ハッピーメールで個性的な女子大生はエロい腰つきでセックスをする

ニックネーム そーたん
性別 男性
現在の年齢 32歳
いつの話? 2年前の夏過ぎ
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 自分はIT関連の営業マン30歳。濃い顔の中でフツメン。172cm。がっしり。のんびり系。独身、彼女なし。独身

相手は18歳女子大生「るうちゃん」、可愛い、155cmくらい普通体型、髪がパステルカラーの紫でバンギャ系、彼氏なし

今回の出会いの戦略 ハッピーメールを利用している同僚から「こいつ簡単にやれるで」と教えてもらい、兄弟になるのは気が引けたが、楽にセックスできるならアリと判断してアプローチ。ログインで溜まっていたポイント消費も目的
相手と会うまでに掛かった費用 無料ポイントのみ、ショッピング代6000円、ランチ2000円

女子大生を検索で探し、メッセージを送る

いつもハッピーメールでおいしい思いや失敗を繰り返しておりますが、今回は同じ趣味を持つ同僚からの横つながりの情報で、簡単にセックスできる女子大生情報をもらったので出会いからセックスまでの体験を記します。

同僚もハッピーメールを使用していたのでプロフをスクショで送っていてもらい、該当する子「るうちゃん」を探したらすぐに見つかりました。

10代後半の表記で女子大生と記載もされています。

洋楽のロックと、アニメが好きとプロフにも書いているし、既にやり取りをしていた同僚から聞いていたので、自分のプロフの趣味の欄に記載だけ追加して、それらを交えた最初のメッセージを送りました。

[blockquote]「こんちゃ~、

プロフの写真見て凄くいい雰囲気してるな~って思って連絡しました。

昔の洋楽しかわからんけど最近どんなん聞いてるの?アニメとか今期何見ている?」[/blockquote]

よほど暇なのかすぐに返信が来て

[blockquote]「私も昔の洋楽でロック聴きますよ。アニメは何でも見てます~
ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪」[/blockquote]

と顔文字も入ってかわいい感じでした。

物を買わす気満々!でも女子大生とセックス出来るなら安いもの

昔の洋楽なら少々話はできるので、アニメも含めて雑談を交わしたあとに、流れに乗って誘ってみました。

「一回、ゆっくり趣味談話してみたいわw 今度ご飯でも行こうや、土日やとどっちが動きやすい?」
「え~いきなり?w 買い物に付き合ってくれるならいいよ」

っておい!買わす気マンマンじゃねぇか、ちょい萎えだよ。すかさず同僚に聞いてみたら、そいつも安い靴を買ってやってセックスできたと白状、言うのがおせぇよ。

どうやらその子の手口で、服飾品との引き換えにハッピーメールで相手を探しセックスをしている様子です。致し方ない、それくらいで10代女子大生とセックスが出来るならまあいいでしょう、現金のやり取りよりまだいいです。

「車も出すしいいよ、服も凄い高いわけやなかったら出したるわ、デートに誘ったのこっちやし」

と向こうへの心証だけよくして土曜日にるうちゃんと会う約束を取り付けました。

LINEのやり取りは会ってからじゃないと嫌だというのでその場では出来ず。

いざ女子大生と対面、思っていた印象と違うww

当日もハッピーメール内のメッセージでやり取りし、大阪の布施駅の近くのコインパーキングに、私が車で行き彼女が来るといった段取りです。

現場に現れたるうちゃんをみて、動揺しました。思っていた女子大生と違う!顔は可愛いのは間違いないが、全身薄い紫で、口には3つ、下唇を貫通してピアスが出てました。

セミロングの髪も、アイシャドウも、口紅も、服も、スカートも淡い紫のパステルカラーで若干ゴスロリチックな感じ、しかし口元のピアスがその雰囲気と会わなさ過ぎてちぐはぐな印象です。

これで大学に通っているならさぞかし浮いた存在だろうな。

軽めのデート!セックスの準備はOKです

まぁ、そんな事はこっちからしたら、どうでもよくて、さっさとセックスに入るために天王寺駅前のショッピングモールに出かけます。

Tシャツとブラウスをやはりパステルカラーの物をセレクトし購入。買い物しながら「後でこの服着てみてよ」と言ってみると快諾してくれたので、着替えるような場面を想定しているなら、これはいけると判断しました。

そうなれば悪ふざけもしたくなり、近くのドン・キホーテへ、買いたいものがあるからと連れていき、日用品を選びながら少し離れたすきに、アダルトのコーナーの薄紫のTバックをこっそり買いました。

近くのサイゼリヤで軽く飯を食い、いよいよこっちのターンです。

パステルカラーのパンツの中心が染みで濃くなったのを合図に生挿入

  • 服を着替える場所がいる
  • 趣味の物もある
  • 近い

という理由で我が家にすんなりとついてきて、早速、お着替えをしてもらいました。

隠れるのかと思いきや目の前で堂々と脱ぎ始めたので、慣れてやがると思った瞬間、スカートと上着を脱いでパンツとキャミソール一枚になった体のラインがエロい!

普通体系だが腰のくびれとお尻のボリュームが見事でそれだけで勃ちそうになります。着替え終わって見せびらかすので褒めちぎり、そのままハグしてベッドに腰かけさせます。

Tシャツの上から胸をもんでいると「新品やのにシワになっちゃう」というので、着替えた服を脱がせにかかります。10代の女子大生の肌の張りは素晴らしく程よい弾力でこちらの指がめり込みます。

そのまま30分ほど乳首と耳と下着の上からクリトリスを責めると、パステルカラーのパンツの中心が染みで濃くなりました。もうトロトロの準備オッケー状態なのでそのまま挿入、ゴムナシです。

思っていたより緩めの膣内だったので、乳首をつねったり耳を甘噛みすることで締めあげてもらいます。カリでお腹の方を擦り上げるようにえぐると簡単にイッたので、勢いで私も胸に射精しました。

女子大生のエロい腰振りセックス

インターバルがてらお掃除フェラもしてもらったのですが、口の中のピアスが息子を刺激します。先端をコリコリとピアスを擦られ直ぐに勃起しました。

ここで買ってきたTバックを見せます。あきれながら笑う彼女に履いてもらいシックスナインの体制になりました。エロい尻が目の前にきて、Tバックからはみ出るアナルをなめながらクリトリスを指で刺激。

また直ぐに愛液で濡らし、色が変わったTバックの隙間から騎乗でズブズブと挿れてやります。叫ぶように喘ぎながらいきなりフルパワーでAVみたいに腰を振られ、思わず出そうになるがここは我慢。

向こうが自分の好きな腰でイッたところで、体を抱きしめてスパートにしたから腰を打ち付けます。相手の事なんて考えてない射精するためだけの腰フリに、るうちゃんもビクビク体を震わせます。

2回目の射精は引き抜いた瞬間、お尻にかかり割れ目まで垂れてました。

充分に女子大生の体を堪能し、思った以上のエロさと、口のピアスのフェラに満足しました。

小物を買ったらやれるのでキープしてます

その後2回デートをしました。女子大生と気軽にセックスできる関係は魅力なのだが、やはりデートのたびに何かせがまれます。

まぁ数ヵ月に一度、連絡を取るくらいにして、別の子をハッピーメールで探すようにしようと思います。たまに小物を買い与えてセックスできるならお得なのでキープ状態です。

大学卒業までは、女子大生のブランドがあるので、継続でセックスしたいと思います。

出会い系の小柄なロリ人妻!セックスを拒むが押しに弱くカーセックスに応じる

ニックネーム そーたん
性別 男性
現在の年齢 32歳
いつの話? 27歳の秋、広島出張中
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 自自分はIT関連の営業マン27歳。濃い顔の中でフツメン。172cm。がっしり。のんびり系。独身、彼女なし。独身

相手は広島在中、23歳、人妻。可愛い。145cm幼児体系。ロリ系。1歳と3歳の子供あり

今回の出会いの戦略 広島に1ヶ月の出張なので短期決戦でポイントも結構使う。10代後半~20代前半で出張先のホテルから近い地域に手当たり次第に送信。
相手と会うまでに掛かった費用 ポイント3000円のみ

【出会いのきっかけ】ロリ人妻はモンハンが好き

私は出会い系でもプライベートでも、人妻と関係を持つのはリスクが高くて基本的に避けて通ってきたのですが、あまりのドストライクのロリ人妻に、リスク度外視で思い切りセックスした話を記します。

