ラブホテルでの最悪なセックス!残念だった昔の彼

onna-warui-taiken-13

元彼と再会した時にした、良くなかったセックスのお話について紹介します。私の現在の年齢は28歳で、職業は家事手伝いをしています。再会した当時の私の年齢は、21歳で職業は無職でした。彼の年齢は26歳で、職業は会社員でした。

私が彼と再会したのは、私の携帯電話に電話してくれたことがきっかけとなりました。季節は冬で、私がお風呂に入っている時に携帯電話に電話がかかってきました。電話に出ると「おまえ生きてる?」「今日暇なら会おう!」と言われました。

私は久しぶりに声を聞いたので嬉しくなり、速攻で会うことにokしました。私はその時に、きっと会ってもやることは1つだろうな~と思っていたですが、久しぶりに物凄く会いたくなったので会うことにしました。

元彼が私に「お酒は何が良い?」と聞いてくれたので、私は「赤ワインが良い」と言いました。その当時、私は実家で親と暮らしていたので、彼氏がわざわざ実家までタクシーで迎えに来てくれるというので、私の実家の住所を伝えました。

ラブホテルでお酒を飲んだが、体にがっかりしたみたい

その日の夜に、待ち合わせの時間にタクシーに乗って実家まで来てくれ、私も一緒にタクシーに乗って、近くのラブホテルまで傍まで行って2人で降りました。

私の姿を見るなり、「おまえかなり太ったろ??」「化粧ぐらいしろよ~」と言われました。私はその当時かなり太ってしまっていて、化粧もする気にならないくらいの精神状態でした。なので悪いな~とは思っていたのですが、すっぴんのまま会ってしまいました。

ラブホテルの部屋に入りました。そのラブホテルの部屋は、サウナが付いているところで、元彼がその日サウナに入りたかったからこの部屋を選んだみたいでした。

元彼は買ってきたビールを飲み始めてテレビを付けました。私は買ってきてくれた赤ワインを飲み始めました。どうやら私の姿にがっかりしたみたいで、乾杯もせずにお酒を飲み始めました。

元カノを女としてみてくれない!淡白なセックスで不満

まず私はそのことに少し腹が立ち、きっと私のことなんて女だと思っていないんだろうなと思いました。私はお酒を飲んでほろ酔いになり、元彼が私の膝の上に頭を乗せて、「落ち着くわ~」と言ってくれました。

でも私のお腹を触って「ぽにょだな」と言ってので、私は太ってしまったことに後悔しました。元彼がサウナに入り始めたので、私もサウナに入りました。私は心の中で「私は何をしているんだろう。女として見てくれない男とラブホテルに居て、意味ないことをしているな~」と思いました。

そして、ダブルベッドでセックスをしました。以前付き合っていた頃のような情熱的なセックスではなくて、物凄い淡白で短時間なセックスでした。

いきなり挿入!気持ちが無いセックスに後悔

元彼はセックスやキスがものすごく上手いほうではないのですが、体格が良くて身長が180センチくらいあったので、付き合っていた頃は体の相性が良いとばかり思っていました。

でもその時にしたセックスは全く気持ちよくありませんでした。キスもほとんどせずに私の体を撫でたり舐めたりもせずに、すぐに挿入したセックスだったので、あまりにも気持ちの無いセックスで私はがっかりしました。

やはりセックスというのは気持ちがあってこそ気持ちいいものなんだろうなと思いました。私はセックスを終えて、心の中でしまったなーと思いました。元彼に対して何かと思うというよりも、自分自身にガッカリしました。

ラブホテルに来るんじゃないなと思いました。自分で自分の首を絞めているようなもんだなとつくづく感じました。気持ちよくないセックスを終えた後は、私は何をしているんだろうと自問自答してしまうものなんだなと思いました。