長野県山形村の体験談!夜に出会い系のギャルと即会いカーセックス

はじめまして。Naoです。

私が今回お話する体験は、出会い系サイト(ワクワクメール)の体験です。出会いは夏の熱い夜でした。

田舎の夜を想像できない人もいるかもしれませんが、今回の話の舞台である、長野県塩尻市や山形村の夜はとても静かです。そんな静かな住宅街を車で走り、少し遠くても話すためだけに会いに行くといった出会いでした。

でも実際会ってみると、男と女。カーセックスをしてそのままセフレとなった体験です。

これはワクワクメールで体験した一つの出会いに過ぎないのですが、とても印象深い体験だったので是非とも共有したいと思って投稿させて貰いました。

プロフィール
ニックネーム Nao
性別 男性
現在の年齢 29歳
いつの話? 25歳(4年前の夏)歳
利用した出会い系サイト ワクワクメール
当時のプロフィール 私は当時25歳の自営業で、容姿は普通。身長は170前半で体重は45kgの痩せ型。大人しめ系。彼女なし。

えみさんは当時フリーターでアパレルShop店員。20代前半(性格には知らない)キツネ目の美人でギャル。身長は150半ば、スレンダーで出る所は出ている。活発系。彼氏と別れたばかり。

今回の出会いの戦略 深夜遅い時間の書き込みは一気に出会いやすい、また初心者マークも狙い目。
相手と会うまでに掛かった費用 サイト内ポイント500円程度、ジュース代240円、ガス代500円程度

寝付けない時は、出会い系サイトの掲示板を見るのが日課

私が住んでいたのは長野県塩尻市です。長野県には松本市と長野市の二つが大きく栄えた町として知られている県なのですが、その松本市に通勤する人が多いベッドタウンと呼ばれているのが塩尻市です。

夜になると車の通る音がするくらいで静かな町なのですが、そこから数キロ離れた山形村という所で出会い系サイトの中で知り合った女性と出会いました。

私は当時25歳で、毎日自営の仕事をこなしている毎日でしたが、夜になると暑苦しくて眠ることが出来ません、そんな時に夜な夜な出会い系サイトの掲示板を見ているのが日課でした。

色々な人が色々な募集をしています、ピュアな関係募集で友達や恋人を募集したり、アダルト関係募集で割り切りの募集をしている女性や不倫関係を望む女性等もいました。

私が会うことになったのはその中でも特に目を引いた掲示板内容で題名は「だれかー」内容は「寂しい」という端的な文章でピュア掲示板にかかれていた投稿でした。ピュア掲示板の「今から遊ぼ」掲示板です。

夜中の1時すぎ。メッセージを送る

時刻は大体午前1時頃を回った頃でしょうか、道路のアスファルトが少しずつ冷え始めて来ている頃でしたが部屋の中と外の気温は高いままの状態で、寝るに至るには冷房をつけなければいけない様な環境でした。

私はワクワクメールの購入してあったポイントを使い女性へメールすることにしました。

[blockquote]「今日は暑いよね、眠れないの?もし良かったら話しません?」[/blockquote]

短文の書き込みだったので私も長ったらしく書くことはやめて短いメッセージを送りました。すぐさま返事か返ってきて、そこから何度かだけメッセージをやり取りしました。

「眠れなかったよー」
「そっかそっか、何かしたいこととかある?」

「んー、特に無いけど」
「ありゃ、そっか、まだ寝ないなら電話しよーよ」

「別にいいよー」
「じゃあLINE交換しとこっか、無料だしw」

「IDちょーだい!」
「◯◯だよー」

サイト内での連絡で完結しなければいけないのは基本的なルールですが、実際それを守っているとドタキャン等で待ちぼうけを食らったりするので私は電話番号の交換かLINEの交換をお願いするようにしています。

初心者の女性は落としやすい

また、メッセージのやり取りの中で女性のプロフィールの記載を見て、どんな人なのだろうかと想像するようにしています。

やりとりしていた女性のサイト内ニックネームは「えみさん」でプロフィールには特に記載がなく、変わりに新人マークがついていました。

新人マークがついている女性は出会い系サイトに登録して間もない女性という事で、メッセージを急にやめたりする様な事が少ないという印象を受けています。

とりあえずやってみる。そんな女性が多いのではないでしょうか。という事で、LINE通話も簡単に出来ました。

簡単に会う事になった

「LINEこっちであってるー?」
「お、有難う。届いてるよ!えみさんだよね?」

「うん、もうかける?」
「おっけー、んじゃかけるよー」

電話で話した内容も余り中身のある話ではありません、今日は「暑かったねー、寂しかったから誰かと話したくて、まだ眠れないんだよね。」

そんな話から少しずつ興味をお互いに持てるような会話を見つけて、「ドライブでもしながら話さない?」と誘ったのです。えみさんは「暇だから良いよー」、と快くOKしてくれたので待ち合わせ場所へ向かいました。

山形村のコンビニで待ち合わせ

長野県の待ち合わせ場所は基本的に分かりやすい場所というよりも近くにあるお店等になります。

というのも、田舎の方は建物や目印になる場所は少ないのです、山形村は広い場所ですが目印になる場所が少ないので最寄りのコンビニまで歩いてもらうことになりました。

家の近くまで迎えに行くとは言ってみても、実際にそこで出会う事は殆どありません、認識の殆ど無い人に家を知られるのは誰でも怖いと思います。

山形村の最寄りのコンビニ(ファミリーマート新山形グリーンロード店)で待ち合わせです。元々はセブンイレブンでしたが、今は店舗が変わっておりファミリーマートが入っている様な入れ替わりが少しあるような場所です。

山形村の夜景を見るために山へドライブ

合流してお会いしたのは少し派手な服装のギャルっぽい女の子でした。年齢は恐らく20代前半で肌は白く髪は白に近い金のような色で脱色しているのかな、という感じです。

「なおさんですか?」
「あ、はい、そうです。えみさんですよね?何か買ってから話しますか。」

コンビニ前での待ち合わせだったので、そのまま店内で飲み物を買い、車を走らせながら近況を話し合いました。私はコーヒー、えみさんはコンポタだったと思います。

山形村から山がすぐ近くにあるので、夜景でも観ながら話しますか、となって山に向かいながら何故そんなに寂しいのかを話しました。地元では農道と呼ばれる「長野県道449号上竹田波田線」や名もないたんぼ道を通り向かいました。

後部座席でカーセックス

山道の端に車を停めて夜景を観ながら会話します。その場所は地図に載るような場所ではなく、絶対人目のつかない様なところです。清水展望台など名称の付くような場所はたまにパトロールが来るのでセックスの場所に適しません。

話の内容が、「最近彼氏と別れて寂しい」「尽くしていたつもりなのに重いと突き放されてしまった」「仕事も辛くなって毎日楽しくない」そんな話が出てきたので、相槌を入れながら「頑張ったね」と頭をなでてあげたり「夜景を見てぼーっとしてみよ」と話してあげました。

話すことが無くなった頃、まだ午前4時位でしたが良い雰囲気になったのでえみさんとイチャイチャすることになり、そのまま後ろの席で隠れてSEXすることに。

狭い車内で、外は暑い状態でしたが車内冷房をつけていたので暑さは殆ど気になりませんでしたね。座位の状態で私は殆ど動くことが無かったのですが、えみさんがとても献身的な女性で私は奉仕を受けるだけで良かったですね。

腕の部分に元彼?の入れ墨が彫ってあったのが印象的で、動く度にえみさんの胸が私の体にこすれるのが心地良かったのをよく憶えています。

えみさんい彼氏が出来たが、セフレ関係を続ける

それからえみさんは暫くお付き合いしましたが、私よりも自分の時間に合わせることの出来る男性とお付き合いすることになってお別れしました。

といっても、ゲーセン行ったりして遊びに誘う事はあっても、私たちは明確に付き合ったりという感じではなかったのでなし崩しという感じだったと思います。

多分、遊び友達の延長でセフレというよりもセックスもする友達という関係になるんでしょうか。恋人というよりもセフレ関係の方がしっくりくる表現だと思います。

お互いそのような認識だったので、難しく考えずにお互いにまた寂しくなったら連絡し合おうという感じになりました。

こうしてワクワクメールで出会った女性とセフレとして関係を続けたのです。