スパンキングしたい!ケツを叩かれて喜ぶ女と出会う方法

「スパンキングは男の夢」
「真っ赤に腫れあがったケツじゃないとイケない」
「スパンキングされたいMな女と出会いたい」
「スパンキングできる変態女と出会いたい」
「彼女がスパンキングをさせてくらないから出来るセフレが欲しい」

そう考えるのは、あなただけじゃありません。

全国には沢山のスパンキングしたい男性、スパンキングされたい女性がいます。その人達から、どうすればスパンキングが出来るのか?を聞きました。

スパンキングをしたい男性は、読み進めて下さい。

スパンキングするには、どこで女性と出会い、どんな過程でスパンキングをする?

実際にスパンキングをした、スパンキングをされた、みんなの口コミや体験談からヒントを得る事は、とても重要な事です。スパンキングする方法をみてみましょう。

出会い系サイトはスパンキング出来る女がいる 29歳男性

出会い系サイトはスパンキング出来る女がいる 29歳男性

僕は現在31歳の自営業を営むものであり、言い方は悪いかも知れませんが「Sっ気のある精豪」だと自分の事を自負しています。

Sっ気という物がどのくらいの物なのか、それは相手が顔を痛みによって歪ませているのを見ていると勃起が止まらなくなるというレベルであり、セックスで好きなプレイは激しく尻を叩きながら相手も僕のペニスも痛みを伴うくらい激しく打ち付ける事なのです。

このような癖になった理由としては「幼いころ僕が他人を傷つけた経験」が元となっています。この瞬間に幼いながらも人の痛みを伴う非常をみて快感を得ており、それが大人になって大爆発した結果が現在の僕なのです。

Sプレイを禁止している風俗は多い

僕は自営業という事で普段は自宅でデスクワークをしながらたまに外出するという生活で、専用の出会い系サイトを使用しなければ女性と出会う事のない生活をしています。

風俗にも行くのですが、Sプレイを禁止している風俗の方が圧倒的に僕が住んでいる近辺では多く、正直生ぬるいか快感しか得られないのでこれから紹介する彼女と出会うまではしばらく御無沙汰でした。

過去の経験からも幾度か痛みを伴う激しいスパンキングセックスをしたことがありますが、過去の彼女たちはそろって「激しすぎる」と一瞥され、僕の人間性を全否定して逃げていくのは日常茶飯事です。

出会い系サイトでM女を探す

どこかに僕に見合ったMのパートナーはいないのかと、性欲と加虐プレイに飢えていた僕は出会い系サイトの利用を開始するのです。

僕が利用した出会い系サイトは「S」と「M」がうまくマッチングするためのヤリ専のサイトでした。そのサイトは比較的利用者の評判も良く、僕も登録しサイト内の女性を見ているとなんだか気になる人を見つけました。

彼女は30歳のM気質の人であり、「私を徹底的にいたぶってくれる人を募集します」というプロフィール文章と彼女のかわいらしい容姿に僕は魅了されすぐさま申請メールを送りました。

彼女も僕の事を気に入りすぐさま実際似合う約束を取り付けます。お互い共通の駅で待ち合わせを行いいざ対面した彼女は、顔を高揚させ僕の手を握ってきます。

この人は本当にいたぶられて悦ぶタイプの人なのだと、僕のそれなりに経験を積んだ勘というのがこの瞬間に働きました。

スパンキング開始

彼女とホテルに足を運ぶと僕はすぐさま彼女の髪の毛をつかみベッドに叩きつけました。そして何の前技もなしに僕の一物を彼女の膣内に挿入し激しくスパンキングを開始します。

彼女の膣内はすでに湿ってぬるぬるの状態であり、僕は太ももの付け根を激しくぶちながら彼女を罵倒し始めたのです。

一突きするごとに彼女はいやらしく喘いでおり、正直僕もここまで反応のよい女性は初めてだったのでテンションが上がりスパンキングにも熱が入ります。

僕は体が温まったところでバッグからペニスサックを取り出しペニスに挿入、体位をバックに変え再び彼女の膣内に挿入します。激しくスパンキングをしながら激しく彼女の尻を叩きお互い叫びながらセックスに僕はとてつもない幸福感を感じていました。

行為がすべて終わった彼女の顔を見てみると、涙と涎でぐしゃぐしゃになっており、お互いの体も愛液と精液と汗でびちょびちょになっていました。

彼女とは現在彼氏彼女の関係となっており、時間が空けばこのような激しいセックスを定期的に行う関係性になりました。

普段はSな彼女が実はドMだったので、たくさんいじめてやったときの話 38歳男性

私は普段38歳のサラリーマンですが、普段はごく普通の家庭のお父さんです。子供も2人いて家庭も仲が悪いわけではなく平穏な日々を送っています。

そんな私ですが、数年前によく行っていたキャバクラの女の子と不倫をしていました。当時彼女は29歳で、ぱっと身はちょっときつめの綺麗な女性でした。

私は特にルックスがいいとゆうわけでもなくそんなにもてる方でもないのですが、お店で色々話を聞いているうちに仲良くなってプライベートでも会うようになり、そういう関係になってしまったのです。

スパンキングをしてみようと思った

パッと見は綺麗な彼女ですが、仲良くなっていくうちに分かってきたのですが、普段は非常にきつく男性的な感じがする女の子でした。

しかし、いざ夜になりエッチの時になるととても恥ずかしがり屋でものすごく女性的になり、私の言うとおり何でも尽くしてくれます。

このギャップにすっかり私はハマッてしまい、フェラなど奉仕させるセックスをさせて楽しんでいたのですが、ある時スパンキングをしてみようと思い立ったのです。

なぜスパンキングをしようと思ったのかというと、前にやったことがあり彼女が凄くイッたからです。

バックから攻めていたときのことでした。なんとなく彼女をいじめたくなった私は、挿入したままで彼女のお尻を何度かたたいてみました、そのとき彼女は「いや、やめて」と言いながら、その後すぐにイッてしまっていました。

そのことを思い出し、是非もう一度やってみたくなった私はある時、彼女の部屋で「今日はスパンキングして遊んでやるから」といって、とりあえず全裸にさせました。

やめてと言っているが、マンコは濡れ濡れ

一人全裸になった彼女を自分のベットにいかせ、少々もてあそんだ後に後ろからお知りをおもいきりバシバシ叩いてやりました。

「痛い、やめて」といって彼女は涙ぐんでおり、ちょっとやりすぎたかなと私も一瞬心配になりましたが、しばらくしてよく見ると彼女はぐしょぐしょに濡れていました。

その後ちょっと乱暴な感じでエッチを楽しみましたが、普段よりも感じてしまったらしく終わった後はベットから動けなくなっていました。本当にドMだったんだと思います。

その後スパンキングの味を占めた私は、エッチの度に何度もスパンキングを行いました。

ちょっとやりすぎて赤くはれてしまっているときなんかもありましたが、お店で平然と接客をして時に実は彼女のおしりが赤くはれている姿を想像しては私は興奮していました。

彼女との関係が終わる直前などは私も彼女もエスカレートしてしまい、全裸に首輪と手錠をつけてスパンキングを楽しむようになっていました。

悪ふざけで撮ったそのときの動画が、私のスマホには今も残っています。家族には決して見せられませんが、彼女とのいい思い出です。