寂しいから出会い系サイトでタイプじゃない男性とセックスしゃいました


ニックネーム みち
性別 女性
現在の年齢 32歳
いつの話? 27歳の時歳
利用した出会い系サイト ワクワクメール
簡単なプロフィール 私は27歳の看護系の大学院生で肥満体型の天然系女子。当時、交際一年の遠距離恋愛をしている彼氏がいました。
相手は32歳の会社員で、長身がっちり体型でゴリラ顔の寡黙な人でした。彼女はいない。

当時、遠距離恋愛中の彼氏がいました。付き合いだして3ヶ月で遠距離恋愛となってしまいました。私が進学のため別の土地に行ってしまったため、遠慮と申し訳なさから、会いたくても会いたいとか寂しいとかは、なかなか言えませんでした。

メールや電話も週に1回程度のやりとりであったため、寂しい気持ちや欲求不満な状態でした。ですが、彼氏の事は大好きで、別れたいとは考えていませんでした。

遠距離恋愛になって4ヶ月が経った頃、会える予定がつかないまま私は夏休みを過ごしていました。

私は時間を作れる状況であったのですが、彼氏の方は仕事に関係がある試験のために勉強をしたいとのことで、平日の仕事終わりや休日も会えないと言われていました。

寂しい気持ちが膨らむ!出会い系サイトで友達を作る

この頃から、寂しい事が辛く、会えないことに大きく不満を持ち、私への愛情はそんなにないのかなと不安に思っていました。

地元から離れた土地に来たため知り合いや友達はおらず、夏休みになると毎日暇だったのと、勉強へのストレスから、誰かと遊びたいと思うようになりました。

大学院では年上の人ばかりであったり、年が近い人は既婚者だったりしたため、遊びの誘いはできずにいました。そんな中で、出会い系サイトのことを思い出しました。実は、彼氏と付き合うきっかけも、出会い系サイトでした。

彼氏とは別れたくはなかったので、遊べる男性と会えればいいかなと思い、出会い系サイトを利用することにしました。

寂しいから、電話もメールもすぐに承諾

出会い系サイトには再登録という形で、彼氏にばれないようにするため、以前利用していた名前とは違う名前に変更し、プロフィールの内容も変えました。

再登録してすぐに何人かの男性から、お誘いがありました。その人たちの出会いの目的を見ると、恋人から友達や大人の関係まで様々でした。

年齢も20代~40代と幅広かったです。大人の関係を求めている方と出会うのは恐怖があったため、恋人や友達を出会い希望している、年齢や住んでいる所が近い人と、やりとりをはじめました。

出会い系サイト内で何度かやりとりをする中で、悪い人ではなさそうかなと思っていました。相手の方から、携帯電話で直接やりとりをしたいと言われたため、私は了承しました。

それからは、携帯電話でメールをしたり通話したりするようになりました。彼氏とはメールや電話が出来ていなかったため、寂しい気持ちが紛れて、罪悪感はあまりありませんでした。

逆に、彼氏に感じられていないドキドキ感を味わえたり、やりとりをしている相手はどんな人なのだろうか想像したりと、楽しかったです。

会ってみるとショック!全く好みじゃない男性。しかも初日でファミレスはないでしょ

しばらくすると、相手の方から、突然今から会おうと言われました。私も会ってみたかったため、了承しました。実際の相手の姿を見ると、顔やファッションが全く好みではありませんでした。

しかし、私が住んでいる所まで会いに来てくれたので、すぐお別れすることは出来なかったため、ファミリーレストランでお昼御飯を食べることになりました。

突然来てくれたこともあったのですが、30歳前後の男女がファミリーレストランを初めての日に利用することに決めた時点で、私は相手に少しは持っていた好意がなくなりました。

私は断れない性格のため、その後ドライブに行こうと言われ、そのまま付き合いました。出会ってからドライブの間中、ほとんど会話はなく退屈さを感じていました。この日はドライブで終わりました。

寂しいのでまた会っちゃいました。そして、セックス!でも好きじゃないので一ヵ月後には連絡を止めた

その後も変わらずメールや電話があったため、続けていました。私は好意がなく、相手とこれ以上の関係は求めていなかったのですが、相変わらず毎日暇というのと、寂しい気持ちから、再度会う約束をしてしまいました。

次は、私の部屋でお酒を飲むことになりました。飲酒運転になってしまうため、相手が泊まっていくことになるのは了承していたのですが、タイプでもないし、それ以上のことは期待していませんでした。

しかし、お酒の影響からか、セックスしてしまいました。彼氏への罪悪感がありましたが、ばれることはないという自信と、快楽から、次に会う約束もしてしまいました。それから、5回程会い、その度にセックスもしました。

しかし、私は相手に愛情はなく、彼氏のことは変わらず大好きであったため、一ヶ月後には連絡をとるのを止めました。それからは、相手からも連絡がなくなりました。