」

「いやいや意味不明だから!(笑)」
「ぐあっ!もうダメだー」

「も~じゃあ特別だよ?ちょっと待っててね!」

10分程して、パンツの自撮り写メが送られてきました。

「あ!!紐パンじゃないですかこれ!しかも脚すげーキレイ!!やばい、倒れるぅ」
「恥ずかし~てか結局倒れたらダメじゃんー(笑)」

「いやいや、本当に今日はごちそうさまです!また好きになりました。しかしエロカワなパンツ持ってるんですねぇ、色っぽいなぁ」
「えへへ、大人になってくるとこういう下着が増えるんだよ?」

「ハァハァ・・・うっ!!」
「ちょっ、な、何してるの~!」

冗談のつもりだったのに、まさか写真を送ってくるとは・・・想像以上の行動に、少し興奮すると共にもっとメールしたくなりました。

その日はとにかく可愛いパンツだとか、脚が綺麗で本当は脚フェチだから今度は脚の写真送ってとか、色々褒めまくり、アユミもまんざらではない様子でした。

【3週間まで】悩み相談をしてくるようになる

こ3週間がキャッシュバッカーの人妻と「会える」「会えない」の明暗を分けた期間だと思います。

その日以来、メールし続ける中で、旦那さんとの不仲や恋愛話など、いつしかアユミは心を開いてポツポツと悩みを相談してくるようになりました。

私はそれに対して、自分の意見を言ったり、アユミの愚痴を聞いたり、とにかく色々の話をしていつの間にかメールをはじめて3週間程が経過していました。

ワクワクメールのキャッシュバッカーと分かっていますが、メールを辞められなかったのです。もちろん、ライン交換はまだしていません。全てワクワクメールのサイト内の有料やりとりです。

【3週間目】キャッシュバッカーを打ち明けた日

するとある日、こんなメールが届きました。

「○○君ってさ、ワクワクメールの有料会員なんだよね?私とメールするのにお金かかるでしょ?いっぱいメールしてるけど、大丈夫なの・・・?」

「あぁ、そうですね。でもあまり気にしてないかな、アユミさんとメールしているの楽しいし、僕も色々な悩みとか聞いてもらえて感謝してます。なかなかこういうとこじゃないと話せない内容もあるしね。」

「ありがとう、わたしも本当に楽しいよ。でも○○君って出会いを探してるんでしょ?なのに会いたいとか今まで一回も無いからちょっと気になってたの」

思いもかけず、アユミの方からそんなことを言われてしまいました。私は彼女をキャッシュバッカーだと思っていたので、確かに今まで会いたいという内容を送ったことは無かったのです。

関係が切れるかも・・・打ち明けるべきか悩んだ・・・

ここまできたら、もういいか。そう思いメールをしました。でも、このときの心境は複雑です。

アユミとメールしているのが楽しくて、キャッシュバッカーと認識していてもメールを続けていました。それは、キャッシュバッカーをいう身分?を偽っていてもメールの内容には偽りが無く、思ったことや相談などする、いわば何でも話せる関係になっていたからです。

でも、時間がたって仲良くなればなるほど、キャッシュバッカーというのを隠れたままま、メールをしているのが切なくなりました。

この日に打ち明けたのは、キャッシュバッカーとして私を相手に選んでずっとメールしてきて、今もその気持ちに変わりはないのか(カモと思い続けているのか)を知りたいという一方で、きっと、もうそうではないに違いないという思いを、確かめたかったからです。

この時、もしキャッシュバッカーかどうかを問うことで関係が終わってしまったら仕方がないとも思いました。なぜならメールする為に結構なポイントを使っていたので、アユミの為のボランティアも限界かなと思っていたからです。

全て打ち明けた・・・・すると・・・

「そうですね、本当のことをいうとね、アユミさんに会いたいです。だけどアユミさんは多分、ワクワクメールのポイント目当てで登録をしていて、このサイトで知り合った人と会う気はないんだろうなって、そう思ってたんです。

キャッシュバッカーでしょ?だから会いたいっていうのは我慢していました。それに、メールをしているだけでも楽しいし、それがアユミさんの生活の為になれば、それでもいいかなぁって本当にそう思ったんです。

でも僕もそんなにお金持ちじゃないから、そろそろメールを終わりにしなきゃなとも思っています。今、ちょうどいいきっかけかもしれませんね・・・・アユミさん、ごめんね。」

また2時間程かかり、メールが届きました。

「○○君気づいてたんだ。本当にごめんね。私もメール楽しくて、色々話も聞いてもらって、でも途中から○○君に悪くて、本当のことを話さなきゃって思ってたの。

だけど○○君、会いたいって言ってこないし、私も結局言い出せなかった。でも・・・・ずっと気付いてたんだね。○○君本当に優しいね」

「それも分かってましたよ、気付かないふりしててごめんね。そんなこと言われたら、会いたい気持ちが我慢できなくなっちゃいますよ。アユミさんも小悪魔だなー」

「○○君にはかなわないなぁ、なんか私が年下みたいだね(笑)あのさ、あまり時間取れないけど、良かったら会ってみる?」

なんと、アユミの方からデートの誘いが来ました!この日は本当に驚いたのを覚えています。もちろん即答でOKです。

【初デート&LINE交換】打ち明けた日から2日後、新潟県見附市のプラント5の駐車場で会う

「車は黒いセダン、マツダの○○です!着いたら連絡下さいね」
「はーい!私はダイハツの白の○○だよ~」

結局ワクワクメールのサイト内でやりとりをしたまま待ち合わせをすることに。2日後の平日の昼間に新潟県見附市のプラント5の駐車場で会う事になりました。

いよいよ会う当日です。私が到着して10分後くらいにアユミが到着しました。事前に話していた通りの車です。

「ついたよ~もぅいる??」

私の正面に車を停めた車中から明らかにこちらを見ながらメールを送ってきました。

「目の前にいますよ(笑)いまそちらにいきますね」

そういってアユミの車の隣に行きます。写真の通り目がキリっとしていて、柴崎コウを少し幼くした感じのとても綺麗なお姉さんでした。

服装はベージュのゆるいセーターに黒いパンツ姿でシンプルですが綺麗にまとまっています。今まで会った出会い系の女性の中で、間違いなく一番綺麗な女性でした。

「めちゃめちゃキレイですね、びっくりしました」
「アリガト!○○君は年齢よりも若く見えるーちょっと照れちゃうよ」

思わず出た言葉は今まで送ったメールのお世辞とは違い、思ったままの印象でした。

「くいどころ里美 見附本店」でランチ

その後、私の車に乗り、実はアユミは出会い系で会うのは初めてだということや、かなり近くに暮らしていることなど、色んな話を聞きながら、ランチに向かいます。

ランチはアユミの好きな「くいどころ里美 見附本店」で食べることになりました。ファミレスですが、個室があって落ち着くお店です。

私はステーキ丼、アユミは寿司セットを注文します。キャッシュバッカーだと言うのをカミングアウトして、すっかり心を開いたのか本当に色んなことをしゃべりつつけていました。

話の中で、ライン交換し、ようやくワクワクメールでのやりとりを終えることが出来ました。これで、ワクワクメールのキャッシュバッカーから、友達にようやくなれたね!なんて冗談を言いながらもホッとしたのを覚えています。

ランチ後、予定があるからまたね!と小走りに車に戻るアユミに手を振り、この日はデートを終えました。

【2回目デート】カラオケデート

ラインをするようになってから返信はさらに早くなり、初回デートから2日後に、次はカラオケデートをすることになりました。見附のカラオケまねきねこ(新潟中之島店)に集合です。隣にラブホがあるのでもしかしたら・・・と少し期待していました。

