出会い系で失敗した時に癒してもらう「オキニの風俗嬢」について

当サイトでおなじみの、かぐやさん。出会い系を使ってセックスをしまくっていますが、それ以上に失敗もあります。おもに出会ってみてイメージと違うかった事によるノーセックス(セックスが出来ない事ww)です。

基本的に出会い系で成功(性交)率を上げるには写メを交換する必要はあるのですが、かぐやさんは交換せずに出会うというポリシーを持っています。

そんな彼が、出会い系で失敗した時に決まっていくのが風俗です。本来ならお金を使ってセックスしたくはないのですが、指名で行く風俗嬢には理由があります。お金をだしてでも行きたい。そんな風俗嬢についてお話します。

あなたも出会い系で失敗した時は、風俗で癒してもらってはいかがでしょうか?

ニックネーム かぐや
性別 男性
よく利用する出会い系サイト PCMAX
プロフィール フツメン。177センチ。やせ形。おっとり系。独身。
いつもの今回の出会いの戦略 とにかく数を打ってメッセージをやり取りできる相手を探し、相手の興味のありそうな話題を探ってデートに引っ張り出すことでした。会えば流れ次第でホテルにも連れ込めます。

出会い系で失敗した時の救世主「オキニ」について

どうも、かぐやです。私は出会い系で失敗した時は決まって、福原の「夢女華」に行ってました。

そのソープに2年ほど前まで在席していた女性です。年齢は私の3つ下です。全身タトゥーということで、風俗でなければまず出会えないタイプの女性なので、月に1回は指名して通っていました。

背中には虎の絵柄が入っていて、乳房や手のひらにも掛かるほど全身タトゥーだらけでした。タトゥーの入った肌に触れた感触は少しザラザラしていて印象に残っています。

彼女が夢女華に入店してすぐにフリーで入ってボーイに「がっつりタトゥーが入った娘でも大丈夫ですか?」と聞かれて「全然オッケーです」と答えたところ彼女と遊べました。

その可愛らしい顔に凄まじいタトゥーというビジュアルに衝撃を受けて翌週も会いに行ったところ、初めての本指名客が私だったそうです。

貴重な女友達

昔はゴスロリ系の服を着ていたが「もう着ない」ということで女装用にスカートと小物を何着かもらったりもしました。

私が女装することもカミングアウトしていましたし、彼女ができたときの相談にも乗ってくれる貴重な女友達のような存在でしたが、お店を卒業してしまったため(連絡先は知っているが)今は連絡を取っていません。

彼女が一度お店をやめたときはメールで相談に乗ったりもしています。(そのときは結局もとのお店に戻ってきました。)新しいテクニックを覚えたときは私で練習してくれたりしてました。

お互いに本名も知っていて、少なくとも私にはセックスだけの相手ではありませんでした。3年ほどの付き合いでしたが、ここまで仲良くなれたソープ嬢はほかにいません。

会いたいが、どんな顔で会えばいいか分からない

今でもネットに残っている写真を見ながら思い出にふけりたくなる人です。今でも会えるなら会いたいとは思いますけどね(笑)

実際のところを考えてみると、どういう関係として会うのかって話になります。いまさら恋人になれるような出会い方でもないですし、仲は良くても相手にとっては「お客さん」だった人ですからね。

3年くらい客とソープ嬢の関係だったものを、お金のやり取りなしで会うのってなかなかハードルか高いです。

元・お客さんと元・ソープ嬢という関係を続けるだけなら彼女にとってもいずれは厄介なつながりになってしまうでしょうし、前向きな卒業でしたので邪魔はしたくありませんでした。

人間的な付き合いが出来たからこそ、出会い系で失敗した時の癒しになっていました。

かぐやの出会い系失敗談

※↓巨乳の風俗嬢に癒してもらってます。

※↓オキニの風俗嬢に癒してもらってます。