【出会い系】13個の危険!正しく知れば安全にセックス出来る


どうも!スケベ100%管理人の、はめおです。

セックスがしたい。セフレが欲しい。でも出会い系サイト(アプリ)って本当に「出会えるの?」「危険が沢山あるんじゃないの?」そんな風に思っていませんか?

最初にハッキリと言いますが、セックス出来ないのは危険な悪徳サイト(アプリ)を使っているからです。

[box color=”black” title=””]出会い系サイト(アプリ)には大きく分けて無料のもとと有料のものがあります。無料のものは悪質サイトが多くどれだけ頑張ってもセックス出来ません。また、有料のものにも危険はひそんでいます。[/box]

えっ!!悪質サイト(アプリ)なんか使ってないよ!っていうアナタ。もしかしたら、シチュエーションに合っていないものを使っている可能性があります。今すぐ下記でチェックしてみて下さい。
[button url=”http://fukuoka-soap.net/?p=3059″ text=”シチュエーション別!安全にセックス出来る出会い系サイトを見る” type=”normal” color=”orange” width=”wide”]

出会い系サイトは現代社会においてとても需要の高いサービスとして今なお人気のある存在ですが、一度も触れた事のない方にとって出会い系サイトには危険な事柄が沢山あるというイメージが強いものでしょう。

確かに、全ての出会い系サイトが安全とは決して言い切ることが出来ません。筆者自身もヒヤっとした経験を何度もあります。しかしながら正しい知識があれば防ぐことが出来たことばかりであり、危険を回避出来ればこれ程までに便利なサービスも無いことも事実です。

今回は現在の正しい出会い系サイトの姿を皆様にお伝えし、正しい知識を獲得してセフレを作りセックスしてもらう事が目的です。

[box color=” waku” title=”目次1”]
1.優良出会い系サイトではサクラ・ネカマのイメージは古いものとなっている
2.無料出会い系サイトの危険(4つ)
 2-1.無料出会い系の危険その1「多重登録」
  2-1-1.多重登録のほとんどはメールサービス
 2-2.無料出会い系の危険その2「多額の入会金」
 2-3.無料出会い系の危険その3「アドレス回収業者」
  2-3-1.無料の掲示板が特に危ない
 2-4.無料出会い系サイトに登録してしまう理由
 2-5.無料出会い系の危険その4「未成年者との接触」
3.有料出会い系サイトの危険(2つ)
 3-1.有料出会い系の危険その1「高額利用料金」
 3-2.有料出会い系の危険その2「キャッシュバッカー(CB)」
4.有料&無料の出会い系サイトに共通の危険(6つ)
 4-1.出会い系に共通の危険その1「美人局」
 4-2.出会い系に共通の危険その2「援デリ業者」
 4-3.出会い系に共通の危険その3「割り切り」
 4-4.出会い系に共通の危険その4「パパ活」
 4-5.出会い系に共通の危険その5「水商売への勧誘」
 4-6.出会い系に共通の危険その6「性病」
5.出会い系よりマッチングアプリに多い危険(3つ)
 5-1.マッチングアプリに多い危険その1「他サイトに誘導」
 5-2.マッチングアプリに多い危険その2「ビジネス勧誘」
6.優良出会い系サイトの基礎知識
 6-1.身分証・年齢の確認が必要な理由
 6-2有料サービスに落ち着いてしまう理由
7.全てを踏まえた上で安全に出会うための方法
8.出会い系サイトの危険「まとめ」[/box]

出会い系サイト(アプリ)とは?出会い系サイトといっても、人によって認識は違うのでここでは以下のように定義してお伝えいたします。

[box color=”black” title=”出会い系サイト(アプリ)の定義”]遊び相手を探す。(セックスの相手、友達など、真剣交際以外が主な目的)

優良出会い系サイトの代表はPCMAX・ワクワクメール・ハッピーメールなどです。[/box]

[box color=”black” title=”マッチングアプリ(婚活・恋活サイト)の定義”]恋人を探す。

優良のマッチングサイトの代表はペアーズ・with・タップル誕生など[/box]

冒頭でもお伝えしましたが、これらサービスの目的の違いにも、出会い系サイトやマッチングアプリには、無料サイトと有料サイト、さらに有料サイトの中には、優良サイトと悪質サイトが存在します。

