東京在住のおっさんが出会い系でメンヘラのセフレをゲット!初体験だった首絞めプレイ体験談

出会い系サイトを利用して色々な女性と会っていると、とにかく彼女達の特徴が多いことに驚かされます。子供を置いて遊びに来るシングルマザーや、堂々と相手を探す不倫目的の既婚者なんてまだ序の口!

彼女達の中には、一歩間違えばこちらの生活までも脅かしてくるような女性もしばしば…。中でも「メンヘラ」との付き合いは非常に大変。例えセックスだけの関係だとしても、当然付き合うリスクもデカいです。

ですが、何故かメンヘラ系の女性は顔面偏差値が割と高い傾向にあるのもまた事実…。今回はそんな「メンヘラ」なセフレと出会い、初めて「首絞めプレイ」というセックスを経験した際の事をお話ししたいと思います。

プロフィール
ニックネーム ザーメンマン
性別 男性
現在の年齢 37歳
いつの話? 30歳
利用した出会い系サイト PCMAX
当時のプロフィール 私は会社員の30歳。フツメン。178㎝の普通体系。見た目はおとなしく独身。彼女やセフレなし。

相手は27歳の無職(会社勤務と詐称)で華奢。松雪泰子似。愛人契約(パトロン)あり。

今回の出会いの戦略 ピュア掲示板を閲覧し、すぐ会えるという内容や場所が近いと見られる書込みに対してメッセージを送信
相手と会うまでに掛かった費用 ポイント5000円

近場に住む女性の連絡先ゲット!週末の出会いに期待大!

使ったサイトはPCMAX。私的にはあまり成果が上がらなかった「アダルト掲示板」は使わずに(笑)ピュア掲示板で女性を探しました。条件は「東京」「30歳まで」「ジャンルは全て指定」です。すると気になる書き込みをしている女性を発見。

[blockquote]「早稲田から新宿辺りで会える人」[/blockquote]

という内容の書き込みに惹かれ、とりあえずメッセージを出す事にしました。

[blockquote]「自宅から近いからすぐ行けます。OKなら詳細を教えて下さいね。」[/blockquote]

私は相手にメッセージを出しましたが、中々メッセージの返信がありません(汗)まぁ今日は平日だし、あまり遅くから遊んでも仕事に響くからなぁ…と、若干諦めモード。ところが!二時間ほど後に返信がありました。

「近くの人で良かったです。それじゃあ早稲田駅の辺りで今度待ち合わせてもらえますか?」

メールアドレス付きでの連絡です。やっぱり今日の待ち合わせは無理だったようですが、無事に連絡先を受け取った私は早速メール。当然ですが、一番大事な事は「いつなら会えるのか?」という事なのですが、連絡先も手に入れたので、あまり食いつき過ぎないようします。

「アドレスありがとう!早稲田なら近いので10分で行けますよ。」
「それじゃあ土曜日にでも待ち合わせましょう。何処かで少しお話でも出来ると嬉しいです。」

あっさりと会う約束が完了してしまいました。

今思うと、彼女がすぐに会える人を探していたのは、おそらくですが、彼氏と最近別れたばかりだからだと思います。ただ気掛かりだったのは、待ち合わせ場所である早稲田近辺にホテルなどが無い事です(笑)

彼女の特徴などをまとめると、こんな感じです。

土曜日に期待しつつ、初対面まで彼女とは何度かメールのやり取りが続きました。お互いの趣味や仕事の話、それと恋愛観(好きな異性のタイプや、過去の交際歴など)について。

[bullet_box]

  • mixiで知り合い半年ほど交際していた彼氏と最近別れた。過去の交際で最も長く続いたのが二年ぐらい
  • 最近、品川方面から早稲田方面に越してきたばかり。あまり出歩く事は無く、近辺の地理に詳しくない。
  • 仕事は、以前まで銀座のクラブに勤務。当時のつてで広告関連の会社に就職し、現在も継続して勤務中
  • 実家のある富山から上京。特に目的などは無く「姉が東京で働いてるから」という理由だったとの事

[/bullet_box]

特にセックスの話になる事なども無く、私も敢えて振る事はありませんでしたが(土曜日に待ち合わせるなら、話だけじゃなくてセックスにも持ち込めるかなぁ)と、せっかく会うのに「話だけ」で終わってしまう事を心配しつつ、彼女との待ち合わせに期待。

彼女からお誘いのメール。でもこれ、もしかして品定め目的の顔合わせ?

