女子大生と出会いセフレにする方法

女子大生と出会いたい。女子大生をセフレにしたい。そう考えるのは、あなただけじゃありません。

全国には沢山の、女子大生をセフレにした男性、または、セフレになった女性がいます。その人達から、どうすれば女子大生をセフレにする事ができるのか?を聞きました。

女子大生をセフレにしたい男性は、読み進めて下さい。

女子大生とは、どこで出会い、どんな過程でセフレにする?

実際に女子大生と出会いセフレにするには、みんなの口コミや体験談からヒントを得る事は、とても重要な事です。さっそく出会い方、セフレにする方法をみてみましょう。

バーに来る女子大生をお金の力でセフレにする 26歳男性
異業種交流会の女性代性をセフレにする 49歳男性
出会い系の女子大生に気持ち良いセックスでセフレにできる 36歳男性
風俗デビューしたての女子大生がセフレにしやすい 48歳男性
お金に困っている女子大生はセフレに出来る 42歳女性
バイト先の上司は女子大生にモテる 38歳男性
彼氏持ち女子大生とバイトで知り合いセフレ化 25歳男性
出会い系で下ネタに反応する女子大生はヤレる 24歳男性
クラブに来てる真面目そうな女子大生は落としやすい 33歳男性
風俗で働いていた女子大生をセフレにした 35歳男性
大学で出会い酒を飲んでセックス 21歳女性

バーに来る女子大生をお金の力でセフレにする 26歳男性

女子大生を「彼女」にするのは難しいかもしれませんが、セフレならばまた別の話です。

若い子が好きという人は多いと思います。私も同じで、特に女子大生とお近づきになれないかと試行錯誤していました。女子大生と出会う場、特にセフレにしたいと考えている場合はバーにいる子がねらい目です。

20歳を過ぎるとお酒が飲めるようになり、お酒好きな子は一人でもバーに行くことがあるようです。私はたまたまバーで居合わせた女子大生と実際にセフレという関係になりましたが、一人でお酒を飲む子はチャンスが多いと感じました。

まずは連絡先交換

男性側もできるだけ若い方がスキンシップを図りやすいことは否めません。私は当時24歳、彼女は21歳でした。年齢が近かったと言うのもありますが、音楽等の趣味があったことも功を奏しました。

バーで趣味の話からはいり、その後、悩み事を聞いてあげるという名目で連絡先を交換しました。もちろん、その日から関係を持ったわけではありません。

女子大生はお金がかかる!そこに付け込む

学生は勉強や遊び、サークル等何かと忙しいためお金を持っている大人に惹かれる傾向にあります。流行りの小物をさりげなくプレゼントするとすぐに仲良くなることができます。

良い人ということをアピールしつつ、社会人のお金の力でちょっとしたプレゼントで攻めていけば、セフレの話を持ち出すのも時間の問題です。

こちらからの直接的な表現はできるだけ避け、「これくらいのプレゼントならいつでも買ってあげられるよ。」「もっと近い関係になれたらいいんだけど。」など、相手からセフレとしての関係を切り出してもらう形を取りました。

1000円程度のイヤリングや高くても5000円までの洋服で、最初のエッチにたどりつくまでにかけた金額は合計15,000円くらいだったと思います。

1回セックスすると、次のセックスは楽

一度体を許してしまえば相手の抵抗も無くなったのか、食事に誘うついでに、お互い寂しいときに等ハードルも低くなり徐々に定期的にセックスを行うのが当たり前になっていました。

プレゼントはまったくしないというわけではなく、出かけた先で見つけた小物や、誕生日のような特別な日には何か買ってあげることもありました。ちなみに、誕生日には大きなクマのぬいぐるみをあげました。

現在彼女は大学を卒業したためセフレという関係は終わってしまいましたが、月に2回ほどホテルや自宅で楽しい時間を過ごすことができました。

これまで私は5人のセフレを作ったことがありますが、その中でも女子大生はセフレにしやすい格好の的だと思います。

異業種交流会の女性代性をセフレにする 49歳男性

もうじき社会に出て働くって大学生たちは、異業種交流会やビジネス交流会の場に出てくることが多々あります。

そういったところでは、特に女子大生は男子に比べてチヤホヤはされても、誰しも具体的にビジネスとしては関係が持てないのでお飾りになりがちです。

でも、そういう場で、例えばマナーの足りない女子大生に対して、いろいろとアドバイスをすることで、その女子大生からは尊敬を勝ち取ることが可能です。

二次回で悩みを聞き、優しく見送る

そうして出会った人とは、例えば二次会でも同席することが多く、その中でいろいろな悩みを聞いているうちに夜も遅くなり、彼女も酔っ払ったりで、帰る機会を逸してしまいそうになります。

