クンニのやり方!俺はこれでイカせたぜ

「クンニのやり方が分からない」
「クンニで女をイカせて満足させたい」
「得意技はクンニだと言いたい」

そう思っている男性は数え切れないくらいいます。女性の気持ちいポイントというのはどうしても、男性には分かりにくいものです。

そこで、実際にクンニでイカせた事のある男性にクンニのやり方、マンコの舐め方を聞きました。また、今までしてもらったクンニで良かったものについても女性に聞きましたので参考にして下さい。

[box_h]目次

1. 男がイカしたクンニのやり方1(30歳男性)
2. 男がイカしたクンニのやり方2(37歳男性)
3. 男がイカしたクンニのやり方3(52歳男性)
4. 俺のマンコの舐め方1(57歳男性)
4. 俺のマンコの舐め方2(20歳男性)
5. 女性か良かったクンニのやり方1(21歳女性)
6. 女性か良かったクンニのやり方2(36歳女性)
7. 女性か良かったクンニのやり方3(25歳女性)[/box_h]

セックスをする中で前戯が女性にとって大きなウエイトを占めています。

男性は射精でできればある程度のエクスタシーを感じることはできますので単純です。射精に至るまでの過程よりも、とにかく射精できれば良いと単純なものです。

ですが女性は違います。初めのキスから始まって、舐める、触れる、囁く、一連の動作全部が最後のオーガズム、いく瞬間に繋がっています。

なので前戯曲の中のメインデイシュであるクンニは、セックスの中で大きなウエイトを占めています。クンニだけで女性をイカスことも可能です。

クン二はいろいろなやり方がありますので、各男性のやり方はそれぞれ違います。

クンニのやり方1(30歳男性)

ステップ1 まずはムード作り

いきなりクンニをしては相手も心の準備が出来ていないですし、興奮もしていない状態なので良いクンニが出来ないです。クンニのやり方は人それぞれですが、私の場合はクンニをする前にはムード作りをします。

パンツを脱がすときも「じゃあ脱がすね」といやらしくいいます。脱がしたら「じゃあマンコ見させてもらうね」と言って、優しくマンコを開きます。

その時に「うっわ~綺麗な色してるね~。いやらしい~」と言うようにしています。褒めてあげる事によって、女性に自信もつけますし、Hにノリノリになってくれるので。

そして、ムードを作ったらクンニを始めます。

ステップ2 マンコの周りを舐める

私の場合はいきなり、マンコを舐める事はしないです。まずは太ももをベロで舐めていきます。その後はマンコの周りを舐めます。

マンコの周りを舐めるのは「じらす」ためです。じらす事によって相手も興奮していきます。時々アナルの方を舐めるような素振りをして「そっちじゃないよ!」というようなイチャイチャな事もやったりします。

ステップ3 マンコを舐める

彼女が「早くマンコ舐めてよ!」と言ってきたり、そのような雰囲気を出して来たら、マンコにがっつきます。

まずは愛情の印として、マンコにキスをしてあげます。その時「好きだよ」と言ってあげます。やはりムードを作ってあげる事で、女の子は濡れていきますので。

その後はベロで小陰唇を優しくスローペースで舐めていきます。その時は「あ~美味しい。あ~最高だよ」と言ってあげます。

ステップ4 クリトリスを舐める

小陰唇を舐めた後はクリトリスにうつります。

クリトリスに皮があるので皮をめくってあげて、クリトリスを優しくスローペースで舐めてあげます。

ベロは縦よりも横の方が正確に早く動かせるので基本は横舐めで攻めます。しかしマンネリだダメなので、緩急をつけるために縦舐めも使ったりします。

舐めるスピードは段々と上げていくようにします。

クンニのやり方で注意する事

クンニは長い方が女性は喜んでくれるので15~20分舐めてあげます。クリトリスを舐める時間が1番多いです。

クンニをのやり方で大事なのは優しさです。クンニを舐めるのをためらう人は結構います。やはりマンコはニオイがありますし、尿道もあり、アナルにも近いという事もあるので、汚いと感じてしまうのも分かりますが、そこは愛情で乗り切りましょう。