この認識が違い、目的に合わないものを使っていると、いつまでたってもセフレが出来ません。

1.優良出会い系サイトではサクラ・ネカマのイメージは古いものとなっている

出会い系サイトにはサクラ・ネカマがいっぱいいる・・・このイメージは現状では古いと言わざる負えません。少なくとも出会い系サイトの運営側にとってサクラやネカマといった存在は会員の離脱をさせる存在の為、積極的に排除される様になっています。

ネカマというのはネット社会で性別を偽り女性であると認識させている男性会員の事を指しますがこうした会員は出会い系サイトを楽しんでいる会員にとって害悪であり、出会い系サイトの運営に支障を生じる存在となります。

出会い系サイトを利用する以上、ある程度のお金を投じていく事になりますがこれが無駄なものになってしまうのは会員側にとって不利益でしかありません。

昔はともかく今の出会い系サイトは会員を大事にしていくスタンスで成長している所だけが残っている状態なので、利用者の支持を得ている所だけが優良サイトとしてなお活躍中です。

従って当サイト内でオススメ出来る出会い系サイトはその全てが優良サービスを提供している場所だけであり、登録した先にネカマやサクラが待っていた、なんて事態にはなりません。

しかしながら悪質サイトではサクラやネカマがいる事も否定できない為、正しい知識を持ってこうしたサイトを避けなければなりません。

今回、出会い系サイトの危険性を特集するにあたって、こうした悪質サイトを避ける方法と見抜く方法を伝授出来ればと考えています。悪質サイトを使ってもセフレが出来ることはありませんのでしっかりと理解して実践して下さい。

※サクラについての詳しい情報は以下からご覧下さい。

2.無料出会い系サイトの危険

今回大きく分けて有料・無料という枠で危険性をお伝えしていますが、無料の出会い系サイト及び出会い系スマホアプリというサービスは基本的に危ないものばかりです。

出会い系サイトは基本的に無料で提供できるサービスではありません、国から必要とされている本人確認は人的確認が基本ですし、女性会員を常に募集する広告費なども運営費に関わってきます。

従って無料出会い系サイトはこれから出会い系サイトを楽しもう、と思っている方にとってほぼ利益は無いもの、と考えて下さい。

むしろ悪質な商法で会員から運営費を搾取しようとしてくるサイトやアプリが野放し状態ですから、これらは積極的に避ける必要があります。

無料の出会い系サイトやアプリで危険な例を幾つか挙げていくので、これらを見抜く術をきちんと身に付けておきましょう。

2-1.無料出会い系の危険その1「多重登録」

ほぼ全ての出会い系サイト、及びアプリというものは「利用規約」が存在します。

これは登録者とサービス運営者間での約束事、守らなければ罰則や罰金を与えるという事柄や裁判になった時に何処の裁判所を利用するか、運営者は何処の会社なのか、様々なルールが書かれています。

この利用規約を隅々まで見ている人は殆どいないのが現状です、危なさそうな出会い系サイトだと判断した方はまず初めに確認する項目が利用規約になります。

利用規約に怪しい項目のある出会い系サイトは危険性大で登録しても良いことはありません、その中でもポピュラーな物の一つが多重登録になります。

これは無料出会い系サイトや無料アプリへの登録者は姉妹サイトへの登録を義務付け勝手にメールアドレスをそのまま姉妹サイトへの登録に使うというもの。

姉妹サイトでは無料ではなく有料となっており、見た目が殆ど変わらないサイトであったが為に、これを利用してしまい後々で使用料金の請求をされてしまうなんてトラブルがあります。

2-1-1.多重登録のほとんどはメールサービス

多重登録させられてしまった姉妹サイトは、出会い系サイトではなくメールサービスを騙っているサイトがほぼ全てです。メールサービスとは、俗に言うサクラサイトの事で、社員やバイトの人とメールするだけでお金が減っていきます。

※メールサービスについて詳しくは下記のリングをご覧下さい。

メールサービルは、出会いに繋げることは無理だと理解しておかないと、ズルズルと搾取されることになるので最大限注意しましょう。

多重登録制のサイトは利用規約で他の姉妹サイト、提携サイト、出資サイト等様々な場所に自動で登録されると規約に書いている場合が殆どなのでこの項目はきちんと目を通しておきましょう。