しかしセックスは出来ず(笑)二人で盛り上がりながらもなんとか関係を進展させたいと思い、カラオケ採点の点数に勝ったらキスさせてくれとお願いをしました。

アユミは「Every little thing/Time Goes BY」を歌い、これがまたプロ級に上手く、私は「ミスチル 君が好き」を熱唱するも惨敗w

しょんぼりする私になんと

「○○君、一生懸命でかわい!」

と彼女の方からキスをしてくれたのです。

この時、彼女がワクワクメールのキャッシュバッカーだったことなど頭から吹き飛び、本気で惚れてしまいました。その後も抱きしめ、キスを繰り返しいいムードになってきたのですが、アユミは予定があるから・・・とこの日はここまで。

しょんぼりする私に、いたずらっぽく笑いながら

「次は夜に会おっか?」

と言い、次のデートの約束をしてこの日は別れました。

【3回目デート】ワクワクメールのキャッシュバッカーとセックス

カラオケから3日後、3回目のデートです。

この日はお互いに夕食を食べて20:00にプラント5へ集合し、とりあえず私の車でドライブをすることにしました。集合場所につくと、無邪気にこちらに走ってきます。

ややひざ上の黒いタイトスカートに黒いヒール、上はブラウスにカーディガンを羽織っていて大人な女性といった雰囲気です。助手席に乗ると、甘い香水の匂いに酔いそうになりました。

特に目的地は無く、手をつなぎながら国道8号線を燕三条方面に走らせ、旦那が海外出張で3日後まで戻らないとか、旦那は浮気しているとか、色々な話を聞きながらドライブを続けます。

燕三条まで車を走らせた時

「なんだか眠くなってきたね、横になりたいかも・・・」

とつないでいた手をギュっと握ってくるOKサインが!!そのまま8号線から289号線に曲がり、燕三条駅近くのホテルK1に入ります。

泊まりで夜中までセックス

ホテルに入ると同時に私はキスをして押し倒しました。

「もう我慢できないです。好きになっちゃいました」
「私も○○君好きだよ。今夜だけは2人でいっぱいくっつこうね」

そのままベッドに押し倒し、体中をまさぐります。

「あっ、そんなにがっついちゃダメ~」

と言う口を強引にキスでふさぎ、そのままストッキングに包まれたふとももを手で味わいます。すると強く体を触りすぎたのか、ストッキングに穴が開いてしまいました。

「あっ・・ごめん、伝染させちゃったかも」
「もうそんなに強くするからだよ・・・うふふ、飢えてるの?」

いたずらっぽく微笑むアユミのストッキングをビリビリに破き、スカートを降ろします。私の強引な感じに火がついたのか、すっかり身をゆだねています。

そのまま全身にキスをして、最後は口にキスをしながらゆっくり挿入します。既にびちゃびちゃに濡れたアソコは簡単に私のペニスを飲み込み、可愛い声をあげながら腰をうねらせました。

溜まっていたようで、途中から騎乗位になり、ガンガン自分で腰を動かして快感に身を任します。その日はお泊りをしましたが、夜中まで欲望のままお互いを求め合いました。

3ヶ月間セフレの関係を続ける

その後3ヶ月程はデートをしたりセックスをする関係が続きました。本当に付き合っている2人のようでしたが、私は彼女がいて、アユミは結婚をしている人妻です。

「これ以上関係を続けると戻れなくなっちゃうね。もうおしまいにしよ?」

ある日そう告げられ、私達の関係は突然に終わりを迎えました。出会い系ワクワクメールで気軽なセフレ探しをしていた私ですが、こんな出会いに発展するなんてわからないものです。

アユミもポイント目的で登録していたキャッシュバッカーでしたから、まさかこんなことになるとは想像もしていなかったと思います。キャッシュバッカーとはいえ、メールをしているのは、出会い系をしている一人の女性です。無理な要求をしないなど相手の事を考えて行動すればセフレに出来るのだと分かりました。

この出会いは、私にとって忘れられない感慨深い思い出でした。

【出会い系】新潟県長岡市の新卒19歳ギャルを露出調教した体験談

はじめまして。やまです。

出会い系で会った女の子の中で、一番印象に残っている体験談を書きます。その時使った出会い系サイト(アプリ)はワクワクメールです。

狙いは近場女の子。新潟県長岡市に住んでいて年下の女性です。相手のプロフィールが超しょぼいので逆に男性が寄り付いてなかったのが成功(性交?ww)の秘訣かもしれません。

LINE交換後に写メを交換したときは、ピンクのキャミに黒の超ミニというスタイルで、写真だけでフル勃起したのを覚えています。実際に会うとなったのは意外なことです。長岡市のスシローがきっかけでした。

スシローで飯を食った後は、国道8号バイパスを見附方面に向かってドライブ。その後、長岡駅前のホテルアルファーワンへ連れ込みセックスしました。それからは長岡市の色んな所で露出調教をした思い出があります。

そんな、19歳の新卒ギャルを露出調教できるまでになった体験談をご覧下さい。

プロフィール
ニックネーム やま
性別 男性
現在の年齢 31歳
いつの話? 3年前の28歳のとき
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 自分は製造会社勤務の28歳。フツメン。166cm、70kg。癒し系。彼女・セフレなし。
相手は新卒の19歳アパレル店員。若槻千夏似のギャル系。155cm、体系は普通。彼氏・セフレなし。
今回の出会いの戦略 掲示板はスルーしてプロフ検索で相手探し。18歳~22歳で好みの男性の年齢が20代後半~の女性にターゲットを絞りました。社会人になりたててで大人な男性に弱いタイプは経験上扱いやすいからです。
相手と会うまでに掛かった費用 サイト内ポイント2000円、食事5000円、ホテル10000円

スタビ(スタービーチ)が使えない出会い系となったのでワクワクメールを使う

私が出会い系を本格的に始めたのは、スタービーチと呼ばれる通称「スタビ」でした。当時はポイント課金では無く完全無料、女の子の食いつきも物凄く良い、まさに夢のような時代でした。

ですが、スタビはしばらくして架空請求業者や迷惑メール業者の巣窟になり、1年ほど使いやめてしまったのを覚えています。その後、彼女もできたので出会い系はしばらく使っていなかったのですが、再び出会い系を使う日がやってきました。

3年前の28歳の時、普通に出会った彼女と別れ半年ほど経った頃、暇で寂しかったこともあり出会い系をやってみることにしました。

当時は出会い系と離れてかなり経っていたので、どの出会い系を使えばよいか勝手がわかりません。とりあえず、ネットで検索をして、ハッピーメールとワクワクメールがユーザーの評価が高いと判断しとりあえずワクワクメールに登録しました。

狙いは近場の新潟県長岡市に住んでいて年下の女性

登録後はプロフィール検索で、18~22歳くらいの若い子、かつ求める男性の年齢が20代後半~30代前半と書いている子にメッセージを送信しまくりました。

具体的に最初のアプローチメッセージはこんな感じです。

[blockquote]「はじめまして、新潟県長岡市に住む会社員です!

求める異性のタイプが20代後半~30代前半ってプロフにあったのでメールしてみました。

趣味はドライブ、温泉巡りです。最近は○○(相手の女の子の趣味に合わせる)にはまっています!

良かったらメッセしませんか?おじさんギリギリの年齢ですがw 何か悩みがあれば相談して下さいね!」[/blockquote]

こんな感じで10人程に送信すると、その日のうちに3人ヒット!なかなかの打率です。この3人のうちの1人に、思いがけず忘れられない思い出が出来てしまうなんて、その時は夢にも思いませんでした。

返信あり!プロフィールが超しょぼいのが逆に良かったのかも

3人のうちの1人、それはアパレル店員のミキでした。同じ新潟県の長岡市に住む子です。ミキは高校卒業したての19歳、ギャル系のアパレル店員でした。プロフを見て、正直この子はダメそうだなと感じたのを覚えています。

なぜなら、プロフの自己紹介文には「よろしくお願いします!」のみで画像も無し、さらにはプロフの項目の年齢と住んでいる地域以外のほぼ全てがナイショです。

本当に出会いたいと思ってやっているのかすら怪しい子でしたが、それが逆に他のライバル達をノーマークにさせていたのかもしれません。

最初のアプローチメールを送った時に彼女からは

[blockquote]「はじめまして!メールありがとうございます( *´艸`)28歳はギリでオジサンかなぁ(笑)でも年上の人好きだから大丈夫だよ!カラオケも好きなんですね。あたしも週1は好きで、たまに1人でいっちゃいますよ~」[/blockquote]

なんて明るいメールが帰ってきました!