女性だってフェラをしてくれて頑張ってくれているのですから、こちらもクンニで女性に奉仕してあげないと失礼です。

なのでクンニをする時はニオイがあろうがなかろうが「臭くないよ」「愛してるよ」と言ってあげて相手をリラックスさせてあげましょう。嘘も方便です。

私はクンニでその後のセックスが上手くいくかどうかが決まるので私は大事に行ってます。

あとクンニはスピードの緩急が大事。いきなり猛スピードで舐めたら段々疲れてきてダレてきます。なので、初めは遅く、段々と速くいきます。

クンニのやり方2(37歳男性)

ステップ1 周辺への愛撫

クンニまてなのやり方はキスから始まり、可愛いねとか、綺麗だねなどの陳腐で素面では言えないような会話をしながら、胸や腹と少しずつ、下半身へと舐めていきます。

注意点は急ぎすぎないことで、相手の反応を見ながら行うことです。反応が悪ければ、耳や鼻、脇など思い付く限りのいろんな場所を刺激して気持ち良さそうなところを探します。とにかく焦らず、がっつくような真似をしないことを心掛けます。

ステップ2 一旦休憩

あと少しで股間までという段階で、様子を伺いながら、気持ち良さそうであれば一旦下半身への移動をストップ。

胸を優しく揉んだり、乳首を転がしたりする。ときには焦らしを意識して、胸の次に腹。腹の次にまた胸へと移動したりします。

股間を飛び越えて足の方を舐めたりと、とにかく焦らそう焦らそうとします。

注意点は気持ち良さそうでなければ、すぐにクンニを開始することです。男と同じで確実に気持ちよくなってもらえると思う部位がクリトリスです。まずは気分を盛り上げないと先に続かないと思うからです。

ここでもやはり焦りは禁物で、相手の様子を伺いながらじっくり責めていきます。

ステップ3 周辺を舐め回す

すぐに直接クリトリスはいじらずに周辺を舐め回します。声を聞きながら、少しずつ少しずつクリトリスに近づく。相手の腰が動いていたら、それに合わせて自分の顔を押し付けて圧迫したりして刺激を与え続けます。

ステップ4 クリトリスを舐める

いざ中心部にたどり着いたらそっと舌で皮をめくり、焦らず、優しさを意識したやり方でクリトリスを舐め続けます。時には鼻で圧迫したり、指で膣やその周りを刺激しながらひたすら舐め続けます。

注意点は強弱をつけて刺激することです。単調で激しい舐め方が一番良くないと思います。また、顎が疲れてきても決して飽きないよう、無心で続けることが大事なポイントだと思っています。

但し合う合わないはあるので、相手がもうやめて欲しいという意図を伝えてきたらすぐやめるようにしています。日に寄っても違うと思いますし、自分のやり方に執拗に固執しないということが最も大事なポイントだと思います。

クンニのやり方で注意する事

各ステップの注意点にも書いたように、とにかく焦りやマンネリが禁物だと思っています。男とは多少仕組みが違うとはいえ、一定の刺激ではイケないし、強ければ良いというけでもないと思うのです。

クンニは男にとってのフェラと同じだと考えています。基本的には自分がされたら気持ちいいと思うような刺激を与えることを意識しています。

ただし、女性には膣や乳首などの責めやすい部位があるので、とにかく思い付く限りのバリエーションで、クンニしながら両手も使い、合間に会話もしながらを心掛けています。

セックスもクンニもコミュニケーションの一環と考えます。相手への気遣いが何よりの大事な注意点だと思っています。”

クンニのやり方3(52歳男性)

ステップ1 じらす

セックスにおいて女性は受け身です。逆に言えば、プレイやクンニをされるのを待っている身、それが女性の側です。裸になってセックスする体制なのに、もったいぶったりじらして待たせる。

性的興奮を高めるためには、このじらすやり方が非常に効果的です。これを待ってたのよ、という興奮が待ちに待ってぐっとくるからで、その後はすごく逝きやすくなります。

最初に股を開かせて、陰部のまわりをいじりかけますが陰部中央はいじらない、陰部に顔をじっと近づけてしげしげ見る。見ながら、いやらしい、って言葉をかけ、息をふきかける。直接の刺激をしないようにして間接的に攻める。