優良なサービスを提供している出会い系サイトにはこの項目は絶対にありません。

こうしたトラブルを事前に回避する事は正しい知識を得ている人にとって当たり前の事柄ですが、そもそも無料の出会い系サイトを使わないというのが賢明であるという認識を持ったほうがより安全であると言えるのです。

2-2.無料出会い系の危険その2「多額の入会金」

「サイト使用料無料!沢山メールを送って出会いを量産しよう!」謳い文句は様々ですが、サイト使用料無料に隠された罠に多額の入会金が存在します。

これは登録時に10万、20万の入会金を収めさせるという項目が利用規約内に存在しており、守らなければ訴訟するという悪質な業者もいる程です。

訴訟の殆どはただの脅しなのですが実際に裁判所からの召喚状が届いた場合は出廷するしかありません、出廷しなければ起訴側の主張が100%認められてしまう為に法的にも払う必要性が出てきてしまうという事に繋がるのです。

実際に訴訟を起こすだけ起こして相手が出てきたら取り下げるなんて手法であくどく稼いでいる業者も存在します。

多額の入会金の項目は利用規約における利用料金の項目に書かれている場合があります、無料の出会い系サイトに釣られてしまった場合でも、きちんと利用規約を読めば回避できる事があるので、こうした部分で回避していきましょう。

無料出会い系サイトを謳う場所は完全にブラックな場所が殆ど、口コミは業者が書き込んだものばかりで役に立たない、なんて事はザラにあります。

君子危うきに近寄らず。無料出会い系サイトは基本的には避ける方針でいたほうが賢明です。

2-3.無料出会い系の危険その3「アドレス回収業者」

アドレス改修被害にあうと後になって迷惑メールが大量に送られてくる事で気付くので、最初から気付くのは難しく引っかかってしまう人が大多数です。

迷惑メールが大量に送られてきても、メールを開いてしまうなんてミスは犯してはいけません。

迷惑メールの中にはリンクが張られているかと思いますがこうしたリンクはスマホやパソコンの機種情報やIPといった接続情報を読み解き、更にはどのメールアドレスがリンクを開いたかが記録されていきます。

出会い系サイトへ登録をしたつもりでも、実際にそこに出会い系サイトは存在せず単にメールアドレスを回収されてしまったという事になりますが、何故そのような事をするのかを考えてみましょう。

メールアドレスを回収されてしまった時点で一度騙された事になります、こうした人は騙しやすい人として登録されてしまい大量のメールアドレスをスパムメール業者へ売ることで利益を獲得しています。

業者の迷惑メールのメーリングリストに入ってしまった場合、対策方法としては、受取拒否設定をするかメールアドレスを変えるかしないと延々と送られて来ることになりますから、初めからそういった所は利用しないのが宜しいでしょう。

2-3-1.無料の掲示板が特に危ない

出会い系サイトはお金がかかるから無料のところがいいと思い、無料の掲示板タイプのものを使ったりするのは危険です。

もしくは無料でコアなニーズ(SMなどアブノーマルなもの)に応えている様に見せかけているタイプの出会い系サイトになりますが、こうしたものは殆どが個人情報を抜き取るためだけに存在している偽装出会い系サイトや掲示板になります。

2-4.無料出会い系サイトに登録してしまう理由

最も大きな要因として自分の知識や正しい知識を発信しているサイトよりも「口コミ」を信じすぎているという傾向が騙される人の殆どに見られる傾向です。

そもそも口コミは「匿名」で「無責任」なのに何故そこまで口コミを信じてしまうのかは疑問が残りますが、半信半疑で読む事が正しい口コミとの付き合い方。

悪い口コミが殆ど無いなんておかしいと思うのが普通です、どんなに優良サービスであってもニーズに合わない人は少なからず居る筈です。

また、「無料」という言葉が認識を狂わすそれだけの魔力を持っていることも挙げられます。

女性とお付き合いする時、どうしてもお金がかかってしまうので出会い系サイトへの利用料をケチりたい、という心理は誰しも持っていることでしょう。

しかしながら、その結果が出会うことの出来ない無料出会い系サイトへの第一歩を踏み出し無限蟻地獄の入り口になってしまっているのです。

[box_h]
最後に無料の出会い系アプリが孕んでいる危険の中で最も実害の大きな「未成年者との接触」を紹介いたします。この「未成年者との接触」については心惹かれる方もいるかもしれませんが、決して近寄ってはいけません。