送ってもらった写メだけでフル勃起

ノリもいいし、楽しそうな子だな~と思ったのがメールをはじめた第一印象です。10通ほどメールをして、ミキの方から写メ交換したいと言われました。

私もプロフには写真を載せていなかったので、頑張って撮った写真を送信します。この出会いたい為に頑張って写真を撮っている瞬間、ちょっと恥ずかしいですよねw

彼女に写メを送ると、まぁまぁ普通の反応でホッとしたのを覚えています。いよいよ彼女の写メを送って貰うと、なんと若槻千夏似の可愛い写真が!!

しかも、全身撮りでピンクのキャミに黒の超ミニという、なんともやる気満々の写メで、写真だけでフル勃起!これは相当な当たりだと思い、可愛い可愛いと褒めつつ、脚が綺麗とか、スタイルいいとか、とにかくほめまくります。

彼女も気を良くしたようで、この日「ミキと話していると本当楽しい!良かったらLINE交換しない?」とメールすると「あたしも楽しいよ~!LINE交換しよ!IDは○○だから探してみてね」と一気にライン交換まで成功!あとは実際に会うだけです。

長岡市のスシローに誘いOKをもらう

LINEでは真面目な話、日常の何気ない話、恋愛の話、とにかく色々な話をしました。途中、既読スルー等のテクニックを織り交ぜつつ、彼女とLINEを続けます。

徐々に、彼女が私に依存してきているのがわかりました。ここらで一度デートに誘います。

「そいえばミキちゃんさ、寿司好きなんだよね?長岡のペットショップの近くにスシロー、結構おいしいよね!」
「え~そうなの?まだスシローはいったことないんだよねぇ、ちょっといってみたいかも!」
「じゃあさ、今日の夜ごちそうしょっか??」
「マジで!ごちそうさまですっ(笑)」

軽い感じでデートの誘いに成功!いよいよデートです。

初デート!リバーサイド千秋で待ち合わせ

待ち合わせは新潟県長岡市のリバーサイド千秋の駐車場でした。ミキと相談して、比較的車の少ない立体駐車場の最上階を待ち合わせの場所に決めました。

私の車のナンバーを予め教えて、ミキにこちらを探してもらいます。しばらくすると、一人の若い女の子がキョロキョロしながら車を探しているのが目に入りました。

私は車を下りて「こっちだよ、ミキちゃん」と彼女を呼びました。「あっ、はじめまして~」と少し恥ずかしそうに走ってきます。

ミキは写真の通り可愛らしい見た目をしていましたが、明るい見た目とは裏腹に少しシャイな様子で、それがまた一段と可愛かったです。

ご飯のあとは会話をする為にドライブ

新潟県長岡市喜多町のスシローで食事をしました。食べ終わったあとは、特にあてもなくドライブを会話の為に行いました。長岡市の国道8号バイパスを見附方面に向かい、気づけば見附インターを通りすぎてどんどん北上してしまいました。

慌てて見附にあるパチンコ屋、ダイナムでUターンし、再び国道8号を通りリバーサイド千秋へ戻りました。

こんな会話をしたのを覚えています。

「ミキちゃん歳上が好きなんでしょ?付き合った人で歳上の人いる?」
「全然いるよ!前なんて34の人だよ~」
「マジかよ!それって父親?笑」
「ちがうよ(笑)ナンパされてそのまま付き合うことになって、、、」

なんて会話で歳上好きで断れないタイプだな~しかし表情豊かで明るい子だな、という印象を持ちました。

この日は、楽しく食事をして、ドライブをして、この日は解散。彼女は少し、物足りなそうな感じでしたが、私のルールとして初日は普通のデートのみ。1回目で誠実な印象を持たせて安心させ、手を出すのは必ず2回以降と決めています。

2回目のデートでホテルアルファーワンへ連れ込み

彼女と実際に1度あってから、彼女からもデートの誘いが来るようになりました。2回目のデートは新潟県の日本海側にあるマリンピア日本海という水族館です。

彼女はこの日、超ミニにニーハイという男殺しの姿で登場し、これはいけると思った私は水族館後に長岡の居酒屋へ行き、エロトークを織り交ぜながら彼女を酔わします。

彼女はすっかり酔いがまわり、どうにでもしてモード。予め目星をつけていた長岡駅前のホテルアルファーワンへ連れ込み、いよいよ初Hです。


服を脱がそうとすると、ミキは甘い声で恥ずかしがりましたが、キスをしながら綺麗だというと、むらっとする言葉をささやいてきます。

「いや・・・恥ずかしいよぅ」
「ミキ、すごくきれいだよ。ずっとこうしたかった」(ここでキス)
「あたしも・・・今夜は好きにしていいよ」

好きにしていいを言われたのでスカートをまくり上げると、なんとピンクのTバックです。

「ミキ・・・こんなのはいてたの?エロいなぁ」
「えへへ・・・でも好きでしょ~?」

興奮した私はミキとディープキスをしたまま挿入。既にびしょびしょにぬれたミキのアソコは簡単に私のペニスを飲み込んでいきます。

ミキは感じやすい体で、特に奥が好きな様でした。最後のイク瞬間に、ミキの方から抱き着いてキスをしてきたのには、少しドキっとしたのを覚えています。

そのままその日はラブラブセックスをし、ホテルに泊まりました。

夜中、目が覚めて隣ですやすや眠るミキにムラムラした私は眠っているミキの体を抱きしめながら胸を揉み、挿入。ミキは「そ、そんなぁ・・・いきなりダメだよぉ」と甘い声を漏らしながらも腰を押し付けてきます。

そのまま欲望のままにミキを犯しまくり、結局ホテルを出るまでに4回Hをしてしまいました。

長岡市の色んな所で露出調教をした

初HでミキのMっ気に気づいた私は、ミキの調教を開始します。高校の制服を着させ、もともとミニスカなのを歩いているだけでパンツがみえちゃうくらいの超ミニにしてデートさらにパンツはTバック、リモコンローターを挿入しての露出デートは何回もやりました。

覚えている限りでは、長岡市のコメリホームセンター・長岡市の悠久山公園・長岡市の8号バイパス沿いにあるドンキホーテ・長岡市のパチンコ屋のNワンで露出デートをしました。

彼女は周囲の突き刺さるような視線といつスイッチがオンになるかわからない刺激にMの本能に火が付いたようで2時間ほどデートをすると周囲の視線も構わず「もうだめだよお、はやくホテルに連れてって・・・」と懇願します。

さらに犬用の首輪をつけるとそれだけでミキの息は上がり、何回もイキながらホテルに到着、そこからのHはミキの隠れた淫乱っぷりが止まらずに私もその姿にべた惚れしてしまいました。

その後も緊縛Hや、コスプレHと変態なHを繰り返し、ミキも初めてのアブノーマルの快感の虜になりました。

エロさが急上昇していたが、ある日突然セフレの関係が終る

LINEでもエロい会話が増えてきました。

「昨日の縛るやつ、やばかった~もぅあたしノーマルのHじゃ満足できないかも・・・」
「ミキは本当にドMだね。明日はギチギチに縛ったままミキの大好きなバイブと電マで1時間で何回イケるか数えてみよっか?」
「あぁ・・・やだよお~絶対イキすぎておかしくなるぅ」