そうこうするうち、濡れやすい子でなくてもじっとりと濡れてきます。

ステップ2 拡げる

相手の女の子がもう我慢できない、って悲鳴を上げるかもしれませんが、その段階で、指であそこを拡げます。クリトリス、尿道口、膣が丸見えになります。

指であそこを拡げたり閉じたりしましょう。どんどん濡れてくるはずです。

ステップ3 マンコ中とクリトリスを舐める

この段階でようやく舐めます。手であそこを横に引っ張り、拡げたまま中を舐め始めます。クリトリスを集中的に、尿道口、膣あたりまで舌を這わせ、一番感じているところを丁寧に舐めます。

濡れが弱いときはローションを使うと効果的です。クリトリスは豆の皮を剥くようにして、剥いた豆に舌を届かせます。クリトリスを歯で少し噛んだり、豆の部分を吸ってみるのもいいでしょう。

ステップ4 指も参加

クリトリスの攻め、膣までの舐め回し、指でのクリトリスの弄りや膣への指入れ、これらを相手の感じ方を見ながら連続攻撃していきます。根気よく続けましょう。

これが、相手の女の子を逝かせることができるクンニのやり方です。

クンニとフェラチオの69プレイ、挿入だけのセックスでは味わえない快感がそこにあります。”

クンニのやり方で注意する事

男性側はクンニというと臭いや不潔など、嫌な人が多いかもしれませんが、クンニをするときにはその嫌なそぶりを女性に見せないようにすることです。そうすると女性は一気に冷めてしまいます。

それと、非常に敏感な部分ですので、女性が痛がるようなことはしないようにしましょう。「痛くない?」「気持ちいい?」って都度声掛けして行為を行うと、女性側は安心感も得られ、濡れやすくなります。

クンニだけでは逝かせにくい場合には、柔軟に、指で弄ったり、バイブなどおもちゃを使うようにしましょう。バイブと舌の連動は女性側はすごく感じてくれるはずです。プレイは偏らない、これが大事です。

[box color=”black” title=””]上記の3人の男性のやり方で共通している事は、マンコをすぐ舐めないと言う事です。

クンニとはマンコを舐める行為ですが、セックス中のクンニの位置づけとして、マンコだけを舐めるのではなく、前戯、愛撫としての位置づけが高く、セックス全体の中でどうするかを含め、クンニと呼ぶようになっています。

ですので、クンニには下準備が必要なんです。その中で、本来の意味のマンコを舐めるという行為があります。

ここからは、そのマンコを舐めるやり方に特化して、お伝えしようと思います。[/box]

マンコの舐め方1

ステップ1 「大陰唇」への愛撫

まずは優しく「大陰唇」周辺や脚の付け根に唇を這わす感じで始まります。少し舌を出してぺろぺろ舐めるという感じです。そして素敵だと囁きます。

ステップ2 「小陰唇」「膣口」への愛撫を強める

それから「小陰唇」「膣口」へ舌を徐々に強くあてながら、その周辺をなでまわしながら奥に向かって侵入していきます。

この段階で、時々女性の唇に人差し指や中指をあててください。感じていれば、女性は指を吸いこむ様に舐めるでしょう。

また、時々、足のつけ根の方に舌を這わして焦らしたりすると女性の欲望は高まります。軽く「大陰唇」を指でタッチするのも良いでしょう。

ステップ3 いよいよ「クリトリス」へ

だんだん湿って、濡れてくれば、一気に「クリトリス」を攻めていきます。舌を棒の様に太くして、「クリトリス」をこすりながらクン二でさらに奥まで舌を挿入していきます。

舌を膣内へ出し入れするステンポを徐々にアップしていきます。初めは軽く、そしてだんだん強くクリトリスを指で転がす様に摩ると刺激はさらに強くなります。

ステップ4 「クリトリス」を舐める音を出す

力強く、舌を駆使してクリトリス周辺を舐めまわしてください。くちゅくちゅした音もたちますがその音が余計に女性を興奮させます。

少し舌が疲れてきますが、女性の快感は最高調に達して行くのです。

貴方の頭を両手で強く抱えて陰部に宛てはじめたらクライマックスはもうすぐです。大きな声でイクイクと叫びぐったりするでしょう。

マンコを舐める時の注意点

貴方の下半身もクンニの最中にだいぶ欲望が溜まっていることでしょう。早く女性をイカせて挿入した思いから「クリトリス」を指で転がす力を強くしてしまいがちです。

ですがこれは逆効。

あんまり指でクリトリスもてあそぶと、女性は傷みを感じてしまいます。その時は快感が勝ちますが、行為が終わってしばらく経つとヒリヒリする様な痛みを女性は感じるかも知れません。