NAVERまとめに詳しくまとめられていたので紹介しておきます。未成年とのSEXで罰せられる罰則と年齢基準まとめ

また出会い系サイトに関する法律については良く知り、間違いを犯さないようにする必要があります。

[/box_h]

2-5.無料出会い系の危険その4「未成年者との接触」

人生を狂わす可能性がある項目で、最も実害が大きいものです。今まではどちらかと言えば被害者になり得る危険として幾つかを紹介してきましたが相手が未成年であれば確実に加害者となる為、犯罪となります。

実例を挙げた方が早いのでこの項目では実例を紹介します。

横須賀高校の27歳の男性教諭は、去年12月、出会い系アプリで知り合った当時14歳の女子中学生と会い、車に同乗させたものの、未成年と分かって怖くなり何もせずに別れたとして、強姦未遂容疑で逮捕されました。

引用元:また不祥事 愛知県立高の男女教諭を懲戒 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ

ただ会っただけで強姦未遂となる時代です、気付いて立ち去っても駄目なのです。その他にも児童略取・児童ポルノ・出会い系サイト規制法・児童買春…様々な法律が利用者を犯罪者にする可能性があります。

世に出回っている無料アプリは未成年者の利用も多く、出会いのツールとして使おうとすれば出会うことは不可能ではありません。

未成年者は有料の出会い系サイトへ登録することが出来ない様に定められているので、こうした事例は無料の出会い系サイトに集中しています。

そもそも無料出会い系サイトはほぼ全てが「違法行為ギリギリのライン」か「違法行為下」でやっているのが実情です。

[button url=”http://fukuoka-soap.net/?p=3059″ text=”安全にセックス出来る出会い系サイトを見る” type=”normal” color=”orange” width=”wide”]

[box color=”black” title=””]以上で無料出会い系サイトの危険の紹介は終り、以下より優良出会い系サイトの危険についてお伝えいたします。[/box]

[box color=” waku” title=”目次2”]
3.有料出会い系サイトの危険(2つ)
 3-1.有料出会い系の危険その1「高額利用料金」
 3-2.有料出会い系の危険その2「キャッシュバッカー(CB)」
4.有料&無料の出会い系サイトに共通の危険(6つ)
 4-1.出会い系に共通の危険その1「美人局」
 4-2.出会い系に共通の危険その2「援デリ業者」
 4-3.出会い系に共通の危険その3「割り切り」
 4-4.出会い系に共通の危険その4「パパ活」
 4-5.出会い系に共通の危険その5「水商売への勧誘」
 4-6.出会い系に共通の危険その6「性病」
5.出会い系よりマッチングアプリに多い危険(3つ)
 5-1.マッチングアプリに多い危険その1「他サイトに誘導」
 5-2.マッチングアプリに多い危険その2「ビジネス勧誘」
 5-3.マッチングアプリに多い危険その3「既婚」
6.優良出会い系サイトの基礎知識
 6-1.身分証・年齢の確認が必要な理由
 6-2有料サービスに落ち着いてしまう理由
7.全てを踏まえた上で安全に出会うための方法
8.出会い系サイトの危険「まとめ」[/box]

3.有料出会い系サイトの危険

有料出会い系サイトにおける、『優良サイト』と『悪質サイト』の違いで一番の違いは「高額利用料金」です。この料金の違いを知り、サイト選びの際に利用料金を見るだけでも悪質サイトを避ける事ができます。

それでは有料サイトにおける危険についてお伝えしたいと思います。

3-1.有料出会い系の危険その1「高額利用料金」

この項目は主に無料出会い系サイトの多重登録によって起こる事柄ですが、優良出会い系サイトは一律メール1通50円の所が殆どの所、悪質出会い系サイトでは一通200円~500円といった水準で利用料金がかかります。

しかも会員同士のやり取りではなくメールサービスという名目で従業員とメールするだけの出会いに繋がらない見た目だけが出会い系サイトになっている所もあります。

※詳しくは出会い系のサクラについて書いた以下の記事を参照下さい。

こうした悪質出会い系サイトの特徴は基本的に「限られたニーズに応えているサイト」を装ったものが多いのですが、例えばSM関係に興味がある会員のみ!とか女性はロリ体系の方のみ!とか…。

