元カノの名前を口走る!その理由とは?

otoko-sippai-taiken-25

僕は都内にすむ31歳サラリーマンです。私が大学4年生、23歳の冬のに彼女とセックス中、間違って元カノの名前を呼んでしまった理由をお話します。

ちょうど元旦の日でした。名前を呼んでしまったのは元カノとの別れ方が大きく関係しています・・

相性が良い最高の新しい彼女!元カノとは相性が悪かったので・・

僕は大学4年の秋頃から、新しい彼女ができました。大学の後輩になる1個下のある女の子で、はサークルが一緒で以前から知り合いでしたが、会話をしていく中で僕が卒業する直前となる年に付き合うことになったのです。

当時、僕が一人暮らしをしていて彼女は実家暮らしだったため、頻繁に僕の部屋に泊まりに来ていました。学生の同棲生活、比較的時間も自由で短い期間でしたが、名前を間違えてしまった事も含め、非常に思い出に残っています。

彼女はある意味で僕の特別な人でした。何がかと言うと、僕が初めてセックスが気持ちいい。その行為が気持ちいいと思えた人だったからです。

実は僕は性自体には興味があったものの、大学1年の時に出来た元カノと初めてセックスをして以来、どちらかというと出すことへの義務感が強くてそれ自体をあまり楽しめずにいました。

特に元カノとのセックスは何が気持ちいのかが全く解らず、本当に汗をかきながら、焦りながらいつも出していたという感じでした。体の相性がそもそも合っていなかったのかもしれません。

元カノと別れた理由!セックスが悪いのに、本当の事を言わずに別の理由で別れた

そんな中、この大学1年生で付き合った元カノに至っては、セックスが楽しくなく、僕が勃たないという理由で僕からフリました。

とても大事な人でしたが、セックスを楽しめなければ僕は100%浮気をすると感じていました。ただ別れたときには体のことは言わず、別の理由でフリました。

セックスが気持ちよくないと思っていた時に付き合えた彼女。しかも体の相性はとても良い。元カノと別れた理由を今カノに伝える必要はないと思っていました。

この元旦の日まで、そのことを伝えたりはしなかったですが、今カノとはセックスを楽しめたので、それでいいと思っていました。

相性はとても良かったと思います。初めて本番行為が楽しいもの、気持ちいいものなんだなというのを、教えてくれました。初めて溶ける感覚を味わえました。

元カノに着せる予定のセクシーランジェリーを今カノに着せる!燃え上がるセックスだったが名前を呼び間違えた

二人で過ごす初めての元旦。いつものごとく僕の家に泊まりに来て二人でテレビを観て、お風呂に入った後いつものようにセックスする雰囲気になりました。

そこで私はあることを思い出しました。元カノと少しでもセックスが楽しめないかと、セクシーなランジェリーを買っていたのです!それがまだ部屋にありました!それを、今カノに着せたらどれだけセクシーになるか。

私はすぐに提案してそのランジェリーを彼女に着てもらいました。とても似合いました。今思い出してもドキドキするくらいです。そしてそのランジェリーの効果もありいつも以上にアツい夜を繰り広げていました。

いよいよ本番。お互いが情熱的に燃えている瞬間、僕は彼女の名前を呼ぼうとしましたが、ランジェリーのことが頭にあったのでしょう。僕はなんと元カノの名前で呼んでしまったのです。

その瞬間心も体も萎え、彼女からは「今なんつった。」とビンタの嵐・・・。元カノのことを今カノは知っていたため「誰だ!」とはならなかったのですが、試合はその場で終了・・。

ランジェリーの意味!名前を間違えた訳。元カノと別れた理由を今カノに話す

その後、そのまま布団で前の彼女と別れた理由について初めて彼女に話しました。

「それ、もう一回ちゃんと伝えてきた方がいいんじゃない?お互いまだそれについてモヤモヤしてるんじゃないの?」と彼女は言ってくれました。マジで器のデカい彼女だったと思います。

数日後、僕は前の彼女と時間をとり、改めてちゃんと別れた理由を説明。女性には大変厳しい話だったかと思いますが、前の彼女もしっかり受け入れてくれました。

それからというもの、どれだけ元カノを思い出すことがあっても決して、名前を間違えることはなくなりました。

心にモヤモヤがあるとダメ!良いセックスの為には問題を解決してからの方が良い

夜の営みの最中は、思いのほか無防備で頭にあることが口ばしります。モヤモヤしていること、まだ解決できないことがあったりしたら、必ず早めに解決するようにしました。

これはセックスの為だけではありませんが、セックスは2人にとり非常に大事なもの。ちょっとしたことで水をかけてしまうようなことがあってはもったいないと思います。

精神的にもすっきりした状態で、セックスライフを楽しみたいと思います。