そんな時には69の体制に入れ替えます。貴方の欲望をフェラで沈めてもらうのです。そして行為が一段落したところで必ず女性の頭を撫でて、愛を囁いてあげましょう。

首筋や耳。そしてクリトリス等、あちこちを舐めてあげましょう。

マンコの舐め方2

ステップ1 びらびらにそって舐める

簡単に言えば円を描く感じで舐めるという事ですね。そうする事でクリトリスを舐められてる時とは違う感覚を感じるとの事です。

また、本当に感じるところを舐めていないために焦らしているといっても良いでしょう。相手のテンションも上がってくるはずです。

ステップ2 上下にスライドするように舐める

この際、一定のスピードではなく早くしたり遅くしたりといったテクニックが必要です。だいたい濡れていますがこれによりもっと濡れてくるはず。私の体験ではだいぶ濡れてた…。笑

舐めるといっても普通に舐めるだけではいけません。舌を出し入れしながらスライドさせたりすることで余計感じる事になります。左右に高速で舐めたりする工夫も凝らせばいっそ濡れてイキやすくなるかもしれません。

ステップ3 相手はこれでイキました

クリトリスを集中してなめる。舐め方としては簡単です。舌の中腹くらいのところにクリトリスを当てて舌を出し入れするだけ。早くしたり遅く動かしたりと、そうすることでだいぶ感じます。腰をうならす様に感じ出すので分かると思います。

たまに舌先でチョロチョロ舐めてもいいでしょう。私はそれをしてたら相手はすぐイキました。

イッた瞬間、腰がいきなり動いて相手の股間が強く僕の鼻に当たって血が出て、エッチが中断したのはここだけの秘密です。笑笑

マンコを舐める時の注意点

舐める上で大切な事は、いかに優しく舐めるかです。ただ激しくクンニしたらいいなどといった単純なやり方では女の子も満足はしてくれません。

その為には、常に相手の立場で考えて舐める事です。自分が思う、「こうしていれば感じるだろう」と言うような考えではいけません。

相手に聞く事も大切です。いたわる事です。常に優しくしてどんな感じでしたらいいか聞く事で相手も答えてくれるはずです。クンニはやり方次第では性器を傷つけることもあります。優しくしてあげましょう。

クンニでイカせることが出来たら本物だ!!!

女性が良かったクンニのやり方1(21歳女性)

ステップ1「全体を優しく」

局部全体を舌先や唇で触れるか触れないかくらいの軽いタッチから始めていき、焦らしながらじっくりされると気持ちいいです。

男の人は激しくすれば気持ちいいと思っている人が多く、クンニでもいきなり激しくしてくる人がいますが、実際は激しければいいというものではありません。

最初は優しくソフトに、軽く焦らしながらしてほしいです。その時に言葉責めもされるとより興奮度が高まると思います。焦らしは女性の興奮度に合わせて長くしたり短くしたりするといいと思います。

ステップ2「全体的に大胆に」

軽いタッチの次は舌全体を使って舐めてほしいです。その時も激しくはせず、優しくゆっくりと舐められると気持ちいいです。やり方を例えるならば、ソフトクリームを舐めるような感じにするといいと思います。

ステップ3「クリトリスを中心に」

全体的に舐められることで局部全体の感度が高まってくるので、1番敏感なクリトリスをいじめられたくなります。

ですが、とても敏感なので刺激が強すぎると逆に痛くなり萎えてしまうこともあります。舌全体を使って優しく舐めたり、クリトリスを口に含むようにして軽い刺激を与える程度が1番気持ちいいです。

クリトリスだけを責めるのではなく、時々膣の方も舐めるようにしてほしいです。膣の中に舌を入れられたり膣の周りを舐めることで、またクリトリスを舐めてほしいという気持ちになり焦らされた気持ちよさがあります。

クンニの注意点

クンニは激しくすると気持ちいいどころか、逆に痛くて気持ちよさが全く感じられなくなります。優しくソフトタッチでされることのほうが気持ちいいということを理解したうえで舐めてほしいです。相手の反応もみながら優しくしてほしいと思います。

女性が良かったクンニのやり方2(36歳女性)