終いには家出少女だけが登録できる!なんて出会い系サイトにも出くわしたことがありますが、そんなに上手いこと”家出少女だけ”が登録できるサイトなんてものは存在しません。滅茶苦茶なニーズでもある程度騙されてしまう人がいるので厄介です。

またこうした特殊ニーズ系の悪質出会い系サイトは口コミ掲示板等で高評価を得ているサイトがとても多いのが現状です。

口コミは誰でも書き込みする事ができますから、自サイトを褒めることで集客が出来るならアルバイトや社員にガンガンさせる事になりますよね。

こうした口コミもサクラに該当するのかもしれませんが優良出会い系サイトはこうした自作自演をしないので、口コミが良すぎるサイトも避ける対象として覚えておくのが良いでしょう。

基本的に高額利用料金の悪質サイトは利用規約を熟読することで回避することができますが、受信するだけでポイントを消費するような悪質サイトも存在するので登録してしまった場合は無視するのが一番です。

3-3.有料出会い系の危険性その2「キャッシュバッカー(CB)」

優良出会い系サイトにおける女性会員の獲得というのは非常に難しい為、導入としてキャッシュバックシステムを採用しているサイトもあります。

これに関しては賛否両論であり、女性会員は無料で出会い系サイトを活用できる上に男性会員とのメールでポイントが溜まり、コスメやブランド品などと交換出来る様になっています。

男性よりも女性の方が出会いに繋がるタイミングを多く持てることが殆どですから出会い系サイトを利用してもらうにはこうした「ちょっとお得感」が必要になったりもするのです。

しかしながら出会いを求めていない会員とメールをずっとしていても出会うことが出来ません。

これに関しては「キャッシュバック目的の女性であっても話術で会うことが出来る」程の熟練した利用者ならいいのですが、そうでないなら「早めに見抜いて退散する」のが最善の策といえます。

殆どの出会い系サイトは「男性からのメールでポイント付与」なので、メールを送らなければポイントが増えず、ありきたりな質問や話題でメールを引き伸ばすのが見えたら早めに切り上げて他を探すだけで良いのです。

キャッシュバック目的の女性は出会い系サイトで出会いたい男性にとってはあまり良い存在ではないと思われがちですが、女友達を誘うことでポイントを得ている会員もいるので、その中から出会いを模索することも出来る訳で一概に害悪とは言いづらいのが特徴的です。

4.有料&無料の出会い系サイトに共通の危険(6つ)

美人局・援デリ業者・割り切り・パパ活・水商売への勧誘・会ったら写真と違う・性病、これらの危険は、有料や無料に関係なく存在します。悪質出会い系サイトだけでなく、優良出会い系サイトでも遭遇する可能性があります。

これはサイト運営側の問題ではなく、全て利用する人側に問題がありますので、流入を防ぐ事は難しいのです。しかし、優良と悪質の違いはこれらの人間に対する対応です。

簡単にいうと、優良出会い系サイトは対応して退会処理などするのに対して、悪質出会い系サイトはほったらかしです。対応力を見ることで優良か悪質かを見分ける事ができます。

4-1.出会い系に共通の危険その1「美人局」

美人局(つつもたせ)は二人以上の男女グループで出会い系を通じて金銭を巻き上げる行為として挙げられ、出会い系サイトの実害の中でも有名な恐喝行為です。

この美人局という危険は優良出会い系サイトと呼ばれる場所でも人為的被害に該当するため存在するということを覚えておきましょう。

また優良サイトでは積極的に排除される存在ですが、悪質サイトではどの様な人でも会員数のかさ増しになる為か排除されないので危険度が高いにも関わらずこうした会員が跋扈している現実があります。

遭遇してしまったら一生ねだられるか、警察を頼るかの二択に迫られますが警察を頼るほうが余程良い結果になります、そもそも美人局は恐喝行為なので違法です。

しかし、恐喝にならない場合があります。

近年、美人局の被害は減少傾向にありますが、お金を怖いお兄ちゃんから請求される以外の怖さとして、一般的に美人局をした側は恐喝(相手が加害者、あなたが被害者)になるのですが、お金を払わないで入ると、強姦されたと言って警察に行き、被害届が受理された場合、あなたが強姦の罪で加害者となる可能性がある事です。むちゃくちゃな話ですが、少なからずあるようです。