ですが、そういう時程、きちんと帰るように伝えて駅まで見送ってあげて、姿が見えなくなるまで無事を確認するかのように見送ります。

もちろん、その過程でメールアドレスの交換はしておきます。彼女が振り返り振り返り、何度も挨拶をするようであれば、もうかなりの確率で次に再会する約束は簡単になります。

次会えればセックス出来る

再び飲みに行き、悩みなどを聞いて、そこからラブホに繰り出して行きます。

相手も子供ではないですからね、そうしたところまでついてくる子は多いですし、無理強いはしないで飲み屋での雰囲気の流れで、そうなる感じで良いと思います。

そうして、一度でも関係ができれば、会う場所がホテルになっていくことも多いかなとそうしてお互いにセフレとして共に楽しんでいけます。

こうしたやり方は、女性が就職を意識しだした21歳から22歳。自分はその女性にアドバイスができる35歳前後が最適だと思いますし、実際にそのころに多く体験した事柄です。

1度セックス出来ても2度目がない場合は諦め次の獲物を探します。

付き合うのを回避する方法

女性が「付き合ってほしい」と言ってくる可能性もあります。それを回避する為には、既婚者ってのを一番最初に話した上での関係構築することです。

ここで既婚者としておけば、相手も縛られることがないと、気楽に付き合えるので双方にメリットがあります(未婚であっても既婚のふりをしたらいいと思います)”

出会い系の女子大生に気持ち良いセックスでセフレにできる 36歳男性

僕は26歳の頃から、3人女子大生をセフレにしました。セフレの年齢はどの娘も19歳で彼女達が大学を卒業するまで関係を続けました。その時のことを書きます。

女子大生と出会う方法は、出会い系サイトを使うのがいいです。特に5月、9月は出会える確率が高いように思えます。

ホテルに誘えば簡単についてくる

まず女子大生と出会えたら、とにかくエッチに誘ってみて下さい。向こうもセックスする気で出会い系をしているので、けっこう簡単にホテルに行けます。

女子大生をセフレにするには、ここからが重要です。

気持ち良いセックスをしてあげる

まだ相手は大学生なので、あまりエッチの経験を積んでいません。ここでこれまで味わったことのないような気持ち良いセックスをするとセフレになれます。

最低でも相手を5回以上はイかせて下さい。自分が気持ちよくなるのではなく、相手に全て合わせて下さい。

そして、相手がトロトロになるまでイかせて、次会う約束を取り付けます。そして、次に会ってセックスできれば、このままセフレにできます。

セフレの関係を続けるには

女子大生は、まだ性に対して興味しんしんなので、セックスする度に調教してあげて下さい。いろいろ日頃できないようなプレイをして身体に刷り込んであげると喜んでセフレの関係を続けてくれます。

そして、会う回数は週1くらいが丁度いいと思います。お互い無理がないくらいのペースが長続きするコツだと思います。僕はもう結婚して辞めてしまいましたが、また独身になったらしようと思います。

風俗デビューしたての女子大生がセフレにしやすい 48歳男性

最も女子大生を見つける効率が良いのはやはり風俗です。風俗なら、最初からエッチの関係ですので、セフレの関係へは障害が低いはずです。

風俗業界は多様化しており、淫行すれすれの女子大生のニーズが結構あります。高卒あがりの風俗デビューしたての子が売りの風俗店、そういう店に行けば女子大生に出会うことができます。

セフレの関係を長く続けるポイントは、なんでも教えてあげる、エッチの気持ちいい世界に連れていってあげる事です。

【関連】風俗嬢と出会いセフレにする方法

ランキングに入る子は狙わない

俗世間にすれていない女子大生の新鮮さを求め、風俗デビューが売りの風俗店に通うようになりました。

そういう店でも本指名ランキングに入るような売れっ子が存在します。そういう子はもうプロですので、店外なんて全く歯が立ちません。

ですから、本当に風俗デビューしたての女子大生をパネルで探すようにし、気に入れば通うようにしました。

デビューしたての子を狙う

デビューしたてなので、男を喜ばす方法がわかりませんし、緊張感ばりばりです。ですから、できるだけ、緊張感をときほぐしてあげ、じゃれあう気分でのプレイを心がけました。