ステップ1「回りを舐め舐め」

まず大陰唇に暖かい息をはきかけ、キスをします。左右満遍なく交互に行うとじられている感じがいいです。

息を感じると、彼の顔が近くにアソコ近くにあると認識して更に恥ずかしく感じます。

いきなりクリトリスに触れるやり方だと痛みを感じることがあります。舌を使って回りを舐め舐めしてあげると、じらしに耐えられなくなった女性の方からクリトリスを突き出してきます。

ステップ2「クリトリスに向かってなぞる」

膣口から上のクリトリスに向かってなぞるように舌を這わせてあげます。ペロッペロッと大きく上下運動を何回か繰り返しクリトリスの辺りは舌の力を抜いて面でベローンと撫でてあげます。

舌のざらざらしているけど、やわらかく、暖かい感触がたまりません。クリは強く刺激するより、ソフトタッチのほうが感度があがります。

舌を出して膣口をふさぎ一旦静止してみると、情勢のアソコが次の刺激をまって波打ってきます。

ステップ3「クリを重点的に舐める」

その後クンニの醍醐味、クリを重点的に舐めてあげます。その際舌先を使って、あくまで優しく、円を描くように舐めたり、上下、左右にチロチロペロペロ舐めてあげます。

根気よく同じ一定の速度を保って長く舐めてあげます。そしてたまに優しく唇を使ってクリを吸い上げてあげます。女性は腰を浮かして感じるでしょう。

そうすることで、女性はいきやすくなります。

ステップ4「膣口に舌を硬くして一気に中へ押し込む」

そして、膣口に舌を硬くして一気に中へ押し込みます。ぬれぬれのアソコはさらにうるおいます。中を舌でかきまわしてげます。少々激しくでも、舌はやわらかいので痛みを感じません。

クンニの注意点

愛情をもって、丁寧にクンニしてあげると女性にもつたわります。

女性からしても、身を預けるのはハードルが高いですので、しっかりリラックスして、感じさせてあげられるよう、優しい言葉がけや、言葉攻めも効果的です。

女性が良かったクンニのやり方3(25歳女性)

ステップ1 「クリトリス」

まず、両足を広げられ、クリトリスだけを舐めてもらいます。舌を固くし、一点に集中するように刺激されます。クリトリスだけをひたすら縦舐めで舌先だけで舐めてもらう感じです。

そこで濡れてきたら次のステップです。注意点はあまり刺激されすぎると、その刺激になれてしまい、次第に快感が薄れてくるので、終わるタイミングが重要です。

ステップ2 「膣口」

クリトリスだけの刺激が終わると、舌を柔らかくし、舌全体を使ってこねくりまわすように膣口も舐めてもらいます。クリトリス、膣口だけではなく、お尻の穴などその辺り全体をなめ回すようにしてもらうのが好きです。

注意点としては、このとき女性の顔を見ながら行います。個人的に舌を膣の中に入れられるのは好きではないので、(入れられるのが好きな人もいると思いますが…)女性の反応を見ながら舌を入れるか入れないか判断するといいと思います。

ステップ3 「手マン」

膣が十分に濡れた後は、舌でクリトリスを刺激されながら、穴に指を入れてもらいます。Gスポットに当たるように初めはゆっくり動かしてもらいます。

はじめはゆっくり上下運動で。しばらくしたら少し激しく、前後運動で出し入れをします。この指の出し入れを行う際、下腹を軽く押されるとさらに子宮が刺激され、とても気持ちいいです。

注意点としては必ず爪を短くすることです。少しでも伸びていると快感よりも痛いことに気が向いてしまいます。

ステップ4 「指を抜く」

しばらく指で刺激したら、その後はステップ1のクリトリスだけを舐めるに戻ります。一旦指を抜くことによって、また次に指を入れられたときの快感が増幅します。

女性の反応を見ながら、刺激に慣れてきたなと思ったら、また指をいれます。

感じ方は人それぞれなので、気持ちよさそうにしているのか、もう終わって欲しいのか。反応を見ながら行うことが何より大切です。

クンニの注意点

クリトリスをしっかりと刺激することです。的が外れているといくら舐め続けられても、一向に気持ちよくなりません。

気持ちよくならないばかりか、だんだんくすぐったくなってくるので、しっかりと女性の反応を見ることが大切です。

また、クンニでイけない日もあるので、イけなさそうにしている場合は様子を見て中断することも大切です。