急な出張が決まり、どうせなら向こうであと腐れのないワンナイトの相手や、あわよくば短期のセックスフレンドが欲しかった私は、着いた初日から、出会い系を使って現地で遊べる女の子物色に精を出していました。

今回は使ったのはハッピーメール。1ヶ月の出張なので短期決戦で少々飯を奢っても、そのまま持ち帰えれるような年下の子に、ポイントを奮発して大量送信しました。車もあったので、拠点の広島駅前のホテルから近い市に枠を広げて検索です。

ピュア掲示板の飲み募集や、今から遊ぼう系の書き込みにも、メール送信します。

[blockquote]「こんにちわ~プロフィール拝見しました。

こっちに来たばっかりで遊べる人少ないので、呑みとか、趣味の話出来る人を探しています。

お願いします。」[/blockquote]

送った女性のうち数人から返事が来ました。出会い系で会うことにも慣れ始めた時期であったので、全員にテンポよく返信しました。その中の一人で一際目を引く女性がいました。

[blockquote]「モンハンしてますか?」[/blockquote]

そう返信をくれた彼女のプロフィールは、身長~149以下、普通体系、この二つだけでロリを思わせる人がいたのです。幅広いジャンルが好きですが、ロリっ子も特に好きでバックから腰を抱えてセックスしたい欲がこの段階で出ました。

出張期間も限られていますし、このロリっ子だけに絞りアプローチしようと思いました。

ロリ人妻に懸命にアプローチ

何としても落とそうと思ってこのかおりちゃんは慎重にアプローチしました。出会系とモンハンくらいしかしていなかったので、話に乗っかり攻略のやり取りで距離を縮めます。

ある程度の段階で、持っているモンハンのフィギュアの話になり「画像たくさん送るからLINEにしない?」というと「いいよ~IDはね~○○」と一切抵抗なく教えてくれます。

おお、普段自分の相手をしている関西方面だとあり得ないくらいあっさりと地方の子は教えてくれるもんなのだなと出会い系の可能性に感動しました。

下ネタまで出来る関係になれば会える

LINEでもやり取りは最初に互いの写メ交換して、印象は割とよかったです。私の印象は雷に打たれたかのような衝撃で「絶対にこの子とセックスしたい」と思うほど想像以上のロリ体系と顔でした。

忙しくいていて普段はスーパーでアルバイトをしていることや、昔働いていた眼鏡屋のバックヤードで店長とセックスをした話などの下ネタとかも話せるような状態になりました。

軽めの下ネタも行けるようになれば機は熟した!

そう思い、早速ご飯に誘いますが、土日は用事があって無理と言われます。会えるとしたら、家族の関係で平日の夜、しかも22時以降しか無理と言われました。

この段階では単に実家暮らしとしか思っておらず、人妻とは微塵も思っていませんでした。

可愛すぎるロリ人妻

平日に会えるなら土日よりも会えるチャンスが多いのでむしろ大歓迎、時間も遅いしドライブデートをしようと提案し、2日後の夜に合うことになりました。最初のメールから1週間ほど経ったころでした。

拠点のホテルから車を走らせて30分指定のスーパーの駐車場に車を止めて待っていると、こちらをのぞき込む影があります。窓を下げて名前を聞いてみました。

「かおりちゃんですか?」
「そうですよ~1台しか止まってないからすぐわかったw」

声までアニメ声で可愛らしいじゃないですか!

写真も無加工だったのでイメージはしていましたが、実物で見るともっと可愛いです。服もパステルカラーのピンクとロリらしさを演出します。

エッチな気持ちは見透かされていた

スーパーで簡単な飲み物を買っていたのでそのまま出発して海沿いの街道をしばらくデートしました。

「ほんとにこの辺内もないね~w」等のたわいもない話をしながら、ふと、このままセックスまで持っていくなら門限を聞いてみます。

「そういやお父さんお母さん心配とかしない?時間とか制限あるの?」
「一緒には住んでいないよ、子供たちが寝付くまで出れなったからこの時間いなったけど、旦那も夜勤だし大丈夫」

全然大丈夫じゃねぇ!テンション激萎えです。まさかこんなロリっ子が出産まで経験した人妻だったとは、もう開き直りです

「え~人妻やったんか、それやったら狙われへんやんw」
「セックスはさすがにダメやけど手くらいならいいよ、どうせヤリたかったんやろ?」

しれーっと、おどけて言ってみたら、見透かした反応でした。

何となく下に見られている感じがする言い方に少しムッとはしましたが、快くご厚意は受け取ろうと、海沿いのドライブコースの自販機とトイレのある簡易の休憩所の駐車場に移動しました。

いろんな過程飛ばして手コキから口内射精

サイドブレーキが邪魔なので、後部座席に移り手コキをしてもらいます。

早速、下を全部脱ぎ、既に勃起した息子を差し出すと片手に唾を付けてロリ人妻の小さな手でしごいてくれます。彼女の癖なのか息子の先端の匂いを嗅ぎながら扱く姿が非常に興奮します。

少し意地悪で「旦那に仕込まれたの?」と聞くと笑いながら「セフレにw」といいます。

とんでもないロリ人妻です。既に不倫している状態で、出会い系で初めてあった男の息子をしごくなど、どんなけビッチだよ!でかそれなら俺もセックスさせろよ!

そう思い始めたら少し強引になって、匂いを嗅いで手コキしている彼女の頭を少し抑えて息子に口が当たるように仕向けます。少し抵抗はありましたがそこまで強くなく、すんなりと咥えます。

フェラまでいけばこっちのもの。フェラされながら胸やお尻を触っても嫌がりもせず、艶っぽい声を上げるだけです。

「アソコ見たいから脱がすね」

といっても、反応がありません。感じているようです。指を入れても特に抵抗がなかったので、「セックスはしない」と言われたのも、人妻だからとりあえずは言っているように感じ初めました。

フェラにしても、1度咥えたらよだれを絡めて美味しそうにすするようなフェラです。。あまりの上手さに1発目の濃い精液を人妻の口に遠慮なく出しました。

車内でバック!小柄な身体でやりやすかった

それでもまだフル勃起が収まらず、かおりちゃんをシートに寝かせて下着をずらし充分にドロドロに濡れている事を確認して「挿れるぞ」と耳元でささやいて、返事を待たずにセックスを始めました。

行為が始まってから最初から最後まで言葉でも態度でも抵抗はなかったですし、押しに弱いか、あるいは彼女も本音はしたかった、のいずれかと判断しました。だいたい女ってこんな感じです。本音を言わないものです。

膣内は出産をしたとは思えないほどのキツさをもっており、無我夢中で中まで突きまくりました。体位を途中でバックに変えて思い切り腰を打ち付けて2回目の射精を完了です。

コンパクトカーなんで狭かったのですが、助手席を前に倒すのとスライドさせて後部座席の空間を広めにとりました。それでも狭かったのは狭かったですが、相手が小柄だったことで助かりました。

こんなにエロい人妻ならアリ

私は翌日も仕事があるので彼女を送りながらの帰り道でずっと控えめな胸をじかに触っていました。出張が終わるまでの間に結局4回会って、なんだかんだ言いながらも最後はセックスをさせてくれます。

押しに弱い相手でよかったです。

今まで出会い系では人妻を避けてきましたが、今回の経験でこんなにエロいならあり!と思えるようになりました。v

シングルマザーはエロい!でも変態プレイを強要して怒られましたwww

ハッピーメールで出会った、どすけべなシングルマザーとの激しいセックスを体験した私はもう性の虜になってしまいました。

当時のプロフィール 私は食品会社勤務の29歳。177cm68kgで痩せ型ですが筋肉質。フツメン。芸能人で言えば松岡修造。格好がストリート系やB系なのでいかつい系。性格は穏やか。独身。彼女やセフレなし。

相手は28歳、子供1人のシングルマザー。レストランの調理パート。145cm、40kg、細身。顔は小さく目がぱっちりの猫顔。穏やかな清楚系です。パートナーはおらず、メル友が2人いる。

前回の体験↓

今度はこのシングルマザーと、どんなエロいことをしようかと、悶々とする日々が続いたのです。初めての出会いの後は以下のようなやりとりをしていました。

「R美と会いたいよ?またエロいこといっぱいしたいよ?。また会えるかなぁ?」
「シングルマザーでも自由なときはあるから大丈夫だよ。」
「一応毎月1回は親に子供預けてるから来月も会えるかもよ?。」

「マジで!?いつ預けられるのかおしえてね。この前は何が気持ちよかった?」
「挿れてるときもよかったけど、A君が舐めたり指入れたりするのが気持ちよすぎたぁ。」
「次は何しよっか?笑」