そして、男が気持ちいい場所や、本番強要時の注意点の指導など、店の教育さながらの実演です。数回通うと、もっと教えて状態に入り、なおかつ、気持ち良く攻めてあげる、これをこころがけました。

最後の客で打ち解ける

店外に誘うきっかけは、その子の当日最後の客になった事です。一緒に帰るように誘い、そのまま駅まで送りながらも、お茶で一服。ここで完全に打ち解けました。それから店外でデートするようになりました。

お金に執着する子ではなかったのですが、店外で会うときは、必ず店で働くのと同額のお小遣いを渡すようにした事がセフレとして続けられた理由だと思います。

女子大生は暇

女子大生はかなり暇ですので、いつも私からデートを断る方でした。会う頻度は月2回程度の隔週としていました。大学で起こった出来事などが会話の中心でした。

女子大生の年齢は20歳、私は38歳くらいの時でした。年齢差がありすぎていたので、私の正確な年齢は教えていません。また、女子大生とのセフレ体験はこの1人だけでした。

お金に困っている女子大生はセフレに出来る 42歳女性

私が女子大生だった時、家が裕福でなかったので、奨学金を受けながら学校に通っていました。でも、それでは十分でなくキャバクラで働いていたことがあります。

そのキャバクラのお客さんとセフレ関係になったことがあります。当時は、私は22歳。彼は32歳でした。週に1~2回会っていて約1年セフレ関係が続きました。

【関連】キャバ嬢と出会いセフレにする方法

エロ話から援助の話へ

はじめはお客さんとしてお店に来店し、私はその接客をしていました、段々慣れてくると、個人的な話、ちょっとエロい踏み込んだ話をするようになったのです。

また話の流れから、私が女子大生であることを話すと今度援助してあげようかという話が出たのです。

それが本気であるかどうか迷ったのですが、何度となく彼が来店、指名してくれるので、本気でセフレの話をしている事が分かりましたた。

具体的な援助額

セフレを前提に話しをされてちょっとびっくりしましたが、女性大生でキャバクラでバイトをするほど経済的に困っているんだろうと痛いところを指摘され、セフレになることに。

援助額は1回の食事で5000円程度。そしてスーパーなどに行って食料品を買うときにはいつも支払ってもらっていました。

それも約5000円程度ですね。洋服を購入するときには、10万円のスーツを援助してもらったこともあります。総額にすると60万円くらいかな?

セフレとお金

この経験から思うことは、女子大生と出会ってセフレにする方法は、やっぱり女性がいるようなキャバクラに出入りをすること。そしてセフレになる事を初から明言して口説くことが大切だと思います。

きっと少しお金に困っている女性大生だったら、私のようにきっとセフレの申し出をすんなり受けるはず。それは経済的にも足すからなんです。

バイト先の上司は女子大生にモテる 38歳男性

私は以前コンビニの店長をやっていました。アルバイトの募集をかけると多く応募がくるのが、主婦や学生です。私の店舗は、大学から近かった為、高校生よりも大学生からの応募が多く、必然的に女子大生と出会う確率も高かったです。

コミュニケーションと清潔感

当然店長なので、面接も自分でやりますし私の好みで採用にした方もいらっしゃいます。また研修もマンツーマンで行う為、コミュニケーションも多く取るように心掛けていました。

また女性が多い職場ですので、自分自身の清潔感にも気を遣っていました。出勤前にシャワーを浴びて、ヒゲを剃り口臭対策もします。

そして女子大生とのコミュニケーションも一方的にただ教えるだけではなく、相手の意見を聞いたり、厳しい部分と甘い部分を上手く使い分けるようにしていました。

またスタッフとの食事会や飲み会を定期的に開き、女子大生との距離を詰めて行きました。

飲み会で親密になる

私がこの仕事を始めてセフレになった女子大生は、この飲み会がきっかけでした。彼女は、入って来た時からとてもフレンドリーですぐに意気投合しました。

また他のスタッフの前で私の事が好きだと言ってしまう娘でしたので、チャンスを伺っていました。そして飲み会の時にほろ酔いの彼女を家まで送って行ったら、部屋に誘われて関係を持ちました。

私が既婚者だった事を彼女も知っていましたので、セフレとして定期的に会ってくれています。お互いが同じシフトの時は、帰りに彼女を送り関係を続けています。”