どんな変態プレイにも応じるミキのどMっぷりに、いつしか私の方が夢中になってしまいました。でも、終わりは唐突に訪れます。

「○○ってさ・・・本当にあたしのこと好き?」

そんな質問が増えた頃でも私はミキとアブノーマルなHを続けていたのですが、いつしかミキは不安になっていたみたいです。それに愚か者の私は気づけなかったのでした。

「あたし変態だけど、でもたまにでいいからちゃんと愛してほしかった。○○とは抱き合ってキスしているだけで私は幸せなの」

それが彼女が口にした最後の別れのセリフでした。

長岡市には思い出がいっぱい

もっとちゃんと愛してほしい、そう思う彼女の気持ちに私は寄り添えなかったのです。ショックを受け、謝る私を尻目に、彼女は二度と私の前に姿を現すことはありませんでした。

これで私の出会い系、ミキとのお話は終わりです。ミキとは今は連絡をとっていませんが、出会い系でこんなに充実した経験をしたのは初めてです。

最初は遊びのつもりではじめた出会い系ですが、気付けば10歳近く年下の彼女に私はメロメロになりこの長岡の町は、どこにいっても彼女との思い出ばかりになってしまいました。

遊び半分で始めた出会い系ですが、こんなことになるとは本当にわからないものです。また、出会い系に登録している女性のプロフがナイショばかりだと、ミキのような子なのかな?なんて妄想してしまいます。

ミキのことは忘れることは出来ないかもしれませんが、ミキのように悲しい思いをさせない為にも女性の気持ちにもっと寄り添える男にならないと、とそう思います。

本当にいた中出し大好きっ子!!出会い系の女子大生はエロいと痛感



ニックネーム やず
性別 男性
現在の年齢 24歳
いつの話? 大学2年の時で20歳
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 自分は大学二年生で20歳。フツメン。172cm細マッチョ。お笑い系。
相手は女子大生で19歳。薬学部1年。色白でハーフ顔。155㎝で細身の清楚系。彼氏なし。
今回の出会いの戦略 伝言板を活用してポイント消費を抑えながら多くの子にメッセージを送り反応が良かった子と仲良くなった。
相手と会うまでに掛かった費用 ポイント1000円、ご飯2000円、ホテル4500円

自慢です!出会い系で中出しOKの女子大生と知り合いました

中出しが当たり前のエロい女子大生と出会い系で知り合い、セフレの仲になれたという自慢話をしたいと思いますww

僕がそもそも出会い系を始めたのは、童貞は卒業していたものの彼女がいなかったので、とてつもない欲求不満になっていたという安易な理由でした。

今まで出会い系サイトというものは使ったことが無かったので、適当に調べてワクワクメールというサイトに登録することに。

いざ登録して分かったのは、アダルト掲示板には割り切り、いわゆるエンコウ目的の人がほとんどであることが判明し、登録して1ヶ月が経っても出会い系に登録したのにただただつぶやき機能でしょうもないことをつぶやく日々が続いていました。

そこで、作戦を変え、伝言板をもっと活用することにしました。伝言板は基本的にタダでメッセージを残すことができ、相手がひそひそ設定(やり取りしてる2人にしか見えない設定)にしていても2ptしか使わないのでとても便利な機能です。

ありきたりな文章を残してもスルーされると思ったので敢えて、

[blockquote]($・・)/~~~やっほー[/blockquote]

のような変な顔文字を送ることで、周りよりも少し目立つ作戦で行くことに。

すると何人かに送ったところで、

[blockquote]!(^^)!はーい[/blockquote]

という返事が!!これを逃す手はないと思いメールでやり取りすることにしました。
「まさか返事が来るとは・・・w」
「珍しい書き込みだったのでつい(笑)」

作戦が上手くいった!!!自分でも驚きつつもそのまま会話を続けることができました。その女性はすずというニックネームで、女子大生であるということがわかりました。

グイグイくる子だったのでライン交換まですぐ!さらにエロい話もぜんぜんOKの凄い女子大生だった

自分は大学生でしたが、ほぼ男子だったので女子大生と関わることがなかったのでとてもドキドキしました。

彼女が出会い系を始めた理由は、自分の学校の男子とは合わないことがなんとなく分かったから、大学外の人と仲良くなりたいということでした。さらに言えば、女子大生なんだから少しは羽目を外して遊びたいからとのことでした。

そのため、すぐに意気投合してラインの交換までは、すんなり1週間ほどでいきました。交換してからは毎日やり取りをするようになり、少しずつエッチな話もするように。

「すずは結構経験あるの?」
「うーん、引かないで聞いてくれるなら教えてもいいよw」
「ひかないひかないw」
「人数は2人だけど、野外とか飲精とか緊縛とかいろいろしたかな~」

なん・・・だと・・・!?経験が少ない僕からしたらAV女優かなにかと思うレベルでした。

「ちなみに何が好きなの??」
「生理不順だからピル飲んでるんだけど、そのせいで中出しが当たり前になっていたから中出し大好きなんだよねw」

なん・・・だと・・・!?これは釣りなのでは・・・?と疑うレベルのとんでもない女子大生と巡り会ってしまったようでした(笑)。

その後は関係を深め、1ヶ月くらい経ったころ、お互いの都合があったということでとりあえずご飯を食べに行こうとなりました。実際に会ったのは、それから1週間後です。

タイムラグがあったのはお互いに大学の部活が忙しく時間があいませんでした。早く会いたい気持ちと緊張でなんともいえない1週間でした。

初対面の時にやらかしてしまった・・・

いよいろ当日。札幌駅で14時頃待ち合わせにしました。お互いにバスと地下鉄で現地に行きました。初対面すると思うと緊張が1番でしたが楽しみという部分も大きかったです。

いざ会ったとき、普段女子大生という人種と関わりがない為、めちゃくちゃ緊張したのを覚えています。当日待ち合わせしているときも手汗が半端じゃなかったくらいですから、その緊張はすさまじいものでした。

(ほんとに来るのかな・・・)

「えー、と・・・やずさんですか?」
「え!あ、はい!はじめまして・・・」

そこに現れたのは男でもなく、とんでも不細工でもなくどこからどう見ても普通の女子大生でした。

こんな子がそんなにエッチなのか疑ってしまうほど普通の女子大生であったので、ついつい口が滑り、自分「本当にそんな経験豊富なの・・・?」と、出会って数秒なのに聞いてしまいました。

「え・・・っと、とりあえず場所かえません?ww」
「あ・・・!すみません・・・」

(やばい・・・やらかした・・・)これは終わったと思いとぼとぼとその子についていき、雰囲気の良い喫茶店に入りました。

しかし、性格も天使な女子大生だった

とりあえず、お互いに軽食を頼んだあと、彼女からさっきの回答を話してきました。

「さっきの質問ですけど・・・まあ、豊富な方かもしれませんw」
「あ、いや・・・なんかいきなり聞いちゃってすみません・・・。」
「全然大丈夫ですw」

どうやらエッチなうえに性格も天使である子でした。その後は少しずつ打ち解けていき、彼女の詳しいプロフィールが分かりました。
・現在は薬学部にいるが、周りの異性がお堅い人が多く、自分とは合わないから出会い系をはじめた。
・女子大生であるうちに遊びたいのと、元カレからいろいろ仕込まれたのでそれを発散させてくれる相手を探していた。

こんな感じの子でした。確かに薬学部にいるとは思えないくらい話した感じがとても柔らかい印象で、お堅いやつとは合わないだろうなという印象でした。

チンコがデカイのが決め手!エロ女子大生からホテルに誘われた

それから色々と話をして店を出ようとなった時に、いきなりホテル行きが決定しましたww

「このあとどうする??」
「んー、俺はまだ時間に余裕あるけど」
「じゃあさ・・・いこっか?ホテル」
「はぇ・・?」

これは後日聞いた話なのですが、自分からこんなに誘うことはないらしく、この時は話をしてとても雰囲気が自分に合っていると感じたこと、話の途中で僕の息子の大きさが大きいというのを聞いて是非してみたいと思ったとのことでした。

そのまま流されるようにホテルに行きました。とりあえず、お互いにシャワーを浴びベッドに入りましたが、緊張のため何もできませんでした。

ですが、彼女がこちらに抱きついたのを皮切りに、緊張の糸と理性の糸が切れて彼女の唇に吸い付きました。とても柔らかく頭がくらくらしたところに彼女の方から舌を絡ませてきました。

すず「んふ・・・んはぁ・・・もっとして・・・」

女子大生のフェラでイキそう!!