シングルマザーで大変なのに会っても大丈夫かなぁと思いつつ、こんなエロいやりとりをしているときは想像が膨らみ、ついでに股間が膨らんでいました。

結局次はベッドだけでなく、違う場所でやってみようということになりました。ベッド以外となるとソファーとかバスルームかなぁと妄想をしていました。

そんなこんなで2回目の日取りが決まりました。朝から子供を預けられるということなので10:00からホテルデートです。この時間ならサービスタイムで長居できそうです。

前回のエロいセックスのことを思い出していたら寝られなくなり、かなり寝不足になってしまいました。そして当日。

【2回目の出会い】テルのエレベーターでエロいキスをしてきた

「おはよう!待った??」
「ううん、今来たところ♪昨日はドキドキして寝られなかったよ…」
「俺もだよ?、R美とのエロい妄想して1人でしちゃった笑」
「ダメだよっ、私といっぱいして♪」

歩きながらそんな会話をしていました。前回は初めてということもあり、会話が弾まなかったのですが、慣れてきたのか普通に話ができました。前回と同じホテルに入り、エレベーターに乗りました。すると彼女がいきなり抱きついてきました。

どんだけエロいねん!おもわず関西弁になってしまいましたが(笑)、、私も夢中になってエロいキスをしました。舌と舌を絡ませたよだれまみれのキスです。

服の中に手を入れたときエレベーターがチーンと鳴り、到着しました。まあまあ焦るなよと自分に言い聞かせ部屋に入りました。しかし部屋に入って、またすぐに続きをし始めました。

再びエロいキスをし、服の中に手を入れて乳首をいじり、パンツの中にも手を入れました。するともうグチョグチョで準備万端です。彼女の服を脱がしならがら自分も脱ぎました。

ソファーに押し倒して、すぐに生で挿入。気持ちが入りすぎていたのか5分くらいでイッてしまいました。

「ごめん、気持ちよすぎてもうイッちゃった…」
「大丈夫だよ!まだいっぱいできるじゃん♪」

エロいシングルマザーに4回抜かれる

30分後には立て続けに2回ベッドでしました。そのときはすぐに挿入ではなく、69をしたり前戯に時間をかけてお互いたくさん気持ちよくなってからしました。

彼女のフェラも前回より上達しており、たまらなく気持ちよかったです。フェラの時はライトを付けて明るくし、シングルマザーがどんな風にくわえているのかじっくり見させてもらっています。

写真を撮りたいくらいエロい姿です。3回した後はベッドでぐったりです。彼女は前回同様そうではありませんでしたが。

「もうしんどい、このまま死んでもいいよ?」
「もう終わりなの?、じゃあ一緒にお風呂入ろっか。」

バスルームで一緒に体を洗い、もう出ようとしたとき、

「またおっきくなるかなぁ?♪」

そう言いながらまた私のイチモツをくわえ始めました。さすがにもう勃たないだろうと思っていましたが、さすがは私の自慢の息子。再び起ち上りました。そのまま立ちバック→騎乗位→正常位と変えて4回目のフィニッシュしました。

「今日もいっぱいしたね!R美とは体の相性がいいと思うよ!」
「うん、いっぱい気持ちよくなれて幸せ♪次もいっぱいエロいことしようねっ!」

クタクタになりながら帰る準備をしホテルを出ました。

どうしてシングルマザーがエロいのか聞いてみた!

さすがに疲れていたので真っ直ぐ駅に向かい別れました。このどすけべシングルマザーは限界ってものを知らないのかと思わされます。そして数日後。

「この前もR美とのエッチが気持ちよすぎたよ!シングルマザーってみんなエロいの?」
「私のまわりではエロい子が多いな」
「やっぱり1人で子育てってストレス多いし、エッチで発散みないな?笑」
「最近はAV観てなめる練習してる子も多いよ♪」

「どうりでフェラが上手くなったしエロいと思った!俺もなめる練習しようかな。」
「うん、もっと気持ちよくしてね♪」

このシングルマザーと会うとかなりの体力を消耗しますが、その魅力に取りつかれてしまいます。なんせホテル代を払うだけで精が尽きるまでエロいことをさせてくれるんですから。

会う日までにたっぷりと精力のつくものを食べ、体調を万全にしなくてはなりません。

【3回目の出会い】車の中でフェラ

「この前もR美にメチャ興奮したよ~エレベーターとお風呂がやばっかったな♪」
「私も欲求がたまってたから大胆になっちゃったよ。」
「じゃあ今度会うときも大胆になってね笑。来月も会えるかな?」
「来月も預ける予定だし、他の予定がないから大丈夫だよ!」

2回目に会ったときから1ヶ月後に、また会う約束をしました。利用したホテルは値段が安い割にキレイだったので、次も同じホテルに行く約束をし、その日を待ち焦がれました。

前回までは電車で会いに行っていたのですが、今回は車で行くことにしました。雨が降っていたこともあり、少々面倒だったからです。待ち合わせ場所に着くと彼女は既に来ていました。ノースリーブにミニスカート姿で色気を強調している格好でした。

「お待たせ!今日はエロい格好してるね。シングルマザーには見えないよ!」
「A君が好きかと思って少しセクシー路線にしてみた♪今日もいっぱいしようねっ。」

やる気マンマンです。

今日は上達したフェラを堪能しようと考えていました。エロいことをいっぱいしようと頭から煩悩が溢れてます。ホテルに到着し、車を止めました。我慢も限界に達していたため、車の中で激しいベロチューをしてみました。

彼女もノリノリで舌を絡ませてお互いの口を貪りあいました。私は服の中に手を入れて乳首をいじり、もう一方の手でパンツに手を突っ込んでオマンコをいじりました。もう彼女はうっとりです。すると彼女もギンギンになった私のムスコを弄り始めました。

「ここで舐めてあげようか?」
「えっ!?ここで?」

ズボンのチャックを下ろし、舌でぺろぺろしてきました。まだ昼間で明るいのに!、と周りをキョロキョロしてしまいましたが、恥ずかしさよりも興奮が優っていました。

しかもシングルマザーという立場の女性にこんな所で舐めさせているという優越感はハンパではありません。

しかも舐めかたがエロいこと。しかしあまり長く舐めさせると車の中でイッてしまいそうだったので、いったん制止してホテルに入ることにしました。

今回はエレベーターでフェラ!その後、部屋に入ってすぐセックス

エレベーターに乗ると先ほどの車の中の背徳感を思い出し、ここでもちょっと舐めてもらおうと思い、急いでズボンを下ろしてくわえさせました。

ほんの数秒でしたが頭を掴んでガシガシとイラマチオをさせてみたのです。彼女は少し驚いていましたが、この背徳感はたまりません。

部屋の階に着くとズボンを上げるのが間に合わず、股間丸出しで廊下に出てしまいました。幸い人はいなかったのでセーフです。そして部屋に入りました。

部屋に入るや否や、前回同様すぐにセックスが始まりました。ディープキスしながらの愛撫、そして服を脱がしながら全身リップ。手マンとクンニは時間をかけてしてあげると痙攣しながら絶頂になっていました。

「もうダメっ!早くちょうだいっ。」
「R美はホントにエロいね?もうビチャビチャだよ?。」

この日はベッドで3回しました。いろいろと体位を変えてやってみたのですが、私とR美は正常位が1番相性がよいようです。程よくフィットし、奥まで挿れることができます。

「今日も激しかったね!R美とセックスしていると日常生活を忘れちゃうよ。」
「私もエッチしてるときはシングルマザーだってこと忘れちゃう♪」
「A君ともっとエロいこといっぱいしたいなっ」

もうエロエロシングルマザーの心はがっしりと掴みました。

ホテルを後にし、車で彼女の実家の近くまで送ってあげました。あまり実家近くに行ってしまうと親に見つかってしまうため、そこは用心しました。

きっと親はシングルマザーになったのを可哀想に思っていることでしょう。なのに子供を預けて男と逢引していたら親が怒るのは当然です。

【4回目の出会い】シングルマザーと変態プレイの約束

それから2ヶ月後に4回目のデートを約束しました。本当はもっと早くに会いたかったのですが友達との予定があったようです。シングルマザーは忙しいので友達にもなかなか会えないのです。