一般的には恐喝に当たるでしょう。

中には、実際に強姦罪などで警察に告訴するケースもありますので、慎重な対応が必要です。

引用元:弁護士ドットコム「美人局とその罪について」

強姦との立証は相手方にあります。
ですので、相手が立証してくるのをこちらは潰せばよいわけで、立場的にはそれほど不利ではありません。

ただし、完全に計画された美人局だと、あなたの言うようなこともあるかもしれませんね。

引用元:弁護士ドットコム「美人局」

上記の相談は一部です。下記に弁護士ドットコムで「美人局」に関する相談を掲載しておきます。興味のある方はご覧下さい。

「美人局」の法律相談

女性会員側から会おう、とか場所をすぐに指定してくるとかは注意が必要です。

美人局に気をつけている人は、サイト内のやりとりを残す、初対面の際にボイスレコーダーの準備をするなどして、強姦ではなく和姦である事を証明できるように心がけています。また、離脱経路の確認をしたりという事もしています。

何にせよ、初対面でトントン拍子に自分の都合通りの話になったら、警戒しておくのが良いでしょう。

4-2.出会い系に共通の危険その2「援デリ業者」

この項目は法的に宜しくない援デリといった組織的売春を行っている業者に関しての項目となります。

援デリというのは「援助交際目的の個人デリヘル」を指しますが、特徴的な事柄として「援助交際を持ち掛けてくる」「常に時間を気にしている」「スマホを常時確認している」等が挙げられます。

また未成年者は出会い系サイトに登録することができませんので、大人のアカウントを借りて利用している場合も存在します。

これは無料出会い系サイトの危険性でも挙げた通り完全に違法行為であり、上手にかわさないと犯罪者となってしまう可能性を秘めています。

出会い系サイトの利用目的で「割り切った付き合い」という金銭のやり取りが発生する出会いを求めている方に多いのが援デリ業者との遭遇です。

完全に日本人ではない女性なのにメールでは流暢な日本語を話していた、なんて場合も援デリ業者である可能性が高いですね。

こればかりは実際に会ってから判断するしかありませんが「送迎車から降りてきた女性」の場合は援デリ業者である可能性が9割型なので避けたほうが良いでしょう。

4-3.出会い系に共通の危険その3「割り切り(援助交際)」

この項目は危険と考えずに、「割り切りこそ出会い系サイトを利用する目的だ!」「風俗ではなく素人とセックスしたい」との考えで利用している男性もいると思います。

確かに割り切りは法的にはグレーゾーンです。援デリ業者と違って組織的に買春をせず、個人間でのやり取りをする事になりますので警察も関与しずらい部分があります。

ただしサイト上で「ゴムあり苺ホ別」(ゴムをしてセックス1万5千円ホテル代は別)や具体的な金額の提示をする事はサイト側も認めていません。

特に無料出会い系サイトでは未成年が登録している可能性もあります。18歳未満の女性とセックスする危険性は前途した通りです。

18歳以上の女性であっても援デリ業者と個人の割り切りの区別はつきにくく、知らない間に違法買春に手を染めていたとなりかねないですので当サイトでは割り切りを危険認定しています。

4-4.出会い系に共通の危険その4「パパ活」

最近優良出会い系サイトの中でパパ活といった言葉を良く見かけますが、これは昔の言葉で言う所のパトロンです。

性的関係を結ばずに「食事・プレゼント・お小遣い」といった物が欲しい女性が募集するのがこのパパ活ですが、金銭的に余裕のある男性からすれば問題無い事柄でも、普通の社会人にとっては余り良い出会いに繋がりませんから避けたほうが無難です。

パパ活をする女性は至って普通の女性が多いですが「若くて社会を余り知らない」といった特徴があります、パパ活から愛人関係にまで発展させる、なんて考えている男性も中々そうはならないので諦めて臨むほうが良いでしょう。

若い女性と話したい、娘みたいな年頃の女性にお小遣いやプレゼントをあげたい、そう考える方にとってはこのパパ活は決して危険では無いので、こうした方へのニーズなんだろうなと考えておきましょう。

