mixiの出会いが童貞卒業の近道!一歩踏み出せたから今の自分がある

はじめまして。スケベ100%管理人の、はめおです。

女性との出会いの方法は沢山ありますが、今回のお話はmixiを使った出会いの体験談です。話をしてくれる男性は、童貞を捨てるためにmixiで相手を探し、同じ趣味の女性と無事に童貞卒業できました。

どんな過程で童貞卒業までいけたのがご覧下さい。

出会い系体験談を語ってくれた男性の詳細プロフィール
ニックネーム もっち
性別 男性
現在の年齢 26歳
いつの話? 専門学生時代 6年前
利用した出会い系サイト mixi
簡単なプロフィール 自分は専門学生の20歳、身長はありますが、少しがたいが良いです。人見知り。

相手は22歳、スーパーの社員さん、オタク系のしっかりもの。

童貞をカミングアウトすると、mixiなら出会いがあると教えてくれた

当時、IT学校に通っていた童貞男です。

IT学校と言うのは、女が全くいない、正直男くさい学校でまったく出会いがありません。といっても少しは女の子はいて、かわいい子はかわいいのですがモテるのは一部のイケメンだけです。

モテない僕は、やりたくてやりたくて、毎日帰って、一人でオナニーに明け暮れていました。

そんな、奥手な僕に好機が訪れたのが、新たに始めたオープニングスタッフのファミリーマートのアルバイトです。そこは、主婦や学生などが働いていたのですが、女の人が多いアルバイト先でした。僕には刺激が強かったのをよく覚えています。

主婦さん、学生さんが、僕が女慣れしていなのを知って、よく遊びにつれましてくれました。ご飯を食べに行ったり、カラオケを朝まで歌ったり。ですが、童貞の僕は、手を出すなんて全くできない状況ではありましたが、次第に女の人に慣れてきたのです。

慣れてきた僕は、童貞だと言うことをカミングアウトすると、

[blockquote]「mixiで彼女かヤレル子つくりなよー」[/blockquote]

と、教えてもらいました。

アニメ好きの僕は、同じ趣味の女性を攻めることにした

やりたい盛りの僕は、さっそくmixiに登録をし、メールを送りだしたのですが、全く返事が来ない事が多かったり、メールが返ってきても続かない事が多かったです。

今考えれば、そりゃ女の人とほとんどメールもしたことない僕の、つまらない言葉についてくる女はいないなと思います。考えた末、アニメ好きの僕は、アニメ好きの女の子にメールを送ってみようと考えました。

mixiでアニメ好きのコミュニティには全て参加。そこにいる女性にメールを送りまくりました。出会い厨などと変な噂がたつのは嫌でしたが、行動しないと何も始まらないとの思いで、がむしゃらに送り続けました。

それが功をせいしたのが、一人の女の人にぶち当たりました。その人は待ち受けが、けいおんのあずにゃんの顔をしている人でした。なんとしても会ってヤリタイって気持ちがあり、メールからすぐに電話に切り替えたのを覚えています。

電話で相手に言われたのが「声がかわいいね」です。かわいい系の男子が好きだったのか、まさかの向こうから「夜会おうよ」って言ってきました。僕は飛び跳ねるかの様に喜び、すぐに次の週に合うことになりました。

住んでいる所も家から車で10分の所です。ラッキーって続くものなんですね。

会ってみると綺麗なお姉さん。酔った女はエロくなる

当日、車で迎えに行きました。迎えに行く時、待ち受けがオタク系だから今になって、怖くなったのをよく覚えています。

しかし、いざ行って待ってみると、普通に綺麗系のお姉さんが経っていました。向こうは会ってすぐに「太っている言ってるけど、普通にいい感じじゃん」と言ってくれて嬉しかったです。

それから、近くのカラオケに行き、二人でアニソンを歌い続けていました。お互いアニメ好きなのでガンガン歌っていると、「飲んでいい?」と酒を飲み始めました。

僕は車の運転があるので飲むのを控えていたのですが、どんどん女が酔っていき、くっついてきました。当然がっつりくっつかれるなんて経験が無い僕は硬直状態です。

すると向こうから、いきなりガッツリキスをされ、何が何だかわからず舌を入れたのを覚えています。

その後、ヤリタイ盛りの僕です。童貞で奥手でしたが思い切って「ホテルにいきませんか?」と言うと、顔だけうなづき近くの高速の乗り口付近のラブホ街にいきました。mixiさんありがとうww

ホテルで初体験。まんこの位置も分からなかったが、なんとか童貞卒業しました

ホテルに入り、お互いシャワーを浴び、どうすればよいかわからない僕は、素直に童貞ですと伝えました。向こうは何も言わず、またしてもがっつりとキスをしてきて、そのままベットに倒れました。

人生初の胸をもむと、こんなにやわらかい物なんだと、興奮を覚えていました。更に下を触りたい衝動に出て、まだ、胸を触りだしたくらいなのに、下を触りだしました。

しかし、少し相手が笑っているのです。なんでだろうと思うと、「そこ、違うよ。そこは毛」と、するとしっかりと相手が僕をサポートしてくださり、手を下に持って行ってくれました。あの時ほど情けない経験はありません。

それから、初体験で入れたのですがあまり気持ちよくなかったのを覚えています。結局イク事も出来ず終わったのですが、相手の方から、「いままでより一番でかい!」と嬉しいのか嬉しくないのかよく分からない事を言われました。

あの時の経験が今の俺を作った

それから彼女とは3年付き合い、別れ、今では別々の方とお互い結婚をしています。mixiでの出会いがあったから童貞卒業できました。今でもあの時のを思い出します。

結局は別れはしたのですが、あの時の行動力が、今結婚ができ、子供も授かったのだろうなと思います。あの時動いてなかったらまだ童貞だったのかななんて考えたりもします。

別れはしたけど、その後の人生を変えてくれたmixiでの出会い体験は、死ぬまで忘れることはないと思います。