4回目となるとただハメてるだけでは物足らなくなってきました。そこで何か興奮することがないか考えていました。

「今度は何か違うことしてみようよ!次はホテルを変えてみる??」
「そうだね!回転ベッドがあるとこにする?笑」

「古すぎでしょ笑。ネットで検索してみるよ!
「あとは挿れるだけじゃなくていっぱい舐めてイかし合いたいな♪」
「いいよー興奮するねっ、口の中に出してもいいよっ。」

ネットで検索すると、監獄プレイとかSMプレイができるホテルが見つかったので、そこにすることにしました。シングルマザーと変態プレイ!考えただけで大興奮です。

拷問部屋があるホテルは物々しい雰囲気!ソフトな部屋を選びましたww

そして当日。

この日は少し寒かったのでセクシーな格好ではありませんでした。薄いトレンチコートにデニム。落ち着いたシングルマザーらしい格好でした。

歩いてホテルに向かうとネットでの情報通り物々しいホテルが現れました。見るからに普通と違うダークな感じの外観です。少々面をくらいましたが思い切って入ることにしました。

フロントで部屋を選択しようとすると、こちらもネットの情報通りすごい部屋だらけでした。ほぼ拷問部屋ばかりです。

これは本気のマニア向けだなと感じたのですが、独身男とシングルマザーにはハード過ぎたため、エロさ優先でソフトな感じの部屋を選びました。

エロいシングルマザーは非日常に興奮して2回イク

部屋に入るとそこには真っ黒のベッドと手錠付きの椅子がありました。目隠しも付いています。これは面白いと思い、さっそく試してみることにしました。

「ちょっとこれ試してみようよ!ちょっと裸になってそこに座ってみて。」
「えー、いきなり?ムードも何もないじゃん!」

「たまにはいいでしょ?エロいし絶対興奮するよ?」
「キスもしてないのに…。」

彼女はあまり乗り気ではありませんでしたが、お互い裸になり、彼女を椅子に座らせて手錠をはめて目隠しをしました。

その状態からキスをして、首筋から乳首に舌を這わせ太ももを舐め回しました。ビクビクしてるのが興奮します。俺はこんなにSだったっけ?と思ってしまいましたww

ビチョビチョになったオマンコに指を入れながらクリトリスを舌でいじりました。相当気持ちよかったのでしょう、今までにないくらい喘いでいました。

立て続けに2回イカせることができ、テクニックが上達したのかなと勘違いしてしまいました。単純にエロい女がいつもと違う状況に興奮していた事は言うまでもありませんね!

なんでもやってくれるシングルマザー!エロさがどんどん増幅していく

今度は私が口でイカせてもらう番です。私はベッドに横たわりマグロ状態になり、彼女に責めさせました。かなりテクニックが上達しており、私のムスコをヨダレでビチョビチョにしてねっとりディープスロートをしてきたのです。

エロい、エロすぎる。あまりの気持ちよさに大量に口の中に出しました。量の多さに彼女もびっくりです。

「俺の精子吐かないで飲んでよっ。」
「んーっ!!」
「どう、おいしい?」
「ハー、ハー、おいしくないよ!初めて飲んだ…。」

少し気持ち悪そうにしていましたが、それがたまりませんでした。私はこのシングルマザーをセフレにしてからS度が高まったようです。前戯でのイカし合いが終わったので、あとはノーマルセックスを2回ほど楽しみました。

今回の体験もエロくて気持ちよすぎました。しかも徐々に私はR美に対していろいろ強要するようになってきたのです。

普通の女性ならしてくれないことを、このシングルマザーは、文句を言いながらも何でもやってくれるのです。それで私も調子に乗ってしまうのでしょう。この勢いが次回にも影響を与えてしまうのです。

【5回目の出会い】大人のおもちゃでアナル責めをしようと思ったが・・・

前回の出会いから約2ヶ月後に会うことになりました。やはりシングルマザーとは頻繁に会えないのでこれくらいのスパンになってしまいます。会えないときはいつもラインでエロいトークをしています。例えば。

「R美はいつもオナニーするとき何をおかずにしてるの?」
「う?ん、好きな俳優の写真かなぁ?」
「あとはA君としたエロいことを思い出してするの。」

「どんなエッチを想像するの?」
「A君が私のオマンコをかきまわしたり舐めたりすることかなぁ」
「・・・特に、無理矢理されるのに興奮するの…。」

「じゃあ次回ももっと気持ちよくてエロいことしてあげる!」

そうは言ったものの思いつくのは大人のおもちゃかアナル責めです。私はあまりバイブとかローターは好きではないので消去法でアナル責めという結論に至りました。

先に言ってしまうと面白くないと思い、当日いきなりやってみることにしました。

アナルセックスを拒まれたので、仕方なくいつものセックス

今回も前回と同じアブノーマルなホテルに行きました。しかしこの日は混雑しており、部屋を自由に選ぶことができませんでした。仕方なく空いている部屋にチェックインしました。

部屋に入ると正面に日焼けマシンが現れました。こんなのプレイには使えないなぁとちょっと残念です。仕方ないからベッドでアナル開発です。

いつも通りにキスから始まり愛撫しながら服を脱がせます。そこでオマンコを触るふりをしてアナルをいじってみました。

「ちょっと…そこは違うよ!」
「そんなこと言いながら感じてるじゃん♪ちょっと舐めさせて。」

嫌がりながらも四つん這いにしてアナルを舐めてみました。するとくすぐったがりながらも感じているようでした。ヨダレでビチョビチョになったところでアナル挿入にチャレンジしました。

「A君痛いよ!そこはダメ!挿れたらもう舐めてあげないよっ。」

無理矢理には興奮するくせにアナル挿入は抵抗があったようです。まだ早かったかと落胆しました。確かに子供のいるシングルマザーにアナルファックを要求する私も罪悪感を感じていました。

仕方ないからいつも通りのセックスをすることにしました。3回生挿れ外出しをこなしました。

アナルセックスはダメだったが、アナルは舐めてくれた!!

私はひと仕事を終えてぐったりしていると彼女は言いました。

「A君はお尻に興味あるの?挿れるのはダメだけど舐めてあげてもいいよっ」
「ホント!?じゃあいっぱい舐めて!」

私は仰向けで大開脚してR美にアナルを舐めさせました。くすぐったさと気持ちよさで頭が真っ白になったのです。これは病みつきになりそうだと思いました。

ついでにムスコをしこしこさせるとさらに快感!シングルマザーが俺のアナルを舐めてるよー!という優越感にひたっていました。

アブノーマルな事がしたい!シングルマザーはちょっと飽きてきました

しかし私の変態プレイに彼女は少しひいていました。ホテルから出た後、駅までの帰り道。

「A君のやることにだんだんついていけなくなってきたなぁ?」
「フツーのエッチがいいんだけど…。」
「そう?俺はもっとエロいことしたいなぁ。」

次第に2人の考えがずれてきました。ラブラブで情熱的なエッチが好きなR美に対して、私はよりエロい変態を追求するようになったのです。

その日はちょっと気まずくなった状態でバイバイしました。その後のラインで再び会う約束をしましたが、実際に会うかどうかは分かりません。

正直私もこのシングルマザーには飽き始めていました。現在同時進行でニューハーフとのセックスにもはまっているため、これ以上会うのもメンドクサイなぁと思っています。

シングルマザーはエロいんですが、変態プレイよりも愛のあるセックスを求めているようですね。やっぱり心のどっかに寂しいとか男に頼りたいって気持ちがあって、それをセックスで感じたいんでしょうね。

まぁシングルマザーがエロいってのは変わりませんがww

ハッピーメールで出会った、ちょいSシングルマザーとのセックス体験談

ニックネーム そーたん
性別 男性
現在の年齢 32歳
いつの話? 3年前の29歳の時
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 自分はIT関連の営業マンの32歳。濃い顔フツメン。172cm。がっしり。のんびり系。独身、彼女ナシ、一人暮らし

相手は4年前離婚のシングルマザー、29歳。キレイ系、おとなしい茶髪、165cm普通体型。性格明るい、昔やんちゃしてました系。

今回の出会いの戦略 ボーナスの入った時期で少し贅沢にポイント入れて年上女性を発掘しようと、20代後半から30代半ばまでで、同地域か隣の市までの相手に、手当たり次第に送信
相手と会うまでに掛かった費用 ポイント3000円、ランチ代2000円、ホテル代5000円、移動費1000円

とにかく数うちゃ当たるの大作戦

27歳の時に歳下ばかりと遊んでいた反動か何かの拍子に同年代か年上の女性とセックスしたいと強烈に思い始めました。

愛用の出会い系、ハッピーメールにポイントを追加し、いつものように近場の人を中心に、多少好みでなくてもいいやと妥協しまくりでメッセージしまくりました。

[blockquote]「初めまして~〇〇さんのプロフィール拝見しました~雰囲気素敵ですね♪やり取りしたいです。」[/blockquote]

こんな完全にテンプレートでも当時は数件歯返事が来るもんで、帰ってきた中から、ぼかしてはいるけど雰囲気よさそうなりかさんにアプローチしました。

既婚者じゃなくて良かった!