4-5.出会い系に共通の危険その5「水商売への勧誘」

経験上、無料サイトに多いのですが、自分が働いているお店(キャバやスナック)への勧誘です。客としてくる人しかメールしないでなどと舐めた事を平気で言っています。

出会い系ですのでどんな人と出会うのかの決まりは無いので、問題ないのですが出会い系サイトを使ってセックスする相手を探したい男性にとっては迷惑な存在です。

露骨にお店へ勧誘しているので分かりやすく避けやすいという特徴はあります。

4-6.出会い系に共通の危険その6「性病」

上手く可愛い女性と出会う事ができホテルまで行けたとしても、その女性がヤリマンの可能性もあります。以前にセックスした男性が性病をもっていた場合は高確率でその女性も性病をもらっていると考えたほうがいいでしょう。

また女性は妊娠はしたくないのでゴムをつけたがる場合が多いのですが、フェラチオでも性病になります。その事を知らない性病に対して情報の少ない女性が多いのも問題です。

経験人数が増えればリスクは高くなるのですが、正直に過去の男性遍歴を答える女性はいません。基本嘘をつきます。ですので対策としてはゴムをつける。ヤリマンは避けるといった事でしか防ぎようがありません。

スケベ100%で推薦している方法は、セックスの前に性病検査を受けることですが、「性病検査=不潔扱いされた」となって怒る女性もいますので、会う前の段階で性病について正しい知識を植えつける必要があります。

生中出しOKの女性と出会ったりしたら、やりたい一心で相手のいいなりになる場合がありますが、心を鬼にして性について教えて上げてください。あなたの為に、私からのお願いです。

今は手軽に性病検査できるキットもありますので、「大人のモラル」としてセックス前にお互い検査するくらいの気持ちでいて下さい。

5.出会い系よりマッチングアプリに多い危険(2つ)

この項目は無料出会い系サイトに多いのですが、有料のサイトでは出会い系よりもマッチングアプリ系でも多く見られる危険です。ですが優良サイトはこれらの業者を排除しますので、注意すべきは無料サイトや悪質サイトです。

優良サイトを使っていると安心ではあるのですが、情報共有の為に記載しておきます。

5-1.出会い系よりマッチングアプリに多い危険その「他サイトに誘導」

アドレス回収業者と似ていますが、他サイトに誘導する業者の場合は、迷惑メールを大量に送るというよりも、誘導先へ登録させたり、クリックさせて報酬を得るのが目的です。

一番多いパターンとして、まずLINEを聞き出します。その後LINEで会話をしていると、それらしい理由をつけてURLを貼り付け誘導してきます。理由としては携帯が壊れたなどです。

登録先は、女の子といやらしい会話を楽しむビデオチャットや、高額出会い系サイトなどです。その他にもワンクリック詐欺の可能性があるので、くれぐれも送られてきたURLは無視するようにして下さい。

5-2.出会い系よりマッチングアプリに多い危険その2「ビジネス勧誘」

ネットワークビジネス(MLM)・バイナリーオプション・投資などの勧誘をされます。会ってから勧誘されるパターンとネット上で勧誘されるパターンがあります。

ネットワークビジネスは会ってから、その他はネット上でという感じ(経験上)です。

ネットワークビジネスの場合は、友達を募集していて会ってから勧誘される事で気付く場合が多いのですが、その他の場合は、「一緒に夢を実現したい人募集」などの文句で書き込みしていますので容易に見極められるかと思います。

[button url=”http://fukuoka-soap.net/?p=3059″ text=”安全にセックス出来る出会い系サイトを見る” type=”normal” color=”orange” width=”wide”]

6.優良出会い系サイトの基礎知識

さて、ここまで色々な危険性の項目を説明しましたが優良出会い系サイトは長年利用者に愛されてきた場所が殆どです、実績も運営年数も、利用のし易さ(利用料金や会員間の活気等)も、安全度も全てが高い所が今なお残っています。