彼氏持ち女子大生とバイトで知り合いセフレ化 25歳男性

女子大生をセフレにするには、アルバイトをすることと、積極的なコミュニケーションが大切になります。バイト先でまずは第一印象から良くし、テンション高く過ごせば必ずセフレにすることができます。

社会人になってなかなか本業をしつつ、アルバイトは厳しいかもしれませんが土日のみのアルバイトであれば可能なことです。

居酒屋かカフェがいい

まず、アルバイト先はできる限り居酒屋やおしゃれなカフェなどがおすすめです。私は実際に働きながらおしゃれなカフェでバイトしていたので、女子大生と一緒に仕事をする機会が多くお話をする機会もかなり増えました。

しばらくコミュニケーションをとっていって、連絡先を交換するようになりました。

家に連れ込めばOK

そして休みの日に「今度家で鍋をやらない?」と問うと、「やりたい」と返答が来ました。そして、実際に一対一で家でのんびりお酒を飲みながら、鍋をしているうちに雰囲気も良くなっていき、セックスしました。

その後も私のテクニックが良かったのか、よく家に遊びにくるようになり、来る日は必ず夜を共に過ごしています。今ではすでにセフレ関係になっています。ちなみにその子は彼氏持ちです。

出会い系で下ネタに反応する女子大生はヤレる 24歳男性

私が女子大生をセフレにした方法は出会い系サイトです。タップル誕生というフェイスブックと連動しているものです。月額制でメッセージし放題ですし、ラインやカカオのIDも交換することができます。

タップル誕生は女の子の写真をフリックして好きな子嫌いな子を選別します。好きな子をフリックしたら相手に通知が送られます、相手の子も気に入ればメッセージやり取りができます。

メッセージやり取りができるまで女の子を選別しましょう。やり取りできる人数に上限はありませんのでやればやるほどお得です。

下ネタトークから飲み!酔えばセックスできる

メッセージができるようになれば当たり障りのない内容から初めて、会話の中に徐々に下ネタを入れていきます。メッセージが返ってこなくなったらその子は切り捨てましょう。

下ネタを入れてもメッセージが返ってくる、もしくは下ネタが返ってくる子はヤリ目の子なのであとは会う約束をするだけです。飲みに行くのが一番いいです。酔った勢いで誘いやすくなりますし、夜なので自然にホテルに行けます。

一晩過ごした後もメッセージは続けましょう、タップルやめるつもりだからライン教えてと言ってラインのIDを聞けばもう体だけの関係です。

私は、タップル誕生で継続的に会える女子大生のセフレを3人げっとしました。交代で大体週1回のペースで会っています。月額制ですがそれだけの価値はあると思います。

クラブに来てる真面目そうな女子大生は落としやすい 33歳男性

この体験談は社会人男性目線での話になります。入社からある程度の時間が経過すると女性との出会いが極端に少なくなります。年下の女子大生が好きな男性にとっては危機的な状況となります。そこでお勧めしたいのがクラブです。

音やお酒を楽しむ場であると共に、女性を口説きやすいナンパの場でもあります。私はクラブで女子大生をゲットし、月に一度程度会うようなセフレ関係まで持ち込むことができました。

狙い目は真面目そうな子

クラブに足を運ぶだけでは事は進みません。狙い目の女子大生は飲み会のノリで来てしまった真面目そうな子、席に座ってお酒を飲むだけの子といったようなタイプです。

ナンパ慣れしてそうな可愛い子はハードルが高いので対象外とします。近付くと相手から話掛けてくるケースもありますし、自然に隣に座って会話をするケースもあります。

この方法でフレンドリーに会話することができたら、次はクラブから連れ出します。連れ出したら居酒屋で軽く飲みながらホテルに移動するか、後日二人でのデートを取り付けます。

その後はセフレ関係に持ち込む訳ですが、真面目な子は正式に付き合いたいと言ってくることもありますので、割り切ることも必要です。若い女性と遊ぶことで若さを保つことができますのでこの方法を是非試してみて下さい。

女子大生は落としやすい時期がある 40歳男性

私は女子大生をセフレにしたことがあります。その方法は出会い系サイトです。出会い系サイトで女子大生と知り合う為に重要なのは時期です。

まあ数撃ちゃ当たるっていうのもありますので好きな時にしてくれればいいですが、私の経験から言うと12月末~一月上旬、2月下旬~4月半ばぐらいです。

年末年始は冬休みで帰省してる場合が多いからです。実家に帰っても友人達と会えずに暇してるってパターンもありますし、帰省しない娘も友人達が帰省してしまって寂しさから出会い系サイトをしてしまうからです。