送った内容に「いいですよ~」と来たものの、その後にプロフィールを見て「しまった!!」と思いました。子供の欄に【あり】とあるではないですか、それだけで会える確率は激減です。

子供が理由で忙しいから~が鉄板ですし、既婚者なら下手すりゃリスク背負います。写真と20代後半だけしか見ずに送った弊害ですよこれは!!

もう開き直って会えるかどうかの確認を次のメッセージで送りました。

「お子さんいらっしゃるみたいだけどこのアプリで人と会ったりするのですか?旦那さん怒ったりしませんか?」

これで全て分かります。会えるのか、既婚か、既読無視か、、、勝利の女神は私に微笑みました。

「子供も小学校高学年やし、実家だから大丈夫、ちなみにうち離婚してるから旦那もいない♪」

もう100点満点の回答でシングルマザーと判明しましたす。

セックスの為にMを演じてまで気を惹く

しかし満点の回答をもらってもセックスができるとは限りません。少しでも行為を持ってもらう為もうめちゃくちゃ褒めました!

シングルマザーになれば子供と仕事の両立で美容にお金を回せなくなるから手入れを諦める人が多いと聴いていたので仕立てに出て超褒めました!

「りかさんみたいな美人お姉さん系最高です。甘えてみたいっす」
「めっちゃ笑った。Mなの?」

甘えていまいという部分に過剰反応したのか、「M」かどうかを聞いてきます。実質どっちでもあるのですが、考えた末ここで賭けに出ようと「ん~軽めにMかも、りかさんは?」と答えてみました。

ここでも女神は微笑み

「あ~ちょいSかなw」

いいでしょう!!!では、私は今からMになりましょう、シングルマザーとセックスできるなら何でもいいですよ。

打ち解けてきたので、そのやり取りからLINEに移りました。LINEでは、私の写真を渡しても、やり取りを続けてくれたので、一気に話を進めようとしました。

「一回ご飯でも行きませんか?」
「土日の昼ならいいよ」

土日なら子供任せれるし、昼ならいいよと言うことであっさりOKもらい、次の日曜日にりかさんの最寄り駅から2駅離れた、兵庫県の夙川駅というところ付近で、安いイタリアンでランチすることにしました。

人生初めてのシングルマザーとデート!いい人を演出するためセックスせずに帰る

初めて会った感想は、昔やんちゃしていました感のあるキレイ系お姉さん、おとなしい茶髪、165cmくらいで会った時から明るく振舞っていました。気さくな感じの女性です。

「思ってたよりごっついやん体やん。それでMなんww」

彼女の方から、やんわり下ネタもいれてくる始末。良かった良かった。

ご飯を食べながら元旦那もMだった事や、旦那の浮気が理由で別れた事などを聞き、もう結婚する気はない事まで聞きました。

「じゃあハッピーメールは正直セフレ探し?」
「そこまでハッキリはしていないけど、いい人おったらな~くらい」

だというので、いい人を気取るためその日はそのまま駅まで送りました。

2度目のデートで念願のセックス

初回のデートから2週間ほど毎晩やり取りを交わし、M男ぽく、女性に攻めて欲しい系の内容も織り交ぜてLINEしていました。向こうも乗り気になり「イカせてあげないよ」など言える仲までなりました。

ここまで仲良くなったのだからホテルに誘ってもいいだろうと思い行動にでます。

「次に会うときはランチでなくてホテルに行きたい」
「いいよw」

男らしくストレートにセックスしたい事を伝えると、沸き立つ返答がありました。

ホテルにつくなりキス、部屋に入るなり顔面騎乗

2回目は駅からホテルが近い尼崎駅で会いました。LINEのやり取りと変わらない感じの話をしながらホテルへ入りました。

部屋上がるエレベーターで急に、りかさんに引っ張られキスをされました。舌でこじ開けるように口に侵入し私のベロに絡めてきました。

そのままキスをしながら部屋まで歩き部屋に着くと服を着たままベッドに押し倒されます。耳元で「脱いで」と命令口調でささやかれ体が勝手に従います。

ボクサーパンツ一丁になって、既に染み出したカウパーの臭いを嗅ぎながら、パンツ越しにやさしく触ってきます。おもむろにりかさんも脱ぎ始め水色のおそろいの下着だけの姿になり、そのまま私の顔にまたがりました。

結構体重をかけてパンツの中にあるクリトリスを私の鼻にこするように腰を動かします。洗ってない秘部から濃いめの女性の臭いが立ち込め、その匂いを逃さないように鼻で呼吸しました。

この時初めての経験だったのですが、下着越しに擦られているだけで射精しそうになりました。

「イってもいいですか?」と懇願すると「これだけでイクとか変態だね勝手に行くなよ」と唾液を絡めてボクサーパンツを強くこすりました。

あっけなくパンツの中で射精すると「勝手にイってないで私のも手伝え」と顔面騎乗になりクンニをさせられました。パンツをずらしテカテカに濡れたクリトリスを集中的に舐めあげると、短い時間でりかさんもガクガクと腰を震わせて果てました。

2回セックス!良い経験ができた。Mもありだしシングルマザーも狙い目になりました

互いに濡れた下着を脱いで一緒に風呂にはいり、お風呂上りにはフツーの正常位でのセックスをしました。体温が高いりかさんの中は熱く若い人にはない濃厚で余裕のある、とろけるようなセックスが出来ました。

その後2回目のセックスをして、りかさんの中でおもいっきり射精しました。

帰り道で、Mになるのもアリだなと思い、その後も同じ関係性でりかさんとは会いました。そのたびに焦らし方を変えたりと楽しいつながりができました。

ハッピーメールで初めて出会ったシングルマザーに非常にいい思い出を刻んでいただきました。今後はシングルマザーも狙い目の中に取り入れるキッカケとなった体験です。

メンヘラ女子と出会ったその日にアナルセックスした体験談

ニックネーム そーたん
性別 男性
現在の年齢 32歳
いつの話? 半年前
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 自分はIT関連の営業マンの32歳。濃い顔フツメン。172cm。がっしり。のんびり系。独身、彼女ナシ、一人暮らし

相手は19歳メンヘラ、専門学校生。BARのバイト。丸顔のたぬき顔。160cmふくよか。可愛い系。彼氏あり。

今回の出会いの戦略 メンヘラ的な子をねらう戦略。理由は、単に私がメンヘラ好きなのと、メンヘラさんはセックスまでのハードルが低く、一度気に入られたら定期的に会えて、まぁまぁハードな事も出来るから。
相手と会うまでに掛かった費用 ポイント960円、電車代500円、カフェ代2000円、ホテル代5000円

簡単にアナルセックス出来た

学生の頃に、童貞喪失と一緒にアナルセックスも経験した私は、社会人になっても常にアナルセックスに憧れと執着を持っていました。

アナルセックスの良さを教えくれた彼女と別れてから結構な数の女性としたのですが、意外とハードルは高く中々OKをくれません。

そんな私がひょんなことから出会ったメンヘラ女子のまいちゃんと、あっさりハードルを越えてアナルセックス出来た体験談についてお話します。

いまだかつてないほど簡単な、メンヘラちゃんとの出会い

そもそも今回のキッカケは愛用しているパッピーメールのメッセージ送信からです。しばらくログインしかしていなくて、ポイントが結構溜まってたので、友達の待ち時間をつぶしつつ喫茶店で狙いを定めます。

あらゆる女の子で特にメンヘラ気質の人が好きで、今回はその方面でターゲットを絞りました。偏見ですがメンヘラちゃんってセックスまでのハードルが低くて、気に入られたら長く会える経験からあったからです。

同じ神戸付近で、ちょっと前にログインしている横顔の写真とプロフィールに「病んでる」だけの女の子を見つけ、30代のおっさんからメッセージは無視されるかな?と思いつつ

[blockquote]「こんばんわ~、

まいちゃんの横外の雰囲気に惹かれて思わずメッセおくっちゃった。

もし年上に抵抗無ければやり取りしたいです。

趣味とかあるんですか?」[/blockquote]

と最後に疑問文を付けて返信しやすくする古臭い手で送信、ポイント消費なのでそれくらい引っかからなくてもいいやと思っていたのです。

暫くして既読状態になっても返事はなく、やっぱダメだったか~。気を取り直して次行くかと、その後もメッセージを飛ばしてました。

すると既読から1時間もたって

[blockquote]「初めまして食事に出てて返信できませんでした。

趣味はカフェ巡りです。

年上の人に抵抗はないですよ、むしろ年上の方が落ち着きます」[/blockquote]

となんだかいい反応、悲しいかなポイントをこの時点で使い切っていたので追加してやり取り再開!