出会える事も大事な要素ではありますが、出会い系サイトには幾つか守らなければならない法律のルールが存在します、これは国のお達しなので、守らなければ違法になります。

それらを理解することで一つ一つ納得して進めることが出来るようになります。

6-1.身分証・年齢の確認が必要な理由

出会い系サイトへの登録で最も警戒してしまうのは、この部分でしょう。多くの人が個人情報を出すのはちょっと怖い、と感じた筈です。

これはむしろきちんと確認を行っていない場所のほうが怖い項目で法律で定められている事柄になっています。

俗に「出会い系サイト規制法」と呼ばれる法律ですが、正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」とかなり長いもので、出会い系サイトを通じて未成年者との出会いを未然に防ぎ、利用者と児童を同時に守る為の法律として施行されています。

利用者は「身分証の提示義務」が、出会い系サイト運営側には「確認・保管義務」が求められており、法律違反には厳しい罰が課せられています。

安全な出会いを提供するためには必要な措置になっているわけです、勿論流出することの無いよう厳重に管理されています、流出騒ぎは出会い系サイトにとって絶対に起こしてはいけません、信用を失った出会い系サイトはもう立ち直ることが出来ませんから。

一利用者として、出会いを楽しむために必要な措置だと理解しておきましょう。

6-2有料サービスに落ち着いてしまう理由

前項目で国から定められているルールは目視の確認が必要です。

また会員同士のいざこざや未成年者がすり抜けてきたり売春行為を取り締まる為にも人件費はかかってしまいます。

更に女性会員を広く募集するためにもプロモーション費用(雑誌広告等)は多額でかかってしまうため、どうしても無料サービスには出来ない理由があります。

まだガラパゴスケータイが主流の時代には「スタービーチ」という無料で出会うことの出来るサイトがありましたが、出会い系サイト規制法の施行に合わせ広告収入だけでは人件費やサポートを賄えないという決断で閉鎖されました。

こうした事由もあって無料で出会い系サイトを運営するのは難しいという事が挙げられます。

7.全てを踏まえた上で安全に出会うための方法

出会い系サイトを利用する上での危険性をお伝えしましたが、対処法を知らなければ出会い系サイトを安全に使う事ができません…。そこで出会い系サイトを楽しむために守ってほしい鉄則を伝授します、これだけ守れば決して悪い様にはなりません。

[bullet_box]

  • 1.無料出会い系サイトは回避すること
  • 2.出会い系サイトの利用規約は確認すること
  • 3.年齢確認のない出会い系サイトは回避すること
  • 4.自分に都合が良すぎる展開は疑ってかかること
  • 5.未成年者か分からない場合は証明してもらうこと
  • 6.安易に口コミを信用しないこと

[/bullet_box]

1~6の鉄則を守っておけば悪い様にはなりません、現在出会い系サイトを楽しんでいる会員でこの鉄則を知らない人は大勢います。しかし「知っている」ということは財産であり、危険性を理解せず利用する事はあまり褒められた行為ではありませんよね。

もちろん運良く健全な運営をしている優良サイトへ最初に行き着いた人もいるかと思いますが、運悪く悪質サイトへの登録をしてしまう人も少なからずいるのです。

こうした「騙されてしまう人」が減っていけば悪質サイトは運営する事が出来なくなり、安全な出会い系サイトだけが残るわけですから、一人一人が気を付けることで大勢の方が楽しく出会いを見付ける事が出来るようになるのです。

未成年者かもしれない、なんて疑ってかかるのは失礼だと思うかもしれませんが若く見られて嫌な女性はいませんから大丈夫です。

8.出会い系サイトの危険性「まとめ」

出会い系サイトは全てが安全ではありません、だからこそ正しい知識が必要となります。

出会いを提供するという事は運営する為のお金も発生してきます、だからこそ私達は優良サービスを提供している会社へ費用を出す必要があり、「無料」という言葉で騙されてしまってはいけません。

健全な出会い系サイトは基本的に広告費だけでは運営する事が出来ない理由があり、これらは法律による関連が大きい部分です。
優良サイトと悪質サイトの見分け方は「利用規約」を見ればほぼ一発で分かります。

危険は回避出来る事ばかりです、これを読んで下さった方にとっては難しい話ではありません。

現代社会において優良出会い系サイトは最早アングラな場所ではなくとても明るい開けた場所なので楽しく出会いを見付けていきましょう。

[button url=”http://fukuoka-soap.net/?p=3059″ text=”安全にセックス出来る出会い系サイトを見る” type=”normal” color=”orange” width=”wide”]