お互いを貪るようにキスを交わし、いつの間にかギンギンになっていた息子をすべすべの肌に押し付けていると、柔らかい手で軽くしごき始めました。

「すごい・・・ほんとに大きいね」
「そうかな?」
「うん、今すぐにでも入れてみたい・・・。」

彼女は恍惚とした表情でそんなことを言いながら手でしごくのをやめ、いきなり奥までくわえてきました。

「・・・うっ・・」
「くちゅ・・・ずず・・・んはぁ、きもちい?」
「ああ、すぐ行っちゃいそうかも・・・。」
「そんなに?じゃあもったいないから、もう入れて?」

あまり経験のない自分からしたら彼女のフェラは頭が溶けてしまいそうなもので、本当にいってしまいそうになりました。

口でイってはもったいないと思い前戯なしで挿入!そして中出し

「入れるよ?」
「いいよ・・・・んん!!」

そういえば前戯してないな、と思いましたが既に大洪水の状態でそのまま奥まで入ってしまいました。

「やっぱり・・・おおきいね・・・すごくいい・・」
「俺も・・・すごい・・・!!」

そこからは彼女の体を貪るように腰を動かし、彼女もまた僕を貪るように腰を押し付けてきました。さらに女子大生としているんだと考えれば考えるほど、興奮度合いがどんどん増していきました。そのため、すぐに絶頂してしまいそうに。

「やばい!いきそう!!」
「んんん!!そのままいいよ!!!」

彼女の返事を聞きそのまま中で果ててしまいました。

「すごい・・・まだ出てる・・・」
「こんなに出てるの初めてだわ・・・」

中出しセックスをするセフレに!出会い系って凄いと感じました。

お互いに余韻に浸り、ベッドでしばらくゆっくりしてから二人して物足りなかったのでそのまま2回戦に突入しました。結局3回したところで、時間的に厳しいということでその日はお開きになりました。

「すごいよかったね!」
「うん。こんなに出ると思わなかったわ。」
「じゃあまた会おう!」

その後は、お互いの都合の合う日は時間の許す限り中出しセックスしまくり、関係は僕が大学を卒業するまで続きました。

関係を続けたかったのですが、大学卒業にともないその場所を離れるので物理的に会う事が困難になるのが大きな理由です。お互い会いたくなるからと連絡はとっていません。

まさか人生でこんなにエロい女子大生に出会えると思わなかったので、出会い系って凄いと痛感した出来事でしたww

金欠の巨乳人妻と車内F割(割り切り)プロより上手いローリングフェラで即射精

[box color=”pink” title=”注意”]

当サイトは割り切りをオススメしていません。

※こんな事が実際に行われているんだという、日本の現実を発信するために記事にしています。

今回の割り切りをした人妻は夜のお店で働きながら、子供の病気のためにお金を稼いでいました。しかし、それだけではお金が足りず、出会い系で割り切りをしてお金を作っていたのです。

母親は子供のために自分を犠牲にしています。誰も助けてくれません。これが現実です。[/box]

ニックネーム たけし
性別 男性
現在の年齢 30歳
いつの話? 1年前の29歳
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 自分は29歳会社員(経理)。自称フツメン。180cm。がっちり体型。ぱっと見は草食系。彼女いない歴3年。独身。

相手は37歳人妻。水商売をしている。美人熟女(土屋アンナを少しふくよかにした感じ)、160cmくらい、バストがEカップのグラマー体型。ギャル系&お水系。子供は高校生、中学生の2人。旦那はいるが詳細は不明。

今回の出会いの戦略 とにかく安い金額で抜いてくれる人を募集。「車内F割募集」というキーワードで掲示板投稿。
相手と会うまでに掛かった費用 サイト内でポイント3,000円。ガソリン代で1,000円くらい。

車内F割は安く抜いてもらえるが、女性はあまりしたくない

彼女がいない時の性欲処理といえば、風俗行くか出会い系で割り切り募集するかですよね。でも、大体15,000円~20,000円くらいが相場ですし、レベルの高い女の子を相手にしようと思ったら30,000円以上かかってしまいます。

年中ムラムラしてる独身男性にとっては、利用するペースも多くなってしまうので、毎回そんな金額を払う訳にはいきません。

なので、私は出会い系でも「車内F割」といういわゆるプチ援交をメインで募集してました。車内なのでホテル代不要なのと、フェラだけなので金額は安く済みます。しかも、人妻なら5,000円~6,000円くらいで抜いてくれます。

※車内F割とは、車の中でフェラをするだけの割り切り。簡単に出来るが金額が安いので、女性としてはあまりしたくない傾向にある。

出会い系の掲示板書き込みは、1日1回無料なので、投稿を日課にしている

ある日、いつものように出会い系の掲示板に割り切り募集の投稿をしました。投稿したカテゴリーは、アダルトです(ワクワクメールでは「その他」表記です)その中の「すぐ会いたい」のカテゴリーです。

[blockquote]「車内F割してくれる人妻さん募集!条件と場所教えて下さい!」[/blockquote]

1日1回までは掲示板投稿が無料なので、仕事終わった21時くらいには、とりあえずこうした割り切りの投稿を載せるのが日課です。ただ出会い系の女の子って「ゴム有ホ別20,000円」みたいな条件が多くて、正直F割ってあまりレスポンスよくないです。

フェラのみの割り切りって返信があったらラッキーって感じです。返信があっても50代前後のおばちゃん、なんてこともよくあります。人妻好きとはいえ、せめて30代後半くらいまでじゃないと勃ちません。

その日も、投稿後は閲覧されてないかチェックしたり、女の子の募集が無いか掲示板を見たりして待っていたのですが、その日は珍しくすぐに返事がありました。

[blockquote]「まだ募集されてますか?!遅い時間でもよければ会いたいな!0.6でどうですか?!」[/blockquote]

プロフィールを見ると「じゅり」さんという37歳の人妻さんでした。登録したばかりのようで写真は無かったですが、とりあえず許容範囲内の人妻さんが釣れただけでも良しとします。

待ち合わせまで時間があるので、人妻のフェラ動画で気分を高める

すぐに返事を返します。

「0.6オッケーです!何時でも大丈夫!何時くらいになりそう?どこ行けばいい?」
「まだ仕事中だから1時くらい!女神大橋の駐車場で待ち合わせしよう!」

ずいぶん遅くまで働いてるんだなぁと時間を見たところ、まだ22時くらいです。約束の時間までは大分待つことになりますが、頭の中はフェラして貰うことで一杯 なので、全く気になりません。

そのまま待ち合わせの約束をし、自宅で2時間ほどダラダラしたりエロ動画を見て過ごした後に、車で待ち合わせ場所まで向かいます。

自宅から大体30分くらいの場所なのですが、途中コンビニに寄ってトイレに行ったり、ポケットティッシュを購入するといったフェラして貰う準備を済ませます。

待ち合わせ場所に着いたら、車内で煙草を吸ったりスマホで「車内フェラ 人妻 動画」と行ったワードで検索し、気分を高めてました。

途中、駐車場に車が数台入ってくるたびに、中の人をそわそわしながら確認するのですが、女性1人でないことがわかる度に「早くこいよ」と1人で悪態をつきます。

風俗の待ち時間と似た感覚ですね。とりあえず早く気持ちよくなりたい。

割り切り人妻はデブじゃない感じ!ハズレじゃなかって良かった

そこから40分くらいすると黒い軽自動車が駐車場に入ってきました。ちらっと中を確認すると女性が1人。遠目に確認できる程度ですが、お水系というかちょっと派手な感じです。