メンヘラの趣味に合わせて誘う

趣味がカフェ巡りという事なので、知っている所を教えて、かつ会う事を誘う作戦を決行しましたww

神戸付近なら仕事で使える静かなカフェを何件も知っていたので、数件教えて季節メニューのある所に行こうと誘います。ほぼ時間差無しで「いいですよ~♪」

おいおい、こんな簡単でいいのかよ?本当に大丈夫か?美人局に合わないだろうかとへんな心配し始めるくらいです。何と翌日で時間設定でき、会う約束を取り付けました。

メンヘラちゃんとご対面

当日待ち合わせ場所に現れたのは黒のロングスカートに黒のジャケットを羽織った丸顔でパーマ当てたショートヘアー、160cmふくよかな女性です。

横顔の写真しか分からなかったのですが、正面から見た感想はふっくら好きにはアリ!話した感じや雰囲気は文面よりも暗い印象を受けました。

そのまま約束のカフェに、まったり空間で色々話を聞いていると専門学校の課題がハイレベルで卒業が苦しい、彼氏が浮気していると日ごろの愚痴が噴出します。リストカットの痕もありました。

優しい口調で話しながらまいちゃんの反応をみます。

「彼氏が浮気したならやり返したらいいじゃん」
「ハッピーメールしてるんだから、いくらでも男は捕まるでしょ?」
「まいちゃんかわいいし」

さすがにメッセージのやり取りだけでエッチの約束はしたくないと苦笑いで答えたので「じゃあ俺とは?既に今、会ってはいるけどまいちゃん的にはアリ?」と言ってやりました。

すると顔を赤くして「まぁはい、、、」ってちょろすぎる!まさか美人局じゃないだろうな・・?でも、迷っていても仕方ないので、店を出たらそれとなくラブホテルの方面に歩きます。

展開早くセックスとアナルセックス

彼女も黙ってついてきてホテルの前で「入るけど、いい?」とだけいって無言のまいちゃんの手を引いてはいります。入ってすぐ別々にシャワーを浴びてから、獣のようにセックスです。彼女もスイッチがはいり自分からフェラをし玉まで舐めてくれます。

主にバックでガンガンセックスしていたのですが、アナルを見ていると少し大きめでパクパクと開いたり閉じたりしています。

学生の頃のアナルセックスの高ぶりを再び思い出し、一回目のセックスを終えた段階で軽く愛撫しながら、唾液をたっぷり含ませた指でアナルをイジリます。

いきなり触られビクッ!とはしましたが「大丈夫だから力抜いて」と何度も何度も人差し指を出し入れします。完全にリラックスして力を抜いているとズブズブと指は入っていき、1時間くらいかけてゆっくり3本まで入るようになりました。

三本入れば私の亀頭は入るのでコンドームを付けて大量の唾液を含ませてゆっくりと先端を沈めます。亀頭が飲み込まれる感じがしたらカリまでをグッと刺し込んで太い部分をさっさと中に入れました。

相手の反応を見ながらゆっくりと奥に入れます。指入れた段階で分かってましたが直腸は空っぽでゆっくりピストン出来ます。アナル特有の根元の閉まる感じと、久しぶりのアナルセックスの光景に興奮して2回目は1回目より早く射精しました。

休憩しながらいきなりアナル弄ってごめんねと言うと「彼氏に仕込まれてたから、でも久しぶりでほぐれるのに時間かかったねw」と会った時より明るい表情で言いました。

定期的なアナルセックスフレンド

その後も定期的にメンヘラ気質な彼女とは関係をもち、普通のセックスとアナルセックスがセットになった状態で続いています。会う頻度自体は下がりましたが。アナルは少々激しく突いても咥え込むまでに磨きがかかっています。

ハッピーメルでこんなにあっさり会えることも、アナルを初回で使わせてくれる女の子も稀有な存在なので非常に幸運でした。これからも出会い系サイトは使い続けます。

出会い系で出会った変態人妻と痴漢プレイ&羞恥プレイを楽しんだ件



ニックネーム シンヤ
性別 男性
現在の年齢 32歳
いつの話? 4年前(2014年夏)
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 僕は工場勤務28歳、顔は中の中くらい、身長は168cm、ガッシリ、真面目そうな雰囲気、独身、彼女無し。

相手は専業主婦で35歳、容姿は上戸彩を少しふっくらさせた感じで清楚系、結婚4年目で子供は1人。2、3か月に1度くらいの頻度で出会い系を利用している。

今回の出会いの戦略 掲示板、つぶやき、プロフィールを確認し、頻繁に募集をかけていない女性にメッセージ(割り切りは結構頻繁に募集しているケースが多いので。)また30代の主婦を狙ってメッセージを送信。
相手と会うまでに掛かった費用 サイト内ポイント2000円程度、交通費1000円、食事代3000円

痴漢プレイ希望の人妻との出会いは偶然だった

連休が終わり、皆さんが働き始めたある日のこと、無性にHがしたくなり出会い系(ハッピーメール)を利用しました。そこで偶然で出会った欲求不満の変態人妻と痴漢プレイした体験談を話そうと思います。

最初にセックス相手を探すのですが今回は、「掲示板、つぶやき、プロフィールを確認し、頻繁に利用していない女性にメッセージを送りました。

この頻繁に利用していないというのがミソで、割り切りの可能性が低いからだ。セックスするのにお金を払いたくないですからね。

送った相手は、30代の人妻(出会い系の中でもハッピーメールはこういう女性が多くいる印象)に狙いを絞ってメッセージ。単純にこの年代の登録者数が多いのもありますが、狙ったのには理由は3つあります。

  • 自分の好みww
  • 住んでいたところは工場勤務者が多く、自分の行動できる時間に1人でいる人妻が多い
  • 30代の方が旦那との夜の生活に満足していない欲求不満の人妻が多い

上記の理由から30代の人妻を狙っています。

[blockquote]「初めまして( ^ω^ )シンヤと言います。

突然のメッセージすみません、プロフィールを見させていただきました。

もしよかったら僕とメッセージのやり取りしませんか?」[/blockquote]

すると1時間後にメールの返信がありました。

[blockquote]「初めまして^^みちこといいます、連絡ありがとう。」[/blockquote]

出会い系の基本!レスは早めに

間髪入れずにメールを返信(ここ大事です。レスポンスが早いと返信が来る可能性が上がる。)

「返信ありがとうございます。今何してるんですかー?」
「今はお家で一人でゆっくりしてるよー、旦那が夜勤でねーこの時間は暇なんだー。」

当時僕が夜勤、昼勤の交代勤務(彼女の旦那さんと反対の時間に)をしていたのでこれは好感触だと思い、彼女を狙いポイントを惜しまずにメッセージを送ります。

そんな調子で他愛もない会話をして、大体1時間くらいたった頃。「よかったらなんですけど、サイトだと一々メール確認するのが手間なので、LINEで話しません?あ、僕のIDだけ教えるのでみちこさんのIDがばれることもないですからー。」と送信。

ちょっと間が空いて、これはダメかもなーと思い始めたころに彼女「いいよー^^。じゃあID教えてくれる?」と返信が。これはもらったと思いIDを送信。

その後LINEの画面を開き待機していたところ、「みちこさんからIDで友達に追加されました」というポップアップが!早速友達登録をし会話をすることにしました。

「みちこさんですか?」
「はい、ハッピーメールでお話ししたみちこです。」
「やったー、ありがとうございます( ^ω^ )、これで気軽に話せますねー」
「そうですね^^改めて宜しくです^^」

【変態】色んなプレイをしてみたい人妻

ここから色々話を聞いていると、彼女は結婚4年目で子供1人、専業主婦で今の旦那さんとは高校時代に付き合い始めそのまま結婚に至ったそうだ。

当然下心から、夜の性活について聞いてみた。

「もともと淡白な人で、Hも週一回とかなんだよね」
「そうなんですかー」
「だから色んなプレイをしてみたくて、ハッピーメールに登録したってわけ。あ、もちろん旦那のことは好きだし、昔はまじめだったからその反動なのかな。」