2月下旬からは春休みに入り、年末年始と同じ状態になります。4月~半ばまでは新しい環境に馴染めずに精神的に不安定になってる娘狙いです。

寂しい子はすぐヤレる!ただし短期的な場合が多い

こういう寂しい時や暇してる時って女性のガードは恐ろしいほど緩くなるので、会えればほとんどエッチまで持っていけます。私自身50人ほど女子大生と会ってますが、全員その日のうちに肉体関係まで持っていけました。

私が特別イケメンだからとではなく、女性がその気だと簡単にやれてしまうんです。

ただセフレに出来るのは短期的な場合が多いです。年末年始や春休みに会った場合は、学校が始まるまでなことが多いですね。その代わり会うのは毎日でも可能です。こちらも都合がありますので毎日は無理ですが、週2.3ペースで会えます。

逆に4月以降でゲットした新環境に慣れない娘となら夏休みに入るぐらいまでは会えます。向こうも学校に通いながらなので週1程度のペースに落ちてしまいますけどね。

会ってからの口説きは簡単

連絡のやり取りをしてからは普通の出会い系サイトで口説くような感じでアプローチすればOKです。向こうも人目は気にするでしょうから、人通りの少ない駅の裏側のコンビニとかがお勧めですね。

口説き方は私はいつも食事+ドライブ、場合によっては夜景スポットに連れていってその帰り道にラブホって感じですね。向こうも暇してるし寂しいしってことで、こんな定番の口説き方でも簡単にオチテくれます。

とにかく女子大生をセフレにするなら出会い系サイトの利用、そして利用する時期を意識してくれれば簡単にゲット出来ます。

風俗で働いていた女子大生をセフレにした 35歳男性

【関連】風俗嬢と出会いセフレにする方法

風俗に行ってそこで出会った女子大生をセフレにしました。最初は、新人で売り出していた女の子で指名をして入ったのがきっかけでした。2回目の指名から仲良くなり連絡先の交換をしつつ、その日はお店に内緒で本番をしました。

そしてその連絡先から話をしている間に一緒に個人的に会いましょうということになりデートをすることにしました。このときにはセックスしたいという雰囲気を出さずに仲良くなって行くことを心がけで距離感を大切にしました。

そして、互いに良いムードになったときに宿泊をしていたホテルに誘いエッチをしました。

女子大生の1つの特徴として少しお金に困っているところもありますので、この辺りを上手に炎上するような感じで、食事に行ったりどこかに連れて行ったりするのがこっちに向かせるコツかもしれません。

お金にうるさいとか同年代の恋人のような感じではなかなか年上の人に対して魅力を感じてもらうことができないように思います。

私自身は東京に住んでおり、この女子大生は札幌に住んでいます。従って出張がありますのでその度に出会うという感じで月に1回から2回ぐらいの頻度であっています。地元の女の子ではないので周囲にばれにくいのも特徴です。

大学で出会い酒を飲んでセックス 21歳女性

私は中学・高校生時代は女子校で、男性との接触がなかったと思いきや、毎日相手の男性をとっかえひっかえしていました。大学に入学すると、遊びはさらに加速して、一人暮らしのセフレの家でご飯を作ったり野外でセックスをしたり楽しんでいました。

男性と出会う場所は、サークルの新入生歓迎会や、入学前のイベントが主なものでしたが、大学に行けば確実に会うことが出来ます。まさに、大学とは出会いに最も適した場所であると言えるでしょう。

LINEで仲良くなり、お酒を飲んでセックス

そこから仲良くなるきっかけをもたらしたのは、国民的アプリのLINEでした。ネットを介して距離を縮めていきます。お酒もセックスに繋がる重要な役割を持っています。女子はお酒を飲むとヤりたい気持ちが加速するものです。

また、女子大生には明るく、間違っても下心丸出しの変態であると思われないよう心がけましょう。

ただし、女子大生の中には自ら変態であることをキャラクターとして押し出してくる変わった人もいるため、相手に合わせてキャラクターを少し変えてみるのもひとつの方法です。

セフレとは心を開ける仲になる事ができる

セフレは使い捨てに出来る異性の友達、という味方をしている方が大多数だと思いますが、セフレだからこそ心を開ける仲になることも少なくありません。

実際、中高時代のセフレとは大学4年の今でも仲が良いですし、大学時代のセフレとも時々飲みに行く関係を保てています。このように、大学はその性質上、出会いの可能性は無限に広がっています。