でもデブとか遠目からわかるようなハズレではなかったので全然オッケーです。駐車してすぐに携帯を開いて文字を打つ仕草をしていたので、この人だと確信しま
す。

「遅くなってごめん!今着いたよ~!着いてる?!」
「着いてるよ!エンジンかけてる黒いフィット!煙草吸ってる!」

連絡が来たので返事を打ったところ、女性が車から降りてこちらに向かって来ます。助手席側の窓越しにこちらを見て「だよね?!」と合図を送って来たので、こちらも合図をして車内に招き入れます。

一番の当たりは巨乳!人妻で巨乳はたまりません

「遅くなってごめんねぇ~!待った?!てかちょっと待って!すごいイケメンじゃん!」

派手な格好の通り、えらくテンションが高いです。十中八九、お水系のお仕事をされてる方でしょう。お顔も結構メイクがケバいのと、37歳らしく少し年いってそうな見た目ですが、割り切りでフェラしてもらうには、決してハズレではありませんでした。

むしろ人妻らしい色気があってエロいです。昔はものすごく美人だったんだろうなぁって印象でした。

なにより、お顔以上に目を引いたのが、服の上からでもデカいのがわかるバストでした。決して垂れてる訳ではなく、しっかりとパツンパツンに張り出しております。

心の中でガッツポーズしてました。巨乳の人妻に今からフェラしてもらえる、と考えただけで服の中でチンポが勃ってるのがわかりました。

「てかごめんねぇ、家に子供いるからあんま長くはできないんだ!だからホラ、早速だけど脱いで?」
「あ、先にお金貰えるかな?!」

こちらもチンポは準備OKなので、展開が早くて助かります。

あらかじめポケットに用意していた6,000円を手渡すと「ありがとうございま~す♪」と嬉しそうにお金をバッグに仕舞いました。

「たったの6,000円の割り切り価格で旦那以外のチンポをしゃぶるんだなぁ」「遅い時間なのに子供を家に待たせておいてこんなことするんだなぁ」と考えると、正直より一層興奮します。

人妻のフェラは舌が良く動くが、今回も例外じゃなかった!!

早速、ズボンをパンツごと下ろして既に勃起したチンポをあらわにすると、

「わぁっ!すごい!おっきいねぇ!」と嬉しい反応を見せてくれました。

そのまま助手席から身を乗り出すように顔をチンポに近づけると、いきなり亀頭全体を咥え込んできました。咥えるとすぐにじゅりさんの舌がグリングリンと亀頭全体を舐め回すように動いているのを感じます。

思わず「うおっ?!」と声を出してしまうくらい気持ちよかったです。

人妻さんのフェラって結構な確率で舌がよく動いて気持ちいいんですよね。旦那さんに長年やってあげることでフェラテクが鍛えられていくんでしょうね。

ただ、これまでフェラしてもらった人妻さんの中でも、じゅりさんのフェラはダントツでアタリです。しかし、じゅりさんのフェラテクはまだまだこんなものではありませんでした。

フェラ上手すぎ!秘儀ローリングフェラで、すぐ射精しそうじゃん

亀頭を咥え込んだまま、舌の動きが止まったかと思うと、いきなりすごい勢いで首を支点に頭全体を回転させるような動きを始めたのです。これまで風俗でも体験したことがないようなフェラです。

音も「じゅぽっ!じゅぽっ!」と凄い音を立てながらチンポにむしゃぶりついてました。心の中は「うわっ、すごいなこの人妻!」と驚きと興奮で一杯でした。

しかし、完全に初めて受けるチンポへの刺激で、一気に射精感がこみ上げてきました。

デカイおっぱいを揉みしだきながら射精

こんなに早くイってしまったら勿体無い!と思い、気を紛らわそうと手を伸ばして服の間からじゅりさんの胸を触りました。若い子のようなハリはありませんが、大きくてすごく柔らかいタイプのおっぱいです。

気を紛らわすどころか、完全に逆効果でした。鷲掴みするようにむにゅむにゅとおっぱいを揉みつつ、股のところでグリングリン頭を回しているじゅりさんを眺めていると、あっという間に終わりが近づいてきました。

「あ、そろそろイきそう・・・」

と伝えると、空いた手でチンポの根元を握り勢いよくシゴきはじめました。頭は相変わらずローリング回転しながら、舌もよく動いて先端を刺激し続けてました。

「あぁっ・・・イクっ・・・!」

情けない声を上げてそのままじゅりさんの口の中でイッてしまいました。フェラでイかされる最短記録だったと思います。

射精中もじゅりさんはそのまま根元を刺激続けつつ、頭の動きをだんだんゆっくりにしていくなど、最後まで搾り出すようにしゃぶってくれました。

出会い系には訳ありで割り切りをする人妻が生息しています

全て出し終えたくらいに口をチンポから離すと、準備していたティッシュに精液を吐き出し、「すごく一杯出たねぇ!溜まってたの?!」と満面の笑みを浮かべてました。

「いやぁ、こんなすごいフェラ初めてされました!今までで一番気持ちよかったです!」
「ほんとぉ?!よかったらまたバイトさせてね!」

正直な感想を告げると、またチンポをしゃぶらせろ!!と言わんばかりな発言。そして、嬉しそうにニコニコしながら、チンポをティッシュで綺麗に拭いてくれました。

しかし、この人妻はバイト感覚で旦那以外のチンポをしゃぶるのか??と思ったので、これまた正直に聞いてみました。

「絶対またお願いする!でもよくこういうことしてるの?」
「お金がいるんだよねぇ・・・上の子が病気で病院代がかかるし、夜の店で働いてるんだけど全然足りなくて・・・」
「お金がいる時は連絡頂戴!時間が合えばまた会うから!」

と、かなり訳ありな雰囲気を出してきたので、とりあえず、その場でラインを交換して別れました。

その後も、割り切りで数回待ち合わせしてローリングフェラで抜いて貰いましたが、ある日突然連絡が取れなくなってしまいました。お子さんの病気のことなど少し気になったりしましたが、何よりあのローリングフェラをもう味わえないのが残念でなりません。

出会い系でアナルに興味がある人妻を旦那から奪いアナルセックスした体験談

ニックネーム みなも
性別 男性
現在の年齢 28歳
いつの話? 2年前の秋ごろで26歳
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 僕は広告代理店勤務の26歳。塩顔のフツメン。175cmで痩せ型。アンニュイ系。独身、彼女なし。

相手は32歳の人妻。155cm。小柄で細身。かわいい系。結婚5年目で子どもが1人。

今回の出会いの戦略 アブノーマル掲示板でアナルに興味がある人を募集。足あとやメールを待つスタイル。
相手と会うまでに掛かった費用 登録時にもらえる無料ポイントのみ

ストレートにアナルセックスがしたいと掲示板に書く

僕がアナルに興味をもったのは、大阪の秘密倶楽部というM性感風俗に行ったのがきっかけでした。そこでは、女性が僕のアナルに、指やおもちゃを入れるプレイをするのですが、ある日ふと、自分がやる側に回ってみたいと思い立ちました。

そこでワクワクメールのアブノーマル掲示板に、アナルセックスをさせてくれる方を募集する投稿をしてみました。出会い系サイトで今まで出会ったことがなかったので、どう書けばいいのか分からなかったのですが思いのまま書きました。

※この掲示板の書き込み例文は、こちらからご覧下さい。

最初の方はサクラなのか業者なのか、怪しい連絡がきていたのでほとんど期待してなかったのですが、2日後くらいに、こんなメッセージが届きました。

[blockquote]「はじめまして。32歳で専業主婦をしています。

旦那とはできないアブノーマルなプレイに憧れるのですが、出会い系サイトで知り合って会うのも怖いです。

もしご迷惑でなければメールでお互いの願望や、ちょっとエッチな話をしてもらえませんか?」[/blockquote]