色んなプレイをしてみたい??変態な人妻を引き当てたようだ。そうとう欲求不満だったよう。「これはヤレる!」そう実感して更に押してみる。

「じゃあ、僕といろんなことしてみませんか?」
「えーw」
「僕もあまりそういう体験したことないのでしてみたいです!」
「どうしよっかなー」
「ぜひ!」
「じゃあまずお食事してからかなー」

こんな流れで、待ち合わせ場所を決め、3日後に晩御飯を共にすることになりました。

痴漢プレイがしてみたいと宣言する人妻

新豊田駅が最寄という事で夜の7時に新豊田駅で待ち合わせ。現れた彼女は可愛らしい服装で、上戸彩を少しふっくらさせたような感じの方です。

その日は食事をしただけで帰路につくのですが、帰りの車中で・・・

「ねえ、実は私今すごい興味があることがあって・・・」
「なんですか?」
「電車で痴漢プレイをしてみたいの。」
「そうなんですか!?」

どうやら今の一押しは痴漢プレイらしい。なんじゃこりゃ!!とんでもない変態やんけ!!色んなプレイをしたいとは聞いていたが、と思わず心の中でつっこんでしまったww

痴漢プレイ待ち合わせ掲示板といのがあるらしく、その利用も考えたそうだが相手のプロフィールが何も分からないので怖いから辞めたそうだ。

その点、出会い系で出会って仲良くなってからなら安心して、痴漢プレイをしてもらえると思って、勇気を出して告白したと言っていた。

しかい、痴漢プレイといっても何をどうしていいか分からない。僕はやったことが無いプレイである。とりあえず今日の所は帰って、プレイ内容をよく考えてからしようと告げる。そんな感じで、痴漢プレイは後日する運びとなりました。

【痴漢プレイ開始】バイブを突っ込んで電車に乗る人妻

翌週、私が夜勤の時(有給を取って1日オフにして)に朝9時に新豊田駅で待ち合わせ、どんな風に痴漢プレイをしようかと妄想を膨らませていると彼女が表れました。

上は薄着でおっぱいが強調されるような恰好、下はロングスカートでした。その日は電車内で色々することが目的だったのでまずJR名古屋駅に向かいます。

閑散とした車内で彼女はカバンの中身を見せてくれたのですが、中身はなんとリモコン式のローターが二つも入っていました。そして人がいないのを見計らって、彼女は僕の手を取ってスカートの中に突っ込みました。逆痴漢プレイ?w

するとパンツの感触と固い感触を感じました、なんとすでに彼女の膣内にバイブがはいっているではありませんか!僕は動揺しました。

「もうバイブ入ってるじゃないですか!全然気づかなかったですよ。」(ばれるので小声)
「だってもう我慢できなかったんだもん。」

この人は、どんだけ変態なんだと思いながらも、その変態さにチンコは早くもフル勃起です。出会い系にはこんなヤカラがいるから辞められませんw

マンコにローターをセット

僕の方も色々してあげようと思い痴漢プレイの内容を考えてきたので、名古屋駅で東海道線に乗り換え、快速列車で岐阜駅に向かいました、そして岐阜駅から各駅停車で名古屋に戻る感じで乗りました。

車内にトイレがあるので、そこでリモコンローターを中に入れてくるよう彼女に指示しました。軽く頷いた彼女は、僕にリモコンを渡しトイレに向かいました。

トイレから帰ってくるのが見えたのでスイッチをオンすると、彼女が一瞬ピクッとし他の座席につかまって動けなくなっています(こういう征服感があるのが羞恥プレイのいいとこですね)。

10秒ほどしてからスイッチを切るとみちこさんは座席に座り軽く怒ったような感じで僕に「こらっ」と言いました、またその顔が可愛くてもう射精してしまうかと思いました。

ローター責め

名古屋に近づくにつれ、段々席が埋まっていったので、本格的に痴漢プレイの開始です。

「じゃあ、あっちの席に座ってください、スイッチオンにしたりオフにしたりしますんで周りの人にばれないようにしてくださいね」
「うん、わかった・・・」

そう言うと、僕の座席から見える位置で座席をひっくり返し、僕から見える位置に座ります。すると、直後の駅で彼女の隣の席に中年くらいのスーツ姿の男性が座りました。

これはチャンスが来たと思い、スイッチをオン!すると彼女は一瞬驚いて声を出した後、顔が紅潮していき、声を我慢しているのか唇を噛み締めていました。ばれるとマズいと思い、スイッチをオフにしたところ彼女は安心した感じの表情になりました。

それからもなるべく彼女の意表を付くようなタイミングでオン、オフを繰り返していましたが時々声をあげてしまうなどかなり彼女の挙動が不自然になってきました、そこで横の男性がどうやら何かに感づいてしまった様子。

少し挙動不審になった後、次の駅に着いたらそそくさと降りていきました。

ネットカフェに移動

そして1通り痴漢プレイを楽しんだところで名古屋駅に着きました。これで痴漢プレイも終ったわけですが、彼女はまだ興奮していたようなので一旦電車を降りて駅前のネットカフェの個室に入りました。

そこでようやく彼女も落ち着いた様子です。

「痴漢プレイどうでした?」
「やばかったよー何度も声が出そうになって横の人にバレてないかすごい緊張した。」
「いや、たぶんバレてましたよ、降りる前挙動がおかしかったですから」
「うそ!ほんとに!はずかしい!」

心の中で、そりゃあれだけ挙動不審になればなとは思いましたが、そこは黙っておきました。やっぱり本人はなかなか気づかないものなんですかね。

【羞恥プレイ】ローターを入れたまま店内を歩かす

個室で彼女と密着していたのでフル勃起状態になっていたチンコに気付いた彼女が言います。

「ねえ、これ欲しい・・・」
「じゃあその前にローターを入れたまま店内を歩いてきてください。、男性客がいたらちょっと近づいたりしてみてくださいね。」
「え・・・、うん、わかった」

痴漢プレイの次は羞恥プレイです。外に出ていった彼女はドリンクバーに行き、飲み物を注いでいると一人の男性客が現れました。

そこで僕はスイッチを入れると、彼女がしゃがみ込み立てない様子になってしまい、男性客が声をかけたところでスイッチを切ります。

すると彼女は男性客を無視して、そのまま席に戻って行きました。僕も席に戻ります。

「どうでした?」
「恥ずかしすぎて死にそうだよ。」

と、かなりの羞恥心を感じてくれた様子。僕はもう我慢が出来なくなったのでそそり立ったチンコを彼女の前に突き出しました。

対面座位で挿入

彼女ももう我慢できない様子でチンコを舐め始めました。ねっとりとチンコを包み込んでくれるようなフェラで僕もすぐイキそうになってしまいますが我慢し、用意していたコンドームをはめて、愛撫もそこそこに対面座位で彼女の膣内へ挿入しました。

「もしかしたら他の座席の人に声聞かれるかもしれないですね、これが羞恥プレイってやつですかね?」
「バカっ、そんな恥ずかしいこと言わないでよ!」

口では否定しながらも、まんざらではない様子。

もう膣内はとろっとろになっており油断するとイキそうでしたが、室内が狭かった為ゆっくりとしたピストンになりそれが功を奏したのか彼女の感じ方もかなりのもので、爪が痛いくらいに抱き着いて来たりして必死に声を我慢している様でした。

その様に僕の興奮も最高潮になりイってしまいましたが、挿入したまましばらく抱き合い、お互い落ち着いたところでチンコを抜いてゴムを外したところ、大量の精液が中に注がれています。

「すごい、信じられないくらい出たねwもし生だったら確実に妊娠しちゃう。」

彼女は冗談半分に、でも嬉しそうに言いました。

帰りの電車でも痴漢プレイ

そして帰宅ラッシュの時間になり新豊田駅へ電車で帰ることなったのですが、帰りの車内でもローター入れててほしいと彼女に伝えると軽く頷いてくれてその状態で痴漢プレイを楽しむことにしました。

車内では彼女と体が密着した状態で乗車していて時々手でお尻を触ったり、勃起したチン〇を押し付けたりできて乗客に通報されないか不安でしたが、痴漢気分を存分に味わい満足できました。

ローターのスイッチは挙動不審になる為なかなかオンにできずローターを入れただけの状態だったのですが。

車でセックス

その焦らす感じにまた興奮したのか、電車を降り、車に乗るとチンコを激しく触ってきました。僕の方も我慢できなかった為、車を人気の少ない所に停めて、そのまま車内でもう1回戦することになりました。生です。