そして金曜の昼過ぎ、仕事中に私の携帯に彼女からメールが届きました。

「今日の夜に少し時間が空いたので、良ければ少し会いませんか?」

との事。(夜に少し空いた時間で会うなんて、どんな状況だよ…(笑))と思いましたが、「少し時間が空いた」なんて恐らく嘘。明らかに「品定め」をしたがっているのが明白です。

セックスのためにも相手の提案に合わせるのも仕方なしかと思い、「仕事の都合もあるから、22時ごろでも大丈夫?」とメール。すると、その時間でOKの返事が。(こっちが決めた時間でOKなの!?)と、やはり品定め目的という事を確信しました(笑)

そして21時頃に仕事が終わり、その足で相手との待ち合わせに向かいます。相手が品定め目的なら今日セックスに持ち込む可能性は低いかも知れません。ですが少しでも私のステータスが上がって見えるよう、仕事で社長の送迎に使っているクラウンで行きました。

何処か店に行く可能性を考えると、車で行っても都内では邪魔になるだけなのですが…セックスに持ち込む可能性を高めるためには、この手間も仕方なしといったところ。

具体的な場所は決めていなかったのですが、地下鉄東西線早稲田駅の近くと聞いていましたので、駅からそう遠くない早稲田通り沿いでハザードをつけたまま、車で来た事と特徴(車種・色)を合わせて相手にメールします。

するとバックミラー越しに女性の姿が。車を確認している様子が見受けられた為、窓を開け「はじめまして!」と声をかけました。初対面の挨拶を済ませ、とりあえず車に乗ってもらいました。

ルックスはSランク。でもどこか変…。

初対面の第一印象は、良い意味で意外でした。ルックスも非常に良く、気品も感じる女性。セフレに出来れば相当良いレベルです。黒髪のキレイなストレートヘアに、ストライプの入ったタイトなスカートスーツ。顔は目鼻立ちがくっきりとしており、大きな二重の瞳は日本人離れした印象すら受けました。

銀座のクラブで働いていた経験があるという事前情報もあり、とてもではありませんが…普通の手段で現在の仕事に就いたのでは無い事が予想出来ます(笑)

お互いに仕事の終わる時間や趣味など、簡単な自己紹介程度の会話を交わしますが、それより彼女は私の仕事に興味がある様子。特定されるような事を伝えるのは抵抗があり「インターネット関係だよ。特に広告関連の仕事が多いかな。」と曖昧に伝えると、彼女は「へぇ~。そうなんだ。」と言うばかり。

広告関係の仕事をしていると言っていたにも関わらず、何のリアクションもありません。彼女が広告関係の会社に勤めているのであれば、私が発言した「広告関係の仕事が多い」という内容に対し何か食いつきがあるかと思ったのですが、全く気にする様子がありません。

(この女、広告関係の仕事って嘘だな。会社勤めしてないのかも。)という思いが湧きました(笑)

会話がまったくかみ合わない

そんな事を考えていると、彼女は彼女は急に全く関係の無いお笑いの話をしだしました。それに対しきちんと受け答えをしたのですが、今度はから揚げの話をしだします。

「それでね!さっきテレビを見てたんだけど、お笑いコンビの○○が凄く面白くて…」
「えっ?うん。最近良くあのコンビはテレビ出てるよね!好きなの?」

「昨日はオリジン弁当で晩御飯買ったんだけど、なんだか夜中に胃もたれしちゃって大変だったの!」
「ん?そうだったの?揚げ物が多いとオレも良く気持ち悪くなっちゃうから分かるかも。」

「友達が地元で洋服屋をしてるんだけど、でも殆ど海外に買付けに行ってるから日本のお店には居なくて…」

どうにも何故か上手く会話が噛みあいません。相槌を打ちつつ相手の話を聞いているフリ。するとまた話題が変わります。そして全く関係ない内容で、何故この場で話題に出したのか理解できません(笑)