出会い系に登録してるくせに、会うのはちょっと・・・というニュアンスのメッセージだったので残念に思いましたが、他に相手もいなかったのでメールをしてみることに。

人妻ということに惹かれたのもありますが笑

時間が合わずメールが出来る回数が少ないが、それでも根気よく続けた

僕は昼間仕事で、相手は結婚している手前、夜にあまり連絡をとれない事もあって出会い系サイト内で1日4~5回ほどのメールをする関係になりました。

ちなみに、女性の名前はユカさん。32歳で結婚5年目、子どもは4歳になる息子さんがいるそうです。

旦那さんとの夜の生活も月1程度はあるので不満というわけではないが、マンネリ感を感じていてアブノーマルな妄想をするようになったみたいです。

出会い系サイトへの登録も、僕と同じく初めて登録したばかりでした。

最初は警戒されつつも、色々な話をしていく中で、僕が風俗でアナルを開拓済みなこと、その最中に前立腺でイッたことなどを話すとかなり食いついてきました。

「アナルに入れられるのってどんな感じ?」
「気持ちいい?」
「指以外に何入れたことある?」

など質問攻めにあいます。質問に丁寧に答えていたのですが、ひょんなキッカケで会う約束を取り付けることに成功しました。

「そんなに興味あるなら旦那さんにしてもらったらいいじゃないですか」
「今さら旦那とそんなこと絶対ムリ!」

「じゃあ僕としましょうよ。」
「不倫になるやん」

「いやいやこんなサイトに登録してる時点で笑」
「たしかに笑 うーん。。絶対絶対秘密厳守でできる?」

この後、日時と場所を決めることになりました。約2週間のメール攻撃が実った瞬間でした。

会ってホテルへ直行!アナルをひたすた攻める

出会い系サイトでは、お互いに顔を公表してなかったのですが、待ち合わせ場所に現れたユカさんは小柄で、なかなかの美人さんでした。ぎこちない挨拶を交わしながら、とりあえず行きますかってことでホテルに直行。

「どうしよ。。こういうの久しぶりすぎてめっちゃ緊張する。。」
「じゃあスキンシップもかねてお風呂一緒に入りましょう」
「えーw」

さすがに洗いっこはしませんでしたが、湯船の中でくっついてイチャイチャしながらアナルの入り口を触ってみました。

「こしょばいw やっぱり指とか入れたらう◯こついちゃうんかなー?」
「そういうところは見たことないから分かんないですけど、ゴムとかつけたら大丈夫じゃないですかね?」

そんな話をしながらベットへ。まずは普通のセックスみたくキス、乳首攻め、クンニ等してあげると大洪水です。

「やらしい汁がお尻の穴まで垂れてますよ。ローションいらないですね」
「やん…そんなこと言わんといて…」

これが正解か分からないですが、ゴムを指につけてアナルのまわりを触りながら、ちょっと力を入れると、スルン!

「あっん!」
「入っちゃいましたね。。」

アナルを指で弄りながら、もう片方の指でマンコも弄ってあげると、ビクンビクンして何回もイッているユカさん。

「あんっ!あぁあん!なにこれ気持ちよすぎ…全然違う…」
とやみつきになった様子。

「そろそろ入れたいです。。」
「いきなりアナル…?」
「今日はそういう目的なんでw」

マン汁でグッチョグチョになったアナルに、ちんこを当ててスリスリしていると、グッチョグチョのせいか簡単に入ってしまいました。

「痛くないね…変な感じやけど気持ちいい」
「めっちゃキツくてヤバいです」
「おかしくして」
「あ、もう動いただけでイキそう、、あっあっあかん…」

シュチュエーションもさることながら、この日のためにオナ禁してたので5回ほど腰を振ったところで僕はイッてしまいました。かなりカッコ悪い感じで終わってしまいましたが、ユカさんは大満足だった様子です。

アナルセックスする友達になりました

その日は「アナ友になろうね」と謎の約束をして解散しましたが、その後も定期的にあってアナルセックスの開発をする仲になりました。

おもちゃを使ってみたり、逆に僕もされるようになったり。僕はそうでもないんですが、ユカさんはもう普通のセックスだけじゃムリらしく、旦那さんとはすっかりご無沙汰になってしまったみたいです。旦那さん、ごめんなさい。。

秘密倶楽部で働く女の子に聞いた話ですが、拳まで入る人もいるそうです。そこまでのレベルになったらどうしようと考えつつ、しばらくこの関係を楽しみたいと思います。

【出会い系】メンヘラ女は扱い方さえ間違わなければ超便利に言う事を聞く

ニックネーム 土門
性別 男性
現在の年齢 38歳
いつの話? 8年前の春
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 自分はアパレル会社勤務の30歳。爽やかな見た目を意識したフツメン。181cm。ややぽちゃ体型。基本的におっとり優しい性格ですが性癖は超ドS。彼女なし。

相手は42歳フリーター。自称かわいい系だが、実際には無理に若作りしたおばちゃん。143cm。ぽっちゃり体型。天然系。バツイチ 中学生と小学生の子供2人あり。

今回の出会いの戦略 ワクワクメールの日記機能をうまく活用することで、ポイント消費を最小限に抑える戦略です。会うまでに時間がかかるのがネックですが、かまってちゃんな30代や40代を狙い打てば意外と簡単に会うことができます。
相手と会うまでに掛かった費用 ポイント3000円。カラオケ2時間800円。

出会い系でメンヘラ女を見分けるのは難しい

出会い系で、いつでもセックスできる相手を見つける場合、メンヘラ女をターゲットにする事が重要です。

彼女が欲しい!ゆくゆくは結婚も視野にといった方にはオススメできませんが、セックスだけの都合のいい女を捜すときにはメンヘラ女は美味しい獲物となります。

正直、出会い系でメンヘラをプロフィールだけで見極めるのは非常に難しいです。

男性不振や会う気が無いようなプロフィールの女がメンヘラには多く、同様のプロフィールには、ポイント稼ぎの女性もいるので、無駄なポイント消費に繋がりますのでご注意を。

日記に「病院」というワードがあるシングルマザーを攻める

10年近く出会い系でセックスだけの都合のいい女を作っていた私は、当時、関係を維持するのに一番楽なメンヘラ女を狙い打っていました。

ポイント消費も抑えながらお金をかけずにゲットするために編み出したのが、時間はかかるけど、ポイント消費の無いワクワクメールの日記機能の活用です。

当時日課であった近隣地域の女の日記を渡り歩いている中、名前に「日記専門」とわざわざ書き加えているバツイチ40代の千夏(仮名)の日記を発見しました。

日記の内容は定期的に通う病院のことや子供のことなど、本当に出会い系の日記の中でもどうでもいい内容のものばかりでした。

プロフィールは、バツイチ・40代・無職・子あり、すぐに会う気が無いことを前面に押し出しています。

日記には定期的に「病院」というワードがあり、メンヘラ率が非常に高いと確信した私は、最新の通院記事に対してコメントを書き込むことにしました。

「初めまして、自分も○○病院は良く行きますが、待ち時間が長くて大変ですよね。(笑)」
「コメントありがとうございます。そうなんですよ!予約してるのに何時間も待たされて疲れちゃいます。(涙)」

こんな何気ないやり取りからメンヘラ女攻略は幕を上げました。

【ステップ1~2】出会い系でメンヘラを攻略するための、コメントとメールの使い分け方と注意点

千夏は1日1~2回、日記を更新するので、毎回コメントするだけでなく、コメントを使って別のユーザーに見られても困らない内容の会話を何度かすることを目標にしました。

たわいの無いコメントでの会話でも、1週間もすれば打ち解けるもので、千夏のこちらに対してのコメントが、踏み込んだ内容や馴れ馴れしい態度に変わってきたら次のステップです。

寝る前にその日のコメントのやり取りなどを踏まえた内容と、おやすみのメッセージをコメントではなくメールで送信しました。

そうして距離感が近くなったように感じさせることで、その日にあった愚痴などコメントでは書けない様な内容を、メールで送ってくるようになりました。

メンヘラ女は依存性も非常に高いので、少しずつこちらに依存させるように仕向けるのがコツです。

仲良くなるとメンヘラはメールで愚痴を言ってきたりします。愚痴など正直どうでもいいことですが、そこはセックスの為とぐっと我慢して、優しく返信してあげることも必要です。

「肯定・共感」こそ、メンヘラ女の大好物なので、絶対に「否定や頑張ろう」などは言わないでくださいね。

このメンヘラの場合、元夫のDVが原因で躁鬱などなどを発症したようですので、辛い体験をしているのは事実なんで、優しく、そして味方だと思われるようにしました。

【ステップ3】電話番号をゲット!注意点はコメントをやめないこと

千夏からの愚痴メールが送られてきて1週間くらいした時に次のステップに進みます。

「メールだとすぐに返信できないし、思っていることを書き起こすのはなかなか難しいから電話で話さない?」

と提案した所、千夏は即答で番号を教えてくれました。

ここまでくれば会うまでにポイントの消費も無いので、「この勝負いただいた!」となりがちですが、日課となっている日記へのコメントは面倒でも継続しました。

電話番号を知った瞬間から、日記への書き込みがなくなると、いらぬ不信感を抱かせてしまうので、ここは用心深く行くことにしました。

数回電話をしてから会うまでは時間がかからなかった

電話番号を交換してからは、夜に電話で話すことが恒例となり、内容は千夏の今日1日の出来事や愚痴がメイン。こちらは完全に聞き手に徹して、千夏のことを肯定しながら優しい言葉をかけてあげました。

数回電話をしてから実際に会うまでは、数日しかかかりませんでした。カラオケが趣味だといっていたので、当時、千夏の家の近所にあったカラオケ店へ、私が休みのときに一緒に行く事になりました。

当日の千夏は赤のミニスカートにロングブーツという40代には似つかわしくない、かなり気合の入った服装で来ていました。

千夏の第一印象は髪を茶色に染めたウェーブのかかったロングヘアに、派手な服装でしたので遠めに見たらかなり美人!?なのかと思いましたが、目の前まで行くと普通の40代のおばちゃんが無理して若く見せようと無理しているイタイ女でした。

カラオケで愛撫>

カラオケに入るも千夏は緊張しているのか、もじもじして謡おうとしないだけでなく、会話も弾まないので、ここはひとつ私から挨拶代わりに1曲、十八番の曲を歌うことにしました。

私が歌っている間に、少しは緊張がほぐれたのか、歌が終わる頃には部屋に漂っていた変な緊張感も無くなり、電話で話しているときのような明るいトーンで話をしてくれました。

2時間のカラオケも終盤にさしかかった頃を見計らって、ラブソングを千夏の目を見つめながら歌うことで、いっきに雰囲気を作ってから、向かい合って座っていた席を真横に移動しました。

ミニスカートから覗く生足をなでると、千夏はビクっと体が反応するも嫌がるそぶりが無かったので、その後カラオケが終わる十数分の間、ソフトタッチの愛撫を敏感な場所をあえて触らずに続けました。

お金がもったいないのでカーセックスにしました

カラオケが終わり中途半端に発情した千夏を尻目に言ってやりました。

「カラオケ楽しかったね。(笑)次はどこに行こう?」
「いじわる」

千夏は小さな声でただ一言だけ言うと黙ってしまいました。

車で日中にはまず人気の無い(あっても営業のサラリーマンが昼寝しているだけ)河川敷の駐車場に移動しました。雰囲気的にホテルへ直行も十分出来たのですが、お金が勿体無いのでカーセックスにしました。(汗)

車を止めておもむろにミニスカートから覗く太ももをなでると千夏は控えめに「アッ」と声を上げながら体をびくっとさせていました。

そこからはカラオケ店とは打って変わって本格的な愛撫を開始することに。パンティーの上から優しく撫でるともう既にオマンコはぐっちょりと濡れており、スカートの中は蒸れて温度が高くなっていました。

手マンで潮吹き

これなら遠慮なく一気にトップスピードで大丈夫だと判断して、パンティーを剥ぎ取りぐしょ濡れの千夏のオマンコに、指を2本入れて無遠慮にかき混ぜました。

数分もしないうちに、「やめてー!!」を体をびくつかせながら連呼しています。お構いなしにかき混ぜていると「い・い・・い・・・いっちゃうーーーーーーーーー!!!」と叫びながら盛大に潮を吹いて果ててしまいました。

車のダッシュボードと助手席のシートが潮でびしょびしょになる中、心の中では「先週新車で購入した愛車がおばちゃんに汚された・・・。」と涙を流しながらも

平静を装いながら千夏に向かって「潮吹いちゃったね。」というと、千夏は恥ずかしそうに顔を両手で覆って「とめたのに無理やりやるから・・・潮なんて吹いたの何年ぶりだろ・・・」と答えてくれた。

フェラ・69・生挿入・中出し・潮吹き

そこから今度は攻守を変わり、フェラチオで気持ちよくしてもらうことに。しかしここで衝撃的な事実が発覚することに・・・千夏のフェラチオが致命的に気持ちよく無いのです。

とてもじゃないがいけそうに無いので、色々と他のエロい事を妄想するも、いつしか手持ち無沙汰になり、後部座席をフラットにした広いスペースに移動して、69の体勢でフェラをしてもらいつつ、千夏をいかせて楽しむことにしました。

何度も千夏の潮を顔面に浴びる中、まったくいけそうに無いので、さっさとオマンコに挿入していってしまうことにしました。

いき過ぎて痙攣しながら意識が朦朧となっている千夏のオマンコに生で挿入し、最初からトップスピードの腰振りをすると手マンの時より大きな声でいきなり千夏が叫び始めてびっくり。

「イヤー出ちゃうーーーーー噴いちゃうからやめてーーーーーー!!!」

今度は挿入されて潮を噴くのかと思いながらも、無視してピストンを続けていると、小刻みに痙攣していた千夏が、ガクガクと大きく体を震えさせたので、それに合わせて子宮口にチンコの先を密着させながら私も精子を注ぎ込んであげました。

精子を出し終わってオマンコから勢い良くチンコ引き抜くと、噴水かよってくらいの勢いで、大量の潮が噴いてきました。

経験人数は3人。元旦那と私。あと1人は・・・

私は出し終えて賢者モードに突入する中、淡々と千夏の潮で汚れた愛車の掃除をしながら、壊滅的に下手だったフェラチオの疑問をぶつけてみることに。

「千夏って今までの経験人数は何人なの?」
「あなたを入れて3人かな・・・」

ドストレートに聞いてみると、恥ずかしそうに教えてくれました。

前の旦那さん以外の1人は誰だろうという疑問を軽くぶつけてみると、「前の旦那が3Pしたいって同僚を混ぜてセックスした・・・」と恥ずかしそうにサラっと爆弾を投下してくれました。

メンヘラはお得なので、出会い系で狙う事をオススメします

その日を境に基本的に、やりたいときだけ会いに行って、セックスだけしてさよなら~という非常に都合のいい女になってくれたメンヘラ千夏。

セックス後にベットの中で、普段の出来事や愚痴を聞きながらフォローしてあげることは忘れずにしています。他の女が抱きたい時には、スワップ募集などにも気兼ねなく千夏を使って、今でも色々な年代の女を楽しませて貰っています。

出会い系でメンヘラ女を狙うことは、時間をかければコスパ的にも安くあがり、その後の扱いやすさもあるので非常にお勧めです。