すると、先ほどとは違い挿入直後、

「あんっ・・・あ、イイ」
「あ・・・ああっ!」
「ダメ、感じすぎちゃってヤバ・・・あっ、ああっ!」

と、大きい声を出して感じ始めたのです。さすがに郊外の空き地と言えどこの音量はマズいと思ったので僕は音楽の音量を思わず上げてしまいました。

そして、先ほどのネットカフェとは比べ物にならないくらいの速度でピストンを再開しました。すると彼女も安心したのか喘ぎ声が先程よりも激しくなってきています。

転勤になってから会っていないが、出会い系はやめられない

1回発射しているおかげで、長い間挿入できたので、彼女がイク様をたっぷり味わいましたが、それでももう限界が来ていたのでもうイキそうと彼女に伝えます。

「うんっ!出していいよ!」

喘ぎながらも、言ってくれたのでそのまま中に射精しました。出した直後は彼女も若干放心状態で、ずっと息を荒げていました。

「また痴漢プレイや、羞恥プレイしてみたいな」
「僕でよかったらいつでも付き合いますよー。」

そんな会話そしながら彼女をマンションに送り届け、軽くキスをして別れました。

その後は何度か痴漢プレイ、羞恥プレイ、野外プレイをしたり色々楽しませてもらいましたが、私が浜松に転勤になりそのまま疎遠な状態になってしまいました。

こんなこともあるから出会い系はやっぱりやめられないですね。

パッピーメールで出会ったその日に野外セックス&露出プレイ

ニックネーム そうたん
性別 男性
現在の年齢 32歳
いつの話? 1年前の夏
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 自分はIT関連の営業マンの32歳。濃い顔フツメン。172cm。がっしり。のんびり系。独身、彼女ナシ、一人暮らし

相手はクリーニング店で社員の27歳。茶髪のショートヘアー化粧っ気のないボーイッシュ。155cm。細身。スポーティ系。独身、元カレと同棲中してたが別れたて

今回の出会いの戦略 ログインで毎日ポイントがもらえるので、その間にプロフィール欄と掲示板への業者っぽい書き込みをしていないかリサーチ。

無加工写真あるいはいっそ写真ナシ、掲示板書き込みも金銭目的が書いていない。あとは近場で目星をつけて、貯めたポイントでアプローチ。

やり取りで行けると思ったらポイント追加をしている。

相手と会うまでに掛かった費用 ポイント購入2000円

ハッピーメールの写真だけある女性にアプローチ

野外セックス、露出プレイに出会い系から持っていくのは、よっぽどネジの飛んだ変態さんを引き当てない限り無理だと思っていたのですが、ある程度信頼を得て状況をリードする事ですんなり持っていけ、おいしい思いをさせてもらいました。

今回ハッピーメールでお相手となったのはちいちゃん

いつも私はパッピーメールで素人メインで探していて、ちいちゃんは近場でプロフィールなし、掲示板の書き込みもなし、ボーイッシュな写真だけアリでした。

刺激が欲しい女はセックスできる

これだけ情報が少なく、自発的に書き込みもないのにハッピーメールに頻繁にログインしているので、恐らく受け身の姿勢で、男からのアプローチ待ちと判断し明るく当たり障りない感じでメッセージ送信

[blockquote]「初めまして~、写真めっちゃ可愛いですね、もしよかったらやり取りしませんか?」[/blockquote]

といった具合。案の定、30分と経たず、

[blockquote]「こんにちは、ありがとうございます。写真とか見せてもらえますか?」[/blockquote]

と私の写メを要求してくる展開に、悪くない状況と判断しハッピーメール内でポイント追加して、目的の判明とLINEまで持っていくことをゴールに設定します。

このサイトに登録した理由を聞くと、元カレと別れたからだそう。一気に期待が膨らみます。

ちなにみ会ってから分かった事ですが、30分と経たず返信をくれたのは、私がハッピーメールに書いていた趣味「漫画、アニメ」などが共通の趣味だったようです。

さて、詳しく話したいからとLINEへの誘導をかけると。この第一関門も難なくクリア、もうこれでエッチ出来なければおかしい状況にテンションはMaxです。

LINEを交換して3日目で会う約束をする

LINEでは現状の元カレとの生活とエッチの不満を聞く立場でやり取りをしました。

そうすると、「向こうのやりたいときに使われる感じが凄く嫌やねん。私も思い切りハメ外したいし、刺激欲しいねん」と誘ってくれオーラが見えて来るような内容を送ってきました。

そう、彼氏と別れたのは刺激が欲しかったからです。同棲していたらしいのですが、遊びにも行かずいつも家にいて、たまにセックスをするだけ、そのセックスもマンネリで、そんなの生活に飽きてきたとのことでした。

速攻手を出そうとも思ったのですが、せっかくなのでその状況を利用してもっとエロい情報を引き出します。

「でも、普通にエッチするだけなら、相手が変わっただけで大した刺激じゃないよね?何かしてみたいプレイあるの?」
「例えばSMとか?」

アブノーマルなセックスに対しても抵抗がなさそうな反応。一気に野外セックスや露出プレイに畳み掛けるために近場の夜は人気の少ない場所で野外でエッチしようと誘いました。

信用を得るためにその風景が分かる写真を付けて相手の反応を見ると「え~恥ずかしいやんw」とこれまた悪くない反応w

[blockquote]「現地について不安ならしなくてもいいしとりあえず一回会おう」[/blockquote]

LINEを交換して3日というスピードで相手の熱が冷めにないよう持ち込みました。

会ってすぐに露出

当日は会って互いの雰囲気が嫌じゃなければ野外セックスと露出をしようと言うことで互いの仕事終わりの19時くらいにちいちゃんの最寄り駅に車でお迎え。

会った印象は思っていたより小柄でチャラい雰囲気とは裏腹におとなしい印象、露出の為にスカートを履いてくるようにお願いしたのですが、服装とボーイッシュな体つきのミスマッチがなんだかエロく感じました。

夏のぬるい夜の空気の中で少しやり取りして、向こうの印象も悪くなさそうで、気が変わる前に早速車に乗せて露出ドライブを決行します。

いきなり車でキスをした後に、スカートに手を入れて軽くなぞりながら脱がしにかかります。驚いたことにもう既に湿ってはいたのですが後のお楽しみと思いそれ以上は触らずです。

少し身をかわす演技的な抵抗を無視して脱がした下着を彼女に握らせてまずは山にドライブに行きました。

途中立ち寄ったコンビニでも下着は履かせずに飲み物を買いレジとカメラの死角でスカートをまくらせて引き締まったお尻を露出させました。

初めての露出の感想は「興奮したけど恥ずかしくて死にそう」とこちらの興奮も仰ぐ100点の回答です。

展望台で野外セックス

人気のない展望台について、鉄柵にちいちゃんを捕まらせて夜景を見ながら後ろからハグする形に。ほぼ真っ暗な中、スカートの中の割れ目をなぞると既に糸を引くくらい濡れてました。

こっちも我慢の限界だったので、そのままハグの形をとって、一気に根元まで乱暴に野外セックスしました。挿入は抵抗がなかったのに、挿れてからの締め付けが凄く強く意識が飛びそうでした。

誰も周辺にいないと分かりつつ、声を殺しているちいちゃんも小さい体を震わせて膝の力が抜けたと思うとアッという間にイってました。
結局、その場で服も全部脱がして少し露出散歩をしながら林の中で野外セックスも2回行い、もう大満足です。

「初めて露出とか野外セックスしたけどハマりそうw」と帰りの道のりでちいちゃんからもお褒めの言葉をもらったので帰り道の公園でもう一度、胸だけ出しての散歩とベンチに座っての野外フェラからセックスをしました。

いつ触っても濡れているし、縋りついてイキまくる様は一晩中攻めたくなります。

しかし翌日は互いに仕事もあるのでその日は真夜中近くに送って解散。次も会う約束はちゃっかりとってます。なんと人質に脱いだパンツまでくれました。

野外セックスできる素人をハッピーメールで探してます

一回目の出会いでここまでコアな内容で盛り上がったのは初めてで、素人女性で関係なく露出や野外にリードできるもんなんだなと感慨深くなります。

ハッピーメールでの出会いは初めてではないですが、たまにこんな大当たりがあるからやめれません。

男がやってみたいと思っている事って意外と女の子も思っているのかもしれません、そのサインを逃さずしっかりと聴きだし安心を与えれたら後はすんなり持っていけます。

ハッピーメールでは定期的に巡回して新しく登録した素人女性をを探しているので、また野外セックスと露出ができる素人さんを漁りたいと思います。