(さっきから話題に何の脈絡も無いし、なんだかおかしいな…。酔ってる風には見えないし、ちょっと普通じゃなさそう。)そんな私の考えを悟られないよう、あくまで楽しそうに「へぇ~!凄いじゃん!」と適当に相槌を打ち続けながら彼女と接します。

住んでる所は高級マンション

恐らく彼女は発達障害系か躁鬱などメンヘラの類。客とコミュニケーションが取れずにホステスが勤まらず、ルックスの良さだけで苦労せず世間を渡っているタイプかと。

ですが、別に彼女と交際する訳ではありません。あくまでも目的はセックス…自分に害が無いのであれば、メンヘラだろうが関係無し!あくまで楽しませるように接します。殆ど彼女の話に対し、聞きに徹してあげるだけなのですが。

少々彼女の生活レベルが気になった私は「自宅はここから近くなの?」と質問。すると「うん。あそこに見えるマンションだよ。」と彼女が指差したのは、100mほど先にある綺麗な外壁の立派なマンション。なるほど、中々の暮らしぶりみたいです。

一旦解散するも、すぐ彼女からお誘いのメール

このまま話を続けても関係が進展しないのは明白。とてもセックスに持ち込むどころではありません。一旦立て直そうと考えた私は、彼女を気遣うフリをしてお開きを促すと、なんだか今後の待ち合わせについて乗り気の様子。

「そういえば今日、これから予定あるんでしょ?あまり遅くなったら悪いし、良かったらまた明日にでも会おうよ。」
「うん!そうだね。またすぐに連絡する!」

(なんとか相手には気に入ってもらえたかな?)と思い、恐らくすぐに彼女から連絡が来るだろうと踏んで今日のところは一度解散になりました。

彼女を車から下ろして家路につき、間もなく自宅に到着。すると彼女からまたメールが届いたのですが、「今日の予定が無くなっちゃったから、良かったらこれから来ない?」というお誘いでした。

どうやら彼女のお眼鏡には適ったよう。つまらない話に頑張って耐えた甲斐があったと喜び、彼女にさっきの場所に行くとメールしてから彼女の自宅に上がる気満々の私はタクシーで向かいました。

また車で行くとコインパーキングを探す手間や料金も気になりますし、自宅からは1~2メーターの距離だった為、仮に電車の無い時間に帰宅する羽目になった場合でもタクシーで帰る事を想定していました。

彼女の自宅に上がり、メンヘラご用達の薬を発見

そして向かっている最中、また彼女からメールが。「さっき教えたマンションに来て」との事。この時点でもうセックスは確定です。到着して彼女にメールすると、彼女はパジャマ姿ですぐにエントランスに降りてきてくれました。

彼女の自宅は広めの1LDK。越してきたばかりと聞いていましたが、インテリアを考えて揃えたであろうソファーやテーブルなどが置かれています。

しかし、そんな部屋に気になるものが…。テーブルに置かれた灰皿。その横に薬のカラが幾つか置かれています。

彼女の精神面に違和感を感じていた私は、そっと薬のカラを取り薬品名を確認。するとレキソタンデパス、他にも1~2種類はあったでしょうか。過去何度かメンヘラとの付き合いがあった私にはすぐ分かりました。良くメンヘラが持ち歩いている薬です(笑)

(ちょっとおかしいと思ったら、やっぱりメンヘラ系のタイプかぁ~…。)

あまり深入り出来ないかなと思いつつ、「普段から良く飲んでるの?」と質問。彼女からの返答は「仕事でストレスが溜まってる時とか、生理中で不安定な時だけ飲んでるの。」と、これも聞きなれた回答でした。

やはりメンヘラか…と確信しましたが、しかし!セックスが目的で部屋に上がったからには、こんな細かい事を気にしていられません。

彼女からセックスの誘い。「首を絞めて」というマニアックなリクエスト

他愛も無い会話をしながら、彼女の部屋にあった洋画のDVDを二人で見ていました。車の中と同様、内容の無い話(笑)をお互いに続けます。すると突然彼女からダイレクトな質問が!

「セックスとか好き?」
「大好きだよ。セックスする?」

随分と露骨な誘いですが、特に驚く事もありません。私から誘う手間が省けて良かったと考えていました。首を縦に振る彼女を抱き寄せキスすると、そのまま寝室に誘われました。

彼女のパジャマを脱がせると、華奢な身体通りの小さめバスト。次に下着を脱がせましたが、陰毛が短く切りそろえてありました。手入れされた様子に(やっぱり仕事はソープか何かかな?)と考えていましたが、私には関係が無いので追求する気にもなりません。

そしてベッドに寝かせた彼女の足を開かせます。クリトリスを見ながら指で撫でていると、彼女から頭を掴まれ、、「舐めてほしい…」彼女からそういわれ、彼女のアソコが私の目の前に。すぐ挿入できるよう、穴の入り口付近を丹念に舐めまわします。

本当に締め落とす

十分に彼女のアソコを濡らしてから正常位で彼女に挿入すると、彼女から「お願い…。首絞めてくれる…?」と、マニアックなプレイを要求されました。まあメンヘラに良くある「要求の多いセックス」です(笑)

しかしAVでもそんなプレイは見た事が無く、どの様にすれば良いか検討もつきません。(そんなプレイ聞いた事ないんだけど…。ただ苦しむのが好きって事なのかな?それとも絞め落とせば良いのかな…。)などと戸惑いましたが、とにかく模索しながらやってみます。

彼女の首に手をかけて首を絞めながらのピストン。ですが、彼女が途中で咳き込んでしまったり、手が喉元を圧迫させてしまうせいで「ちょっと痛いかも…」と言われたりと、中々うまくいきません。

(手で絞めるのは駄目みたいだな…。いっそ締め落としてみるか。)そう思った私は「寝ながらバックの体制でも良い?」と一旦ペニスを抜いて彼女を横向きに寝かせると、今度は後ろから彼女の首に二の腕を巻き付けて締めました。

10秒もしないうち、彼女の喉奥から「ゴゴゴ…」とイビキのような息遣いが聞こえてきます。昔、柔道の練習中に締め落とされる人を良く目にしていた私は焦る事もなく、彼女を仰向けに寝かせ直しました。

(意識が無い相手とのセックスってどんな感じなんだろう…)つい興味を持ってしまった私は、意識を失ったままの彼女に挿入。思い切り激しく奥まで突きますが、彼女は意識を失ったままで何の反応もありません。まるで人形とセックスしているかのよう。

なんだか新鮮な感じで私も興奮してしまいます。普通であれば「痛い」などと言われてしまうほど、ここぞとばかりに激しくペニスを出し入れ…。そのうちに彼女の口から洩れる吐息が荒くなっていき、彼女の意識が戻った様子。

一旦激しいピストンを止め、彼女に「こんな感じで良いの?」と聞くと「あれ…どれぐらい時間経った?」と、典型的な「初めて締め落とされた人の反応」に思わず笑ってしまいました。

意識が落ちたのは初体験?レイプのようなセックスに大興奮

「30秒くらいじゃないかな?」そう私が答えると「なんだか…あれ?なんで私、セックスしてるんだろう…?みたいになって、凄くビックリしちゃった…。」と、セックス中に意識まで落ちた事は無かった様子。勿論私もセックス中に相手を締め落とした事はありませんが(笑)

そしてピストンを再開すると、彼女は「お願い…もう一回してくれる?」と、締め落とされるのが気に入った様子。またペニスを抜き、横向きにした彼女の首に腕を巻きつけます。

再度彼女の身体から力が抜け、落ちた事を確認すると今度は横向きのままの彼女に挿入。出会い系を通じて今日会ったばかりの彼女の身体を弄び、まるでレイプしているかの様なセックス。今までに無い感覚に興奮した私は、意識が無いままの彼女の脇腹に大量の精子を出してフィニッシュしました。

彼女の身体に精子をかけると、ほぼ同時に彼女も意識が戻った様子。身体にかけられた精子に気付き「あれ?もう終わっちゃったの…?」と、物足りなさそうなリアクション。

「まだして欲しいの?」と尋ねると、彼女は口元に笑みを浮かべながら首を縦に振ります。ですが、睡眠不足が続いていた私も体力の限界を迎え…結局その日のセックスは一度きりでした。

特にまた明日会うなどの約束や話などもなく、夜中に自宅へと帰ります。帰宅し、一応彼女に対して「今日はすごく楽しかったよ!良かったらまた連絡ちょうだいね。」とメール。

疲れていた私は次の日の夕方近くまで寝続けました。

■次の日も彼女からお誘いのメール。それからセフレの関係に

17時ごろ起きて携帯を見ると彼女からメールが。「また会いたいな。時間ある時メールするね。」と入っていました。受信時間は朝方の5時ごろ。私が寝てからすぐに返信が来ていたようです。

彼女は仕事をしていなさそうでいつでも時間がある感じですが、私は真面目に働いています。(まぁ仕事終わってからのセックスならいいな)と思い「夜なら大体大丈夫だよ!今度は沢山セックスしようね。」と返信。

一時間もしないうちに「今日って会えないかな?またウチで一緒しない?」とお誘いメールが。(えー今日はちょっとしんどいな。)しかし急な誘いが一層メンヘラ感を強めます(笑)

でもここで断っては次に繋がらない可能性もあります。(今はセフレも居ないし、近場でいつもセックス出来る相手が見つかって良かったかも。)そう思いながら、すぐに食事を済ませ出かける準備。そして彼女の自宅に向かい、自宅へと上がりました。

「昨日のセックス、気持ち良かった?」と聞くと、彼女は黙って頷きます。初対面の時とはうって変わって彼女からの話題もなく、早くセックスしたいという雰囲気。

「今日もしよっか。」と彼女をベッドに誘い、昨日と同じように締め落としてのセックスを繰り返しました。それからというもの、メンヘラだろうが関係なし。完全に彼女とはセフレの関係です。

何故か私自身がメンヘラ系の女性に好かれる事が多く、出会い系以外でも遭遇した事や同様の関係になった事があります。ただ、彼女が締め落とされるセックスを気に入っていたのは間違いなく、誘われた(セフレ認定された)というのはセックス面の要因は大きいと思います。

やはりメンヘラ。私は少しずつ距離を置く事に

それからはほぼ毎日セックスしていました。ちなにみゴムを付けた事はありませんでしたが、中出しは一度もしませんでした。一度、セックス中に「中で出しても良い?」と伺いを立てた事はありましたが、激しく拒否された事があります。

そんな生活をしていたのですが、仕事の終わる時間になると毎日のように彼女から連絡が来ます。それはいいのですが、段々とメンヘラの片鱗を見せるようになってきました(笑)

彼女から来る誘いを断ると「なんだか辛い…」や、「今日はとても苦しい…」といったメンヘラ特有の構ってメールが届くようになりメールの返信や電話に出る数を減らしたり、少々距離を置く事にしました。

完全にメンヘラです…。タイミング見て距離置かないと面倒な事になる。1ヶ月間ほぼ毎日セックス出来たしそろそろ潮時かなと思うのです。当初は新鮮で楽しかった首絞めセックスも、1ヶ月も繰り返ししていると面白みは薄れていったというのも縁を切る覚悟を決めた要因です。

ですが、セフレをキープしておきたいというのも事実。セフレが居て困る事は無いし、都合が良い時だけセックス出来る関係なら良いですよね。そう思いません?だからメンヘラでも完全に切る必要も無いと思い、ほぼ惰性で関係を続けていました。

彼女からのカミングアウトも、特に予想通りの内容に驚きは無し

そして数日後、彼女と会った際の事です。彼女は真剣な表情で私に打ち明けました。

「実は仕事してないの。男の人と愛人契約していて、毎月もらっているお金で生活してる。」
「そんな事は全然気にしないよ。変に気を遣わなくて大丈夫だからね。」
「優しいんだね。」

予想通りの発言に、(やっぱりそんな感じだったのか。まぁ見た目だけは良いから不思議は無いな。)と思いつつも、ついつい嘘で彼女に優しくしてしまいました。その私の対応に優しさを感じてしまった様子。(ちょっと対応間違えてしまったかも…。)

メンヘラ相手にド壷にハマる事を恐れ(笑)その辺りから一層距離を多少置き、彼女とのセックスにも新鮮味が薄れていった事もあり…ようやく彼女と会う頻度が週1~2回ほどに減りました。

パトロンとは、以前の勤務先(銀座のクラブ)で知り合ったのだと思われます。年齢については、「トシだからあまり勃たないんだよね」と言っていたので、恐らく50歳よりは上だと思います。

私と彼女との関係がバレていたかは定かでは無く、特にバレたらまずいという会話にもなりませんでした。彼女はただ単に年齢的に近い男のセフレが欲しかったのだと思います。

特に私へのこだわりなどは無いのではと思っておりました。(私に対し「どうせ呼べばすぐ来るから」という考えもあったのではないかと思いますが。)

ちょっとした事がきっかけでセフレ関係が終わった

結局、彼女との関係は2ヶ月ほど続きました。終わりは突然やってきました。ちょっとした身内関連のトラブルで疎遠になった感じです。

一度だけ二人で代々木公園に出かけた際、偶然会った私の知人である女性とメンヘラ女性が連絡先を交換したという事がありました。その後、メンヘラと私の知人女性がトラブルになり、最終的にメンヘラの父が来て施設に入院するという結末を迎えました。

もう少し詳しく話すと、土曜の夜に彼女と会っている際の事ですが、何気ない会話の中で私が「明日は代々木公園で昼間にイベントがあるから、行く予定なんだよね。」と話題を出したところ、彼女も「面白そう。私も一緒に行ってみたいな。」という事を言われました。

今までデート的な事なんて全然なかったし、もし知り合いに会っても変に思われないだろうとの思いで彼女の自宅に泊まり翌日の昼から出かけるという事になりました。

出かけた先の代々木公園で、偶然(とは言え、誰かしら来ているだろうとは思っていましたが。)私の友人(男)とその彼女と偶然会いました。

友人カップルに「友達」として彼女(メンヘラ女)を紹介すると、友人の彼女と女同士で打ち解けており、連絡先の交換などを行っていたのですが、、、数日後、その友人から私に連絡がありました。

詳細を聞くと、何やら彼女から友人の彼女(便宜上、A子とします。)に凄い剣幕で電話があり、何やら揉めているらしく友人から「ちょっと状況が分からないから、何でこんな事になってるのか聞いてみてくれないか?」と言われる羽目に。

彼女に電話してみると「A子ちゃんに間違ってメールをしたら『もう連絡しないで』と返信が来た」との事でしたが、間違いメールが原因で、そこまで壮大なトラブルに発展する訳もありません。しかし彼女からそれ以上の情報を得る事は出来ませんでした。

恐らく連絡する中で女性同士のわだかまりや苛立ちを募らせていき、結局は彼女が我慢できずに爆発して凄い剣幕で電話したのだと思います。

彼女はA子が揉めた際、「親にも連絡した」とも言っていました(知り合いとのトラブルで自分の親に連絡?大分ズレてるな…。)と思いましたが、あまり重くは考えていませんでした。

すると数日後、私が仕事中に彼女からメッセージがあり「父が来ていて、私を入院させようとしています。お願いですから泊めてください」「本当に父が怖いんです、入院なんて絶対に嫌です」という内容。

挙句に「もう○○さん(パトロン)と結婚するしかありません。」という内容のメッセージまで。(ん?パトロンの人って独身だったの?)と細かい事を気にするも、ここまで来ると関わったら明らかにヤバいです。

連絡を無視すると、彼女からのメッセージも来なくなりました。

やっぱりメンヘラは疲れる。けど意外に長かったセフレ期間

以後は連絡する事もありませんでしたが、首絞めプレイという、大分貴重な経験をさせてもらう事が出来たのは良かったのかも知れません(笑)

深い関係になり過ぎるとヤバいと分かっていても、すぐ彼女との関係を切らなかった訳でしたが…私自身も彼女のルックスやセックスに、多少なりとも依存してしまっていたのかも知れません。

ですが、誘いを断る度にフォローが大変だった事や、何の脈絡も無い話に付き合う労力は耐え難いものがあります。結局は例えセフレの関係でも、メンヘラとの付き合いは疲れるなぁ…とつくづく実感